3代目スバルWRX STIの売却は専門店より出張買取店がおすすめ

インプレッサから派生した、モータースポーツに特化したGRB GRF GVB GVF型のWRX STI。スバリストを唸らせるWRX STIは、結構いじったり距離走っていたとしても、思わぬ高値売却が期待できます。

スポーツにはルールが付きものであり、そのことはモータースポーツの世界でも例外ではありません。例えばラリー競技の頂点「WRC」にあるルールの一つが「市販車をベースにした車両でエントリーすること」というもの。というわけでWRCに参戦している各社は、ラリー車向けの仕様がほどこされ、過激な走りが楽しめる「ホモロゲーションモデル」を発表してきました。

その双璧が「ランエボ」こと三菱・ランサーエボリューションと、スバル「WRX STI」。2015年の「X」をもってランエボは製造されなくなってしまいましたが、WRX STIはまだまだ健在。現在は4代目が販売されています。

そんなWRX STIですが、今回取り上げるのは2007年から2011年まで製造されていた3代目。初代が発売されてしばらくは、スバル・インプレッサの派生モデルとしてインプレッサ・WRXと呼ばれていたのですが、この3代目の途中からインプレッサが外れ独立した車種として扱われるようになったモデルです。

少しカッコイイ風にいうならば、最後のインプレッサ・WRXかつ最初のWRX STIが3代目ということになります。

はい、今回は、このWRXを高く売るためのちょっとしたコツをお話します!

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

買取店が高額査定を出したいグレードはコレ!! WRX STI

WRX STIは、一般の人をターゲットにしていないモデルだからでしょうか? ちょっと複雑なモデル構成になっています。まずボディタイプはセダンとハッチバックの2種類、シフトもATとMTの2種類。

MTに用意されているエンジンは2リッターターボ、ATに用意されているエンジンは2.5リッターターボ。「A-LINE」というグレード名が与えられた後者は、サンルーフやレザーシートがオプションで選択できましたから高級感がある印象。一方で前者はA-LINEよりスパルタンな印象、「spec C」など、より走りに特化させた特別仕様もいくつか存在している。

ここまで理解できている人は、よほどのスバル好き、WRX好きといってよいでしょう。

そんな方々を日本ではスバリスト、海外でスービーと呼んでいますよね。

特に一番人気は「spec C」(型式 GRB/GVB)。やはり2.0Lターボに6MTは走りにこだわりたいユーザーとしても譲れない部分でしょう。もちろん海外でもインプレッサや、WRX STIは大人気。中古車輸出向け車両としても相場を支えています。

 

そうはいってもWRX STI、2.5Lターボの「A-LINE」も安いわけではありません。あくまで「spec C」に比較するとという意味合いです。特にサンルーフに革シートがオプションで選ばれている場合は、「spec C」に負けない高額査定が狙えます。あとはコンディション次第なので、一般店の買取店というか口コミで評判の出張買取店を狙った方が高値で売れることが期待できます。

 

photo by kyle ernst

 

 

走行距離が多くても高価買取する買取業者は存在する!!

特にこのWRX STI等の走りに特化した車は、査定担当者はもちろん、買取業者によって買取価格に相当のバラツキが出てしまう傾向があります。なぜなら、せっかくの特別仕様車であることが、担当者、あるいは業者の知識不足により伝わらないというケースが多いです。そのことが特に当てはまるのがWRX STI、STIの知識にとぼしい担当者に当たった時点で、高価査定など望むべくもありません。すくなくともスバル車に詳しい担当がいる買取店か、買取業者を選ぶことをおすすめします。

※WRX STIの買取り事例 http://kaitori.happycars.jp/kyounokaitorisya20170326/

よくあるチェーン店系のクルマ買取専門店はもちろんのことスポーツ系の車種に強い小規模店やスバルのディーラー系列の買取店にまずは電話してみて会話から本当にこれで愛情を注いで乗ってきた愛車を売ってもいい業者なのか確認しましょう。「買取価格は車を見ないと言えない」と口を揃えて言われるかと思いますが、軽い気持ちで店頭へ持っていったら「今車を置いて行ってくれたらいくら出します!」のマジックで安く売ってしまった~という声をよく聞きます。。傾向としてはMTの方がATよりも、ハッチバックよりはセダンのほうが買取価格は高くなります。

これはスポーツ系の車両全般に言える傾向なのですが、走行距離が少ないものほど買取価格が跳ね上がるもの。特に10年近く乗っていたとしても、走行距離が5万キロ前後のものは圧倒的に高い買取が期待できます。買取業者の選択にはより慎重になる必要がありますね。また、10万キロを超える過走行車でも、整備記録簿が一枚ずつファイルしてしっかり取ってある車であれば、思わぬ高値が期待できます。記録簿や各種改造パーツの保証書等、つい捨ててしまいがちですが、大切にとっておいてください。

photo by John Hritz

パーツは自分で外して別に売ると最終的に損かも!!

そして注意したいのが、改造について。WRX STIのオーナーさんならば、エアクリーナーやタワーバーといったライトチューンを施している人も多いはずなのですが、これについてはまず買取価格に反映されないと言われていますが、案外最近の出張買取り業者はしっかり評価してくれます。

 

逆に、「後付けパーツは査定に反映されませんね~」なんて言う業者は信用しない方がいいです。

 

そもそも自分で取り外してノーマルに戻す、パーツは「ヤフオク!」や、パーツ買取専門店に売ったところで、パーツのニーズなんか今あるわけではありませんので、自宅のガレージの肥やしになるのがオチです。わざわざ工賃をかけてまでパーツを着脱してもらうというのは、まず割に合いません。社外パーツは付いたままそれを評価してくれる買取業者に売ることが最終的に高く売るコツかもしれません。

加えてパーツといえば注意したいのがカーナビ。新しいものを購入したばかりだといって取り外してから買取ショップに査定してもらうのも間違いです。ナビがないダッシュボードの品祖な感じ、そして業者も売るときはナビを取り付けて売るわけですからその分の工賃にナビ代を考えると当然減額査定。ナビはそのままで、なるべくアピールすることが大切です。

そしてやはり自分が大切に乗ってきたWRX STIのことをわかってくれる業者に売ることが一番ですね。最終的な満足感も違いますよ。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります