車を売るとき契約している保険はどうするべき?車売却時の注意点まとめ

車を運転するうえで、欠かすことのできないものが自動車保険です。では、この自動車保険、車を売るときには、どうするべきなのでしょうか。
本稿では、車を売るときの自動車保険の対処の仕方を、詳しく解説していきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車に乗るときに必要な保険とは?

車を運転するときに、自動車保険に加入することは大切なことです。もしものときに備えて、保険には必ず入りましょう。

ところで車に乗るうえで、必要な保険はご存知でしょうか。
自動車保険は大きく分けて2つあります。

自賠責保険
任意保険

自賠責保険は車の購入と共に、必ず加入しなければならない保険です。

一方、任意保険とは、その名の通り加入するかは任意の保険です。一般的に自動車保険といえば任意保険のことを指します。

自賠責保険について

上述の通り、自賠責保険への加入は義務です。自動車の購入後、自動的に加入することになります。
自賠責保険の特徴は保証が最低限で、補償対象が相手方の身体への補償のみです。なぜなら自賠責保険の目的が、「被害者の救済」だからです。そのため、自賠責保険では、たとえあなたが事故で負傷したり、車が壊れたりしても保険金が出ることはありません。

任意保険について

任意保険とは、自賠責保険で補いきれない補償範囲を補える保険です。任意保険への加入は強制ではありませんが、自動車事故の賠償は高額になりやすいので、ほとんどの車が任意保険に加入しています。

任意保険の補償範囲は相手の身体だけではなく、自分の身体や物、車などが対象です。誰でも自動車事故の被害者になる可能性があるので、任意保険への加入はしておいた方がいいでしょう。

保険手続きの方法

この章では、あなたが車を売却するときの保険の手続き方法について、ご紹介していきます。

車売却時の手続き方法

車を売却するときは、任意保険解約の手続きが必要になります。ここで、注意してほしいことが保険の等級の引継ぎです。
自動車保険は、他社の自動車保険に切り替える場合、等級が「7」以上であれば、以前加入していた保険の等級を引き継ぐことができます。その後、必要になるものが「中断証明書」です。中断証明書とは、以前に加入していた任意保険の等級を、次の任意保険に引き継ぐことができるものです。この中断証明書は、保険解約時に取得できるので、必ず保管しておきましょう。

車を乗り換えるときの手続き方法

車を乗り換えるとき、一般的に「車両変更手続き」を行います。
その手続きで必要となる情報は、以下の通りです。

・車名
・メーカー名
・用途車種
・形式
・ナンバープレートの番号
・車体番号
・初年度登録年月
・車両所有者

これらの情報は、車検証に記載されています。

また、車両変更手続きに関して、注意しなければならないことは、保険料が変わるかもしれないということです。車両保険には、人に対する評価と、車に対する評価があり、変更手続きの際には再評価が行われるからです。
簡単にいえば、人に対する評価とは年齢のことであり、事故率が高い10代、20代、高齢者の保険料が高くなるという特徴があります。車の評価に置き換えると、事故率が基準になります。以上の評価を総合して、保険料が算出されるのです。

廃車時の手続き方法

自賠責保険は車の売却では解約できませんが、車を廃車にする場合は可能です。廃車にするときは、自賠責保険を解約しましょう。廃車手続きをするだけで、自賠責保険が解約されるわけではないのでご注意ください。なお、1か月以上保険の有効期間が残っていると、保険料が返金されます。
自賠責保険を解約する方法は、廃車手続きをして、陸運局で「登録事項等証明書の交付請求」を行う必要があります。自賠責保険の原本、登録事項等証明書のコピー、身分証明書、印鑑を持って、保険会社へ行き、手続きを行うことで完了します。保険料の残金がある場合は、後日銀行の口座に振り込まれます。
また、保険料の残金の算出は、廃車手続きをした日ではなく、自賠責保険の解約をした日からになります。廃車手続きの終了後は、早めに保険会社へ行くことをおすすめします。

親族に車を譲るときの手続き方法

親族に車を譲る場合には、任意保険の名義変更が必要です。任意保険には以下の3つの名義があります。

①契約者:契約の申し込みをして実際に保険料を支払う人です。
②車両保有者:車を所有している人です。
③記名被保険者:契約した車を主に運転する人です。

補償を正しく受けられるように、それぞれの名義を実態に合わせて変更しましょう。

また、任意保険を変更する場合、基本的に等級は6等級からのスタートとなる点も注意しましょう。しかし元々の記名被保険者の方と、変更後の記名被保険者の関係によっては、等級を引き継ぐ事も出来ます。等級を引き継げる対象となるのは、「配偶者」と「同居している親族」です。配偶者の場合であれば、同居の条件はないので別居していたとしても等級の引き継ぎが可能です。
しかし親族については、同居が条件のため、就職のために別居しているお子様がいても等級を引き継げる対象にはなりません。乱する場合は一度現状をよく整理して、担当の保険会社の方に相談してみる事をおすすめします。

一時的に車を売却するときの手続き方法

車を一度は手放すものの、将来的に再度車を購入しようと考えている場合、保険にも手続きが必要です。その場合は「中断証明書」の発行を依頼しましょう。中断証明書ですが、次のメリットがあります。

【中断証明書のメリット】
・等級を最長で10年間保存できます。
・再開するまでの間は保険料の支払いは不要です。

仮に中断証明書を発行せずに車を再度購入して任意保険に加入するとなると、6等級からスタートしなければなりません。一時的に車を手放すのであれば、中断証明書の発行を忘れずに行うようにしましょう。

また中断証明書の発行には、以下の条件があります。

【中断証明書の発行条件】

・中断日から13カ月以内に申請する事
・中断後の新契約が7等級以上である事
・中断日以前に以下のいずれかが該当する事
・車を廃車、譲渡、返還している
車検証の有効期限が切れて、車検を受けていない
・車が盗難されている

保険会社によって細かい条件が異なる場合があります。中断証明書の発行を検討する場合は、保険会社に問い合わせてみましょう。

 

 

車を売却するときには解約しておくと良い?

車を売却する際は任意保険を解約する 

車を売却するときは、任意保険を解約しましょう。解約するためには、保険会社にその旨を連絡します。任意保険を解約する理由として、車を売却するときは後々、トラブルに巻き込まれる可能性があるという点があげられます。また、将来的に再び車に乗る場合は、上述した「中断証明書」を取得しましょう。
車を乗り換えるときは、任意保険を解約する必要はありません。車を乗り換えるときは、保険の名義を変える必要が無く、保険会社に連絡して車両情報を変更するだけで大丈夫です。

自賠責保険は解約しなくてよい

車を売る時には、任意保険を解約するので、自賠責保険も同時に解約するものと考えている方が多いと思います。しかしながら、自賠責保険は解約する必要がありません。自賠責保険は、誰が加入しても保険料や補償内容が変わらず、人ではなく車に対して保険がかけられています。
そのため、車を売却した際には、車の名義変更を行えば、自動的に自賠責保険の名義も変更されます。
ただし、家族や友人に車を譲渡するときは、買取店やディーラーが間に入っていないため、自分自身で自賠責保険の名義変更を行う必要があります。

自賠責保険の名義変更の手続きには、まず「自賠責保険承認請求書」を用意します。この「自賠責保険承認請求書」は、自賠責保険の保険証券に書かれているカスタマーセンターに電話をすれば受け取ることが可能です。車を譲る人と譲られる人がそれぞれ必要事項を記入したうえで捺印をし、車両の譲渡証明書と自賠責保険証を提出します。
提出された書類が有効であることが確認されたら、自賠責保険の名義変更が完了します。

保険解約で保険料が戻る?!

自動車保険の解約の際に、違約金が発生するのではないかと心配の方もいるのではないでしょうか。多くの契約は、契約途中で解約をしてしまうと、違約金が発生します。しかしながら、自動車保険では途中で解約しても違約金は発生せず、お金が戻ってきます
もちろん、どの程度のお金が戻ってくるのかは、契約の内容によって異なりますが、保険料が月払いか年払いかどうかで多少の違いがあります。

返金額の割合は?

保険料が年払いの場合、「短期率表」に基づいて解約返戻金が算出されます。
その計算式は、以下の通りです。

返金額=年間保険料×(1-契約が経過した期間に応じた短期率)

たとえば、「6ヶ月まで」に解約をした場合の短期率は70%で、計算すると返ってくるお金は年間保険料の3割ということになります。

【おまけ】なるべく高額で車売却をするポイント

続いては、知っていて損はない耳寄りな情報をお届けします。それは、なるべく高額で車を売却するためのポイントです。車をせっかく売却するならば、少しでも高く値を付けたいですよね。そんなときに気を付けたいポイントを4つ厳選して以下にまとめました。
これから車の売却をするという方は、1度目を通しておくことをおすすめします。

車売却時期には気を付ける

車の売却時期にも、高く車を買取して頂きやすい時期があります。まず最もおすすめしたい時期が「1〜3月」です。なぜこの時期をおすすめするかというと、車の購入をする人が多い季節だからです。4月からの新生活に備えて、車の需要も高まります。
そのため車買取業者も在庫の確保が必要となり、車の買取価格も上昇傾向にあるという訳です。この「1~3月」でも、特に車の需要が高まるのが「3月」です。少しでも愛車を高く売りたいと考えている方は、この次期を狙ってみても良いでしょう。

他にも車を高値で売れる時期はあります。「1〜3月」には劣りますが、「7~8月」もおすすめの時期です。その理由としては同様ですが、車の需要が高まるためです。9月は意外と転職や転勤による引っ越しが増えます。そのために車を必要とする方が増えるのです。人々の動向や需要に連動して、車買取価格も変化するといえます。

車売却相場額をチェックしておく 

車の売却を検討するのであれば、まずは愛車の売却額の相場を調べる事から始めましょう。相場が分からずに車の売却をしようとすると、車に値がついたとしても妥当な価格なのか判断できません。買取業者との交渉材料にもなるので、相場を把握するのは大変重要です。

車の売却額の相場の調べ方には主に以下の2つの方法があります。

・自動車買取相場サイトで確認する
おおよその査定額を調べるのに便利なのが、自動車買取相場サイトです。車種や年式、車体の色、走行距離、グレードなどの情報を指定する事で、愛車に近似した車の買取価格が分かります。

・自動車買取店やディーラーに査定してもらう
より正確な車の売却額を知るには、自動車買取店やディーラーに査定して頂きましょう。査定額に大きく影響する、エンジン回りや内装の状態はプロの目でないと判定が難しいです。愛車を詳しくチェックしてもらいましょう。

車内の清掃や洗車は済ませておく

車が綺麗に清掃されているか、改めてチェックしましょう。査定をするのは当然ながら人間です。評価基準は設けられていますが、小さな印象の違いが最終的な評価額に影響します。車の清潔さも最大限にアピールしておきましょう。高額なクリーニングを実施する必要はありませんが、できる範囲で車の掃除をすると良いです。

車は手放す予定だし、手入れをするのは面倒だと考える方もいるかもしれません。しかし車の高額買取を考えるのであれば詰めが甘いです。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、次に車に乗ってくれる人のことを思って、車の掃除をしてみましょう。
最後に洗車も済ませておけば準備はバッチリです。「丁寧に使われていた車だ」という印象を車買取の査定士に伝わるようにしましょう。

愛車を大切にしてきたことを最大にアピールする

人情に訴えかけるのも、車の売却では有利に働きます。車の買取を実際に行う人は、車が大好きな場合がほとんどです。査定で車をチェックしてもらう際は、愛車にまつわるエピソードを話してみましょう。

友人に家族など多くの人を乗せて運んできたという話でも良いですし、カスタム好きな方であれば、自分のこだわりを話してみましょう。そんな愛車を大切に乗ってきたという話に共感してもらえれば、チャンスです。査定価格に少しおまけをしてもらえないか、頼んでみましょう。営業マンの方も自分と同じように少しでも愛車に愛着を感じて頂けているはずです。大幅な増額は厳しいですが、評価額に気持ち上乗せしてもらえるケースはよくあります。
大好きな愛車をプレゼンすると思って、最後に最大限アピールしてみてはいかがでしょうか。

車を売るならハッピーカーズ!

ここまで、車を売却するときに契約している保険はどうすべきかを解説してきました。保険のことは分かったので、改めて車を売るならどの会社がいいのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのがハッピーカーズです。

ハッピーカーズは、徹底的に売り手の利益を追求した車買取を通じて、地域に貢献していきたいと考えています。
ハッピーカーズでは査定をするとき、提示させていただく価格の理由をできるだけオープンにご説明させていただいています。また、単に高くお買取りをさせていただくだけではなく、査定を適正に行ったうえで、最適な価格を提示させていただくことをお約束いたします。さらに、お支払金額が、業界内の最高金額であること目指しています。

ハッピーカーズの特徴

ハッピーカーズの特徴は、以下の通りです。

自然体、本音での対応
公平な買取価格を提示

高く買取りさせていただくということも大事ですが、人柄こそが私たちの一番のウリであると考えています。お客様に対して、自然体であることや、本音でお答えすることを心がけています。ですから、大げさに買取金額を提示したり、安く買い叩いたりすることはいたしません。いつでも公平な買取価格を提示させていただきます。

ハッピーカーズでは、「お客様も私たちも損しない」お互いにハッピーになれる契約を心がけています。「クルマを通じて、ハッピーカーズに関わる人すべてをハッピーに」をモットーに、真心を込めてお客様のお車を査定して、買い取らせていただきます。

ハッピーカーズ車買取事例

私たちは、単に高く買い取らせていただくだけではなく、お客様にハッピーになっていただける会社でありたいと強く思っています。そんな私たちの、車買取事例をここでご紹介させていただきます。

【早朝からの買取事例】
ハッピーカーズでは、早朝6時からお客様のご自宅にお伺いしての査定も行った実績があります。

以前お買取りをさせていただいたお客様の中に、平日は朝7時半には出勤をし、休日に車の査定で時間をとられたくないという方がいらっしゃいました。平日の朝は忙しくて、時間が惜しい人も多いはずです。そんな方でもご安心いただけるように、私たちのスタッフは、朝の6時に駐車場に到着し、10分ほどで査定を完了した実績があります。お買取りの金額も、なぜこの値段なのかを丁寧にご説明させていただきました。
「説明してもらった内容に満足したことが、車を売却する決め手になった」と言っていただいたこともあります。
後日、車のお引き取りも朝一番でさせていただきました。お客様は、朝6時に来てくれるなんて信じられないと言って、喜んでいらっしゃいました。

【車検、バッテリー切れの買取事例】
私たちは車検切れでバッテリーが上がった車でも、お買取りさせていただいています。実際に、買取依頼をいただいたお話で、しばらく放置されていた亡くなったお父様のお車が、車検切れでバッテリーが上がっていたというケースがあります。
このお客様は、引っ越しのご予定で、お父様の車を売却しようと思ったものの、そのお車が車検とバッテリーが切れていため、途方に暮れていたそうです。そこで、知人の紹介でハッピーカーズにご連絡をいただきました。
早速、査定に伺い、後日車の引き取りまで、速やかに対応させていただきました。一連の流れが非常にスムーズだったので、ストレスがなく、私たちに依頼して良かったとの声をいただいています。

【相続案件の買取事例】
お車の相続案件もハッピーカーズでは承っています。相続案件は非常に複雑な手続きが必要です。お客様は、お車をとある事情で相続することになり、そのお車を売却することになりました。
地元業者に相談したところ、相続案件であるため、全ての相続人の印鑑が必要と言われ、どうしたらよいのか分からなくなっていたそうです。そこで、ハッピーカーズにご連絡をいただきました。お話をお客様から伺い、この案件ならば、お客様の印鑑だけで名義変更が可能である旨をお伝えしました。
また、必要書類や書類の取り寄せ方も併せてご紹介し、ありがたいことに今回の説明が非常に丁寧で、親身になって相談をしてくれたから、ハッピーカーズで車の売却を決めたと、おっしゃっていただきました。

まとめ

いかがでしたか。車を売却するときに契約している保険はどうするべきかを、ご説明しました。車を売る際には、任意保険を解約することが大切であることを、ご理解いただけたのではないでしょうか。もし保険を解約しないで、そのままにしておくと、後々トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、車を売却するときは必ず保険を解約しておきましょう。
 
また、実際に車を売却する際に、どこで売るのが安心なのか、迷ってしまいますよね。そこで、おすすめしたいのがハッピーカーズです。
ハッピーカーズは、真心をこめてお客様の大切なお車を査定させていただき、最適な価格でお買取りをさせていただきます。
車を売却することがありましたら、ぜひハッピーカーズへご連絡ください!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント