ディーラー下取りはデメリットが多い?車買取店をオススメする理由

車買取を考える理由はその人によって様々ですが、買い替えがきっかけになることも多いです。

しかし、自動車ディーラーで車の買い替えをする場合、そのまま下取りに出すべきか、車買取店で売却すべきか悩んでしまいますよね。

そこで、ディーラーの下取りのメリットとデメリットを踏まえ、お得なのはディーラーと車買取店のどちらなのか比較してみましょう。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

ディーラーで下取りに出すメリット

ディーラーで下取りに出すことは、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

手続きが簡単

まず1つに、下取りをすることで買い替えに伴う手続きがすべてそのディーラーで済んでしまうという点です。

買取店と新車のお店が離れていると、それぞれの場所までの移動や手間がかかります。

特に下取り査定は商談の空き時間に行われることが多いので、時間のロスを避けたい方にとってはメリットと言えます。

 

長く付き合える

長くお世話になっているディーラーであれば、長年付き合いを続けていることでその分恩恵を受けることができます。

そのような付き合いを大切にしたい場合、下取りを選ぶポイントとなるでしょう。

 

面倒見が良い

各ディーラーは顧客の囲い込み戦略を行っているので、顧客に対して手厚いサービスを心がけています。

そういった恩恵を受けることができる点も、ディーラーのメリットになります。

 

ディーラーで下取りに出すデメリット

 

下取りに出すメリットを紹介してきましたが、デメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか?

 

下取り価格が車買取店に比べて期待できない

新車への買い替えを考えている場合、同じディーラーで購入できる車かどうかが1つのポイントになります。

というのも、ディーラーによっては、他社の車を所有していた顧客には、いきなりの大幅値引きや下取り車の高額査定をしないケースがほとんどです。

思いのほか新車ディーラーの営業の対応が上から目線のように感じたり、下取りの価格も車買取店に比べて期待できないケースが多々あります。

 

下取り強化キャンペーンは期待できない

ディーラーでは、よく下取りキャンペーンを行っていることがありますよね。

でも、その分車両値引き額が抑えられているため、実質価格がほとんど変わりません。

単なる客寄せ目的のことが多いので、鵜呑みにしないようにしましょう。

 

中古車についての知識があまりない

ディーラーは新車販売の知識は豊富ですが、中古車については知識がないことが多いんです。

大きな理由としてはディーラーでは中古車販売部と新車販売部で担当が完全に縦割りで分かれていることが挙げられます。

新車販売部の営業的には、中古車相場なんて眼中にありません。中古車の相場変動だったり、下取り価格から算出する利益などにも詳しくないため、査定担当から言われた下取り価格をそのまま伝える傾向にあります。

 

下取りの価格

基本的には、査定方法はディーラーも車買取店も変わりません。

ですが、ディーラーの査定額は車買取店に比べると遥かに低いことが多いです。

また、他のメーカーの車の下取りは、特に厳しく査定されることが多いです。

ディーラーの下取りに出す車によっては、下取り価格も想像以上に低くなってしまうでしょう。

 

理由としてはディーラーはあくまでも新車販売がメインであり、下取りはあくまでもサービスだからです。

ですから、車買取店に比べるとどうしても中古車知識があまりなく、相場よりも低く査定されてしまう可能性が高いです。

できるだけ高く買い取ってもらいたいという場合には車買取店を選んだ方が良いでしょう。

 

中古車買取店がこれだけ乱立した理由も、ディーラーの下取り価格の安さにあります。

 

 

車買取店で売却する方がお得?!

車の買取店は、一般的には新車購入の予定がなく、車を手放したいときの方法としてよく選ばれます。

ですが、新車に買い替えをする場合でも買取は車買取店で、購入はディーラーでと分ける方もたくさんいますよね。

これは、やはり車買取店で買い取ってもらう方がお得だからということを証明しているようなものです。

車買取店に買い取ってもらう場合、下取りと比べても高く買い取ってもらいやすいという特徴があります。

そもそも車買取店は、車買取のプロであり、車の価値を的確に見極めることができるんです。

相場にマッチした査定額を出してくれるので、

中古車販売価格が高騰している時期にはそれ相応の価格で買い取ってもらえますよ。

 

そもそも、車買取店も転売するために中古車を仕入れる必要がありますよね。

買取ができなければ意味がありませんので、企業間の査定額を競わせながら価格交渉することもできるんです。

また、車買取店の魅力は何よりもある程度買取価格を査定相場などから把握しやすいことでもあります。

中古車の買取相場は販売相場の3割~8割になると言われています。

 

だから、故障や傷などのマイナス要素がなければある程度車の買取金額を把握することができるんです。

このような内容から、車買取店ではディーラーの下取りと比較すると高値で引き取ってもらえる可能性が高く、結果的にお得になると言えるでしょう。

 

ディーラーで下取りをするメリット・デメリットや、車買取店をオススメするポイントなどを紹介しました。

車買取店は、車の買い取り、そして中古車相場に関してのプロです。

販売のプロのディーラーよりも高値で買い取ってもらえる可能性が高く、メリットも多いです。

ディーラーでの下取りを検討する場合も、下取りだけではなく必ず車買取店でも査定してもらうようにしまょう。

車買取を考えているのであれば、車の買取店で買い取ってもらうことをオススメします。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります