なぜ車買取がおすすめ?下取りと車買取の違いを徹底比較!

愛車を手放す時、ディーラーで下取りするか、車買取業者で売るか迷うことはありませんか?

大切な車を手放すなら、下取りではなく車買取がおすすめです。

そもそも「下取りと車買取の違いが分からない!」という人も多いと思うので、

それぞれの違いとなぜ車買取がおすすめなのか解説していきましょう。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

ディーラーの下取りと車買取の違いとは?

 

車を引き取ってくれるという意味ではディーラーの下取りも車買取も共通する部分ですが、双方は似ているようで全く異なります。

ディーラーの仕組みは車買取ではなく、新車や中古車を購入する際に車を引き取ってもらう方法です。

つまり、車の購入時に古い車を買い取ってもらいたい場合におすすめですよ。

一方、車買取は新車や中古車を買わなくても直接車を売ることができる方法で、買取専門店や中古販売店など車を売ることを主に目的としたお店で利用することができます。

例えば今後もう車を利用しない場合や、まだ購入車種を選んでいないが後で購入するという方におすすめの方法と言えます。

それぞれ異なる引き取り方法になるので、まずはそれぞれのメリット・デメリットを把握してから車買取に出した方がおすすめです。

 

 

下取りと車買取のメリット・デメリットとは?

下取りと車買取のどちらもメリットとデメリットがあります。
そこからも違いが見えてくるので、それぞれのメリットとデメリットが何なのか把握していきましょう。

下取りのメリット・デメリット

 

メリット

下取りのメリットは新しい車の購入と同時に古い愛車を手放せるので、

効率良く車の導入と受け渡しができることが大きなメリットでしょう。

また、値引きはできませんが、交渉によっては査定額をアップしてくれる部分もおすすめポイントの一つです。

そして、アップした査定額を新車購入に充てることも。

ディーラーの中には査定アップのキャンペーンを実施していることもあり、

その時は希望の査定額になることもあるでしょう。

 

デメリット

下取りの査定額は車買取よりも低いのが一般的で、それに加えてディーラーオプションやメーカーオプションが評価されることもあまりないようです。

社外品の高級なカーナビやカーステが搭載されている車や、

中古市場的に人気車種であってもプラス評価には期待できないでしょう。

ディーラーの中には特定の会社や製品はより低く見積もるケースも少なからずあるようなので、そういった口コミが見られる会社はおすすめできません。

最低限の査定額が受け取れると思っておいた方が落ち込まないかもしれません。

 

逆に、ディーラーオプションを中心に、ナビや車高調整キット、スタッドレスやアルミ等社外パーツをプラス査定してくれる業者は絶対に逃してはいけません。大抵他社より高く買ってくれるはずです。社外品を高く査定してくれる買取業者を見つけましょう!

 

車買取のメリット・デメリット

 

メリット

車買取で最も期待できることは、ディーラーの下取りよりも査定額が高い金銭的なメリットです。

中古車市場を熟知しているので、車の正しい価値をつけてくれるので高価買取を狙いやすいのでおすすめです。

車買取では人気車種や人気装備が直接査定額に反映されることも、高値になる理由でしょう。

また、おすすめポイントとしては車を売りたい人のほとんどは高価買取を狙っているので、

下取り価格以上の査定でないと満足されず、売却してもらえないことがあります。

それを回避する意味でも下取りより確実に高く売れるのです。

ディーラーと違ってわざわざ新しい車を購入しなくても売ることができますし、

代行費用や査定費用などもかからないので安心です。

 

デメリット

車買取のデメリットは下取りに比べて手続きに手間がかかり、

また中古車市場の相場変動が激しいところでしょう。

見積ってもらった時はなかなかの高値がついたとしても急な相場変動が起き、

売却意思が決まった時点で価格が下がり、「見積りと違う!」という事態になることも考えられます。

また、下取りよりも交渉に応じやすいメリットがありますが、より高値を希望する場合は交渉力も必要になるでしょう。

 

できれば即日現金払い可能な業者で、なおかつ引き取り後の減額査定なしの明朗会計の買取業者を選びましょう。

 

下取りよりも車買取がおすすめの理由

 

下取りと車買取ではどちらにもメリット・デメリットがありますが、どうして車買取がおすすめなのでしょうか?

それは、ディーラーが下取りに積極的ではない傾向があるからです。

下取りされた車はオートオークションに出品され、買値がつけられると中古車販売に流れる仕組みなので、車買取業者に比べて査定額が低くなってしまいます。

下取り車は営業マンの売上にも反映されないことがほとんどなので、その点も消極的な理由でしょう。

一方、車買取業者のほとんどが自社で買い取って販売するので、

オートオークションへ出品する手数料などのマージンがかかりにくいことから、高額買取も実現可能な点がおすすめできる点と言えます。

買取希望者もなぜその査定額なのか、しっかり理由を聞いて納得できるところも、下取りではなく車買取がおすすめできるのです。

 

日本は車買取をされる方は増えてはいるものの、6割近くは下取りで売っている人が多いようです。

しかし、少しでも自分の愛車に高い価値をつけて手放したいのであれば、車買取業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

また中古車買取業者は、中古車輸出を行っていたり、中古車輸出を行っている業者に売っているところもありますので、そういった買取店であれば0円査定と言われた車でもしっかり輸出相場で価格をつけてくれるかもしれません。

まずは信頼できる業者を見つけてから、本当に高額買取となるかどうか見極めるために、

おすすめの車買取業者がないかネットなどでチェックしてみましょう。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります