車売却は残債(ローン)があっても問題ない!安心して車を売るために

車を売却する際には知っておかなければならないことがいくつかあります。

例えば、

「自分の車の買取相場はどのくらいか」
「買取店の買取りとディーラーの下取りは何が違うのか」
「必要な書類は何か」
「どうすれば高く売ることが出来るのか」

これらのことを事前に把握しておくことで、車の売却を上手く進めることができるでしょう。

今回はローンが残っている車の売却方法やその手続きについて紹介します。

「ローンが残っていても車を売ることが出来るのか?」など、気になるポイントをみていきましょう!

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車の残債(ローン)とは

車のローンにはいくつかの種類があります。

【銀行の自動車ローン】
銀行、信用金庫、JAバンクなど、金融機関が提供する自動車ローンがあります。

金利が低いなどのメリットがありますが、審査が厳しく日数がかかること、支店に出向かなければならないなど、時間と手間のかかる点がデメリットです。

また、後に説明する残価設定ローンにすることは出来ません。

【信販会社の自動車ローン】
車の販売会社と提携している会社に申し込む自動車ローンです。

残価設定ローンもこちらであれば申し込み可能です。審査も緩めで手続きも楽なのですが、金利が高く自動車の所有権も信販会社、もしくは車の販売会社のものとなります。

【その他に自動車の購入に利用できるローン】
自動車ローンの他に、多目的のフリーローンを自動車の購入費用に充てる方法もあります。また、大口融資枠が付いたカードローンからお金を借り、自動車購入費用に充てる方法もあります。

そして、自動車ローンには残価設定ローンというものもあります。

残価設定ローンとは、ある期間を決めた上で、その期間を経て残っている車の価値、すなわち残価を計算して差し引いた金額をローンとして支払っていく方法です。

残価設定分の額がローンに含まれないので月々の負担額が少なくなります。

残債が残っていても車は売れる

purchase

車の購入は人生において非常に大きな買い物の一つです。
そのためローンを利用している人も少なくないでしょう。

しかし、早急に引っ越さなければならなくなったり、家庭環境の変化で買い替えなければならなくなったり、様々な理由で現在の車を手放す必要が出てくる場合があります。

ローンが残っている場合、「車の売却はできないのではないか?」と不安に思うかもしれませんが、実は必要な手続きを踏めば売却することが出来ます

次は残ったローンを算出する方法と、売却の方法を確認してみましょう。

残債の算出方法

ローンは元本に利息を付けて返済します。

自動車ローンの返済方法には「元利均等方式」「元金均等方式」の2種類があり、それぞれ毎回の返済額、総返済額も変わってきます。

・元利均等方式
毎月の返済額が一定になる返済方法です。

長期にわたっての返済計画が立てやすく、返済開始当初の返済額を少なく出来ます。

しかし、元金均等方式と同じ返済期間で比較した場合、借入金の残高の減りが遅くなり、総返済額は元利均等方式の方が多くなってしまうというデメリットがあります。

・元金均等方式
こちらは、毎月支払う返済額のうち、元金の返済額を一定にする方法です。

そのため、返済当初は返済額が最も多く、返済の完了が近づくごとに支払う額は減少していきます。つまり、返済開始当初の負担が重く、必要な月収も高くなってしまいます。

しかし、返済が進めば支払う利息も減り、1回の返済額も少なくなりますし、何よりも同じ返済期間であれば元利均等返済に比べて総返済額は少なくて済みます。

ローン残高の計算は自分ですることもできますが、インターネット上のサイトやスマートフォンのアプリを利用した方が間違いなく計算できます。

返済方法や金利などの入力項目を確認した上で、間違いのないようにしましょう。

残債がある場合の売却方法

ローンが残っている場合でも車の売却は可能です。

しかし、車の所有者が自分・家族の場合と、信販会社や車の販売店の場合で必要な手続きが異なってくることです。

・自分もしくは家族名義の場合
この場合、特別な手続きは不要です。

ただし、本人の同意なしに売る事は出来ませんので、自分以外の家族名義の場合は委任状や印鑑証明が必要になってきます。

また、ローン自体がなくならない事には注意しておかなければなりません。

・信販会社や販売店などの名義になっている場合
この場合は車の所有権は他人名義ということになるので、名義変更により所有権を自分に移す必要があります。

そのために必要な書類は

「自動車検査証」
「新旧所有者の印鑑証明・委任状」
「納税証明書、譲渡証明書」
「新所有者の車庫証明」

となります。

手続きは役所に行けば自分でも出来ますが、買取店やディーラーに相談すれば手続きの代行を依頼する事も出来ます。

また、忘れてはならないのは、ローンが完済できていない場合は残りのローンを全て支払う必要が出てくるということです。

後に説明しますが、支払いが出来ない場合は車の売却が出来なくなってしまいます。

 

 

残債があると車の売却金額は減ってしまう?

car_money

先ほど説明したように、ローンが残っていても車を売る事は出来ます。

しかし、「ローンが残っているせいで買取価格が低く見積もられてしまうのではないか」、「売却によって本当にローンの残高をなくすことが出来るのか」、といった不安がある人もいると思います。

売却によってローンが返せるかギリギリの場合は特にそういった疑問が頭をよぎりやすいのではないでしょうか。そうでなくても、ローンが残る車の売却となると様々なケースが考えられ不安になってきてしまいます。

そこで、ローンが残る場合、買取価格に変化はあるのか?という疑問と、売却後にもローンが残る場合の対処方法について解説していきます。

買取金額は下がってしまいがち

ローンがあるから車の査定額が低くなってしまうのではないか?と疑問に思うかもしれませんが、車の査定額にローンの影響は全くと言っていいほどありません。

車の査定額は、車の状態や性能から判断されて算出される金額、ローンは車の所有者の抱えている借金です。「車の所有者の借金は、車の状態にも性能にも関係ない」と言えば、査定額に影響がない理由が分かりやすいかと思います。

そのため、査定額が想像より安いと感じた場合は別の原因が考えられます。
査定の内訳は必ず見るようにしましょう。そして、査定が適切に行われているかを確認し、分からないところは納得するまで聞きましょう。

ただし、手元に残る金額は車の売却額からローン残高を差し引いたものとなりますので、その点は注意しましょう。

車売却後でも残債が残る場合は?

車の所有権が販売店などの名義の場合、車の売却によってローンを完済できるか調べる必要が出てきます。

車を査定した結果、売却金額がローン残高よりも上であれば、車の売却はそこまで困難ではないです。

車を売却した代金を買取店などから受け取り、ローンを返し、名義を自分にしてから車を渡すというのが形式上の取引となります。手続きは買取店に代行してもらうことが出来るため、それほど手間はかかりません。

しかし、売却金額がローン残高を下回っていた場合は、売ったお金でローンを返しきることが不可能なため、名義を変更できず車を売ることが出来ません。

売却するための方法は主に「現金で支払う方法」「別のローンを組む方法」「買い替えた車のローンに上乗せする方法」の3つがあります。

車売却額があと少しだけローン残高に届かない場合は「現金で支払う方法」、車を買い替える場合に利用可能であれば「ローンを上乗せする方法」がおすすめです。

「別のローンを組む方法」は、金利が高く損をする場合もあるので、他の2つの方法が利用できない場合に検討する程度にしておいたほうが良いでしょう。

車を売却するなどこが良い?

車の売却には主に「中古車買取店に売却する方法」と「ディーラーで下取りしてもらう方法」があり、それぞれ特徴が異なっています。

特にローンが残っている場合、どちらの選択肢をとるかは慎重に検討しなければなりません。

そもそも、買取店での「買取り」とディーラーによる「下取り」は性質が異なるものです。

買取りはあくまで買取りですが、下取りは新たに車を購入してもらう事を条件に不要な車を引き取り、車の購入金額を下げる付帯サービスです。

そのため、「新たに車の購入予定はあるか」、「ローンの残高より車の買取価格の方が大きくなるか」、「手続きの手間はどのくらいかけられるか」、この辺りが売却方法を選ぶポイントになります。

次は中古買取店での売却と、ディーラーによる下取りのメリット・デメリットについて説明していきます。

中古車買取店

少しでも車の売却額を上げたい場合や、ローンが残っている場合であれば中古車買取店での売却をおすすめします。

中古車買取店は、買い取った車を自社内の拠点や業者用のオークションで売るのが専門です。それにより、車の換金する手段については、車の販売が本業のディーラーよりも確立されているのです。

熱心なファンがいる車種は「オークションで高く売る」といった手法も活用出来ます。
過走行車や事故車などのディーラーで値段がつかない車も「海外に市場を持っている」などの理由で、高額買取してもらえる可能性が高くなります。

もちろん一般的な中古車でも、パーツを安く仕入れて整備をした上で独自ルートでの販売を行っていたりするため、査定額は必然的に上がります。

こういった特色があるという理由で販売店には得意不得意が生じやすいため、自分の車をより高く買い取ってもらえる買取店を見極めることが大切です。

また、売却した代金は自由に使えるため、他にお金の用途があれば尚更おすすめになります。ローンについても相談に乗ってもらい、手続きの代行を依頼することも出来ます。

ディーラー下取り

ディーラーでの下取りは、先ほど触れたとおり車を購入する前提のサービスです。

そのため所有権を移したりといった手続きだけではなく、「査定額がローンの残高より低い場合でも新しい車のローンに上乗せできるかどうか」などの相談が出来たりと柔軟に対応してもらえるため、手間がかかりません。

しかし、査定額に関しては中古車買取店より低くなる場合が多くあまり期待できません。また、売却によって得られるお金は、当然新車の購入に充てなくてはなりません。

そのため、「新車を購入予定で、なおかつ売却額がたとえ安くても余計な手間をかけたくない」という人はこちらの選択肢を取ることになりますが、そうでない人にこちらの方法はあまりおすすめしません。

中古車買取ならハッピーカーズ!

ディーラーや中古車買取店にはそれぞれ特徴がありましたが、出来る事なら車は手間をかけずに高く売却したい!と誰しも思う事でしょう。

そんな時におすすめなのが中古車販売店のハッピーカーズです。

ハッピーカーズは全国に46店舗以上を構え、企業努力による高い査定額が評判となっている、地域密着型の車買取店です。

車買取に関する名義変更についても経験豊富で、残債確認、所有権の解除や移転登録まで全て無料で依頼することが出来ます。

ローンがあっても査定額が変わらないのはもちろん、ローンと売却額の相殺の相談なども出来ます。また、ローンを完済していても所有権がディーラーのままになっていたり、「完済証明書を紛失してしまった」といったケースにも対応可能です。

そして、名義の変更と言えばローンだけではなく相続問題なども含まれてきます。車の所有者が亡くなり、その車を売却したい時は相続人へ移転手続きしなければなりません。

そのような場合でも、ハッピーカーズへお気軽にご相談頂ければと思います。

まとめ

今回は「ローンがある車の売却方法」をご紹介しました。

車のローンにもそれぞれ特徴がありますし、必要な手続きや書類が異なるなど、後々車を売却する際にも影響が出てきます。必ず、自分の状況に合わせてローンの選択をして下さい。

そして売却の際にも自分がどのローンを選択したのか、残高はどの位なのかを間違いないよう把握しましょう。

何よりも、心配な事や分からないことがあれば必ず相談する事が大切です。
自分では無理かもしれないと思った条件でも相談してみれば解決できる場合もあります。

ハッピーカーズでは、ベストな査定額にさらに残りのローン残高分を上乗せし、お客様の自己負担分をゼロにしたというケースもありました。

相談することで損どころか得になる可能性もあるので、お困りの際は是非、私たちハッピーカーズにご相談下さい!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント