車の下取りはメリットだけじゃない?!メリット・デメリットを解説

merit-aorb

近頃、愛車を車買取店で売却する人が増加傾向にあります。

以前は、車を買い替える際は下取りを選んでいた人が多かったのではないでしょうか。

今回は、車の下取りの定義や、メリット・デメリットについてご紹介します。

車買取店の方が高く売れるというのは知っているけれど、どこを選んでいいのかわからないという方や、このまま新車に替えるたびに下取りを依頼し続けるか迷っているという方は是非ご覧ください。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車の下取りとは

車の下取りとは、新しく新車・中古車を買うお店で、今まで乗っていた車を引き取ってもらうことをいいます。

下取りと買取りは、愛車を売却するということには代わりありません。

大きな違いとして、下取りは購入と売却がセットになっていますが、買取りは売却のみであるという点です。

下取りは、愛車を売却した際についた価格の分だけ新車を買う際に値引きをしてもらえる仕組みです。

よって、下取りは「車の買取りではなく値引き」または「不要になった車の無料処分サービス」ともいえるでしょう。

車の下取りは、「車を購入する」ことが前提となっているからです。

よく耳にするディーラー下取りの「ディーラー」とは、特定のメーカーの車だけを販売する、特約店契約を結んだお店のことをいいます。

ディーラーは特定のメーカーと特約店契約を結んでいるため、お店の品質基準がメーカーによって決められていることがほとんどです。

そのため、工場の設備が充実しており、スタッフサービスも水準の一定レベルを満たしています。

お店ごとのサービスで当たり外れが少ないこともディーラーの1つの特徴です。

ディーラーは、特約店契約を結んでいるため、新車は特定のメーカーの車しか扱うことができません。

しかし、ディーラー下取りでは、他社の車も下取りをしています。

☆車下取りの流れ

STEP.1

車を購入する予定の販売店かディーラーに行って購入する新車、あるいは中古車を決定する

STEP.2

購入するお店で、愛車の下取り査定を依頼する

STEP.3

査定額の交渉をする(これは任意となります)

SPEP.4

購入する新車、下取りの車が決定したら、必要書類を提出して手続き完了

車下取りのメリット・デメリット

車下取りは、メリットとデメリットが存在します。

主なメリットは手厚いサービスが受けられる点です。

デメリットは愛車に適正な価格をつけてもらえない点です。

ここでは、下取りや買取りでよく使われる用語についてもご紹介します。

メリット

車下取りのメリットは、4つあります。

ここでは、「低年式車」と「過走行車」に分類される基準についての解説も行っています。

車下取りは、サービスが保証されている点以外にも、多くのメリットが存在します。

①『売却した愛車を納車するまで乗り続けられる』

下取りでは、売却する愛車と新しく購入した車を引き替えることができます。

よって、愛車を売却する際に購入のタイミングに気を遣う必要がありません。

車買取店では、買い取った車を一刻も早く現金化したいため、納車の前に愛車を引き取ってしまいます。

もちろん車買取店でも代車サービスはありますが、せっかくなら慣れている車で生活したいものですよね。

②『低年式車、過走行車でも値段がつく』

低年式車

低年式車とは、一般に型(モデル)が古くなった昔の車のことをいいます。

ただ、低年式車は、「その車の人気度」と「型(モデル)」で判断されるため、低年式車の定義は明確には存在しません。

例えば、「人気がある(人気が衰えない)車」は、ある程度の低年式でも販売価格は高くなります。

それに比例して、売却価格も上がります。

しかし、基本的には、年代の古い車は人気がなく、車買取店だと値段がつかない場合があります。

過走行車

過走行車とは、走行距離が10万km以上の車のことをいいます。

車の年間走行距離平均は1万kmであるとされています。

10万kmは、およそ10年分の走行距離となります。

過走行車がマイナスなイメージを持たれるのは、エンジンやさまざまな部品の耐久性が落ちているとされているからです。

実際は、オイル交換やタイヤチェックのメンテナンスを定期的に行っていれば、10万km以上の走行距離でも問題なく作動するでしょう。

しかし、低年式車と同様に、車買取店では値段がつかないことが少なくありません。

低年式車や過走行車のように、車買取店では買取りが難しい車も、下取りなら一定の価格で下取り可能な場合があります。

③手続きがスムーズにできる

車下取りの大きなメリットの一つが、スピーディでスムーズな手続きです。

新しい車を購入することを前提としているため、その車の商談中に下取り査定をしてくれます。

また、下取りの場合は車買取業者と異なり、複数社の査定額を比較する必要がありません。書類のやり取りや面倒な手続きも1つの店舗で完了することができるため、時間も手間もかかりません。

下取りを選ぶ多くの人は、金銭面より手厚いサービスを重視する傾向があります。

④信頼関係が築ける

同じメーカーで何度も車を買い替えていると、担当者と信頼関係を築くことができます。

その結果、お得な情報を教えてもらえる、手厚いアフターフォローが受けられる、などのメリットがあります。

担当者と信頼関係を築くことによって、安心して車の取り引きをすることが可能です。

また、下取りでは、自社メーカーの車なら高く査定してくれる傾向があります。

下取りの過程で新しい車を購入した際に、わからないことがあれば、すぐに担当者に相談することも大きなメリットです。

デメリット

下取りには、メリットも多くありますが、デメリットも存在します。

下取りのデメリットで共通して見られるのは、車買取店と比べて査定価格にマイナスな要素がある点です。

ここでは、下取りの3つのデメリットをご紹介します。

①評価方法がマニュアル化している

車下取りは、効率化を図るためにマニュアル手順に従った評価がされます。

そのため、改造車や社外オプションがついている場合はマイナス査定となってしまいます。

理由としては、下取りをした後に売りづらくなるからです。

よって、評価をつけやすいノーマル車や純正のオプションのみが適正な評価額が出ます。

マニュアル化されている分、査定内容は安定していますが、その分融通は利きません。

②査定金額が不明瞭

下取りに出して代わりに新しい車を購入した場合、請求明細に下取りをした車の金額は記載されていません。

その金額は値引き金額に含まれてしまっているからです。

よって、実際の査定金額がいくらだったのかを知ることができません。

また、「オプションを無料でつける代わりに下取り価格はゼロ」という営業マンがいますが、オプションは値引きの一環で使われるものなので、本来下取り価格とは関係ありません。

その為、下取りではきちんとした査定額は出ないものとして考えた方が良いかもしれません。

③車買取店より査定価格が低い

車下取りの査定価格は、車買取店より圧倒的に低い傾があります。

車買取店は、車の流行を常にチェックし価格対応を行う・独自の販路がある・在庫リスクが少ない・数をこなして利益を得る、という特徴があります。

しかし、車下取りでは、なかなかそれらの対応をしてくれる業者はなく、高価格で買取することが困難です。

また、最初から次の車を販売することを目的としているため、高い金額で下取りする必要がありません。

④出張査定サービスがない

車下取りは、車買取店と異なり、出張査定サービスを実施していません。

ディーラーは販売を専門としているため、きちんとした査定士がいないことあり、下取り査定の際には、自分で店舗まで車を持ち込み、担当者が参考資料だけを頼りに下取り価格を決定することが一般的です。

 

 

車を売るなら車買取店がおすすめ!

車を売るなら車買取店がおすすめです。

車買取店は、選び方次第で愛車をできるだけ高く買い取ってもらえる点が、最大のメリットです。

車買取店は、最低でも3社以上比べると良いでしょう。

一括査定サイトなら、必要な車両情報と個人情報を入力するだけで一度に複数社の見積もりを出せるので便利です。

車買取店を選ぶ際は、ネームバリューだけでなく、実際の買取価格や店員の対応なども見て決めましょう。

車買取店は、車下取りとは異なり、自身で手入れすることで、愛車をより高く買い取ってもらうことができます。

ここでは、愛車を高く買い取ってもらうための、ちょっとしたコツを4点ご紹介します。

①モデルチェンジ前に売る

概して、車は約5~7年でモデルチェンジをします。

モデルチェンジをしてしまうと前モデルになってしまうため、売値が下がり、それに比例して価格も下がります。

モデルチェンジのタイミングは見極めにくいですが、限定仕様車や派生車種が出た後1、2年してからフルモデルチェンジされることが多いため、その前に売ると良いでしょう。

②走行距離が6万kmを超える前

走行距離は車の買取価格に大きく影響します。

特に5万km前後は売りどきで、走行距離が1万km未満だと最も評価が高く、次に3万km未満、6万km未満といった基準がメジャーです。

6万kmを超えてしまうと、10万km未満として扱われてしまうことが多く、査定価格が大きく下がってしまいます。

そのため、すでに走行距離が5万kmを超えている場合は、なるべく早く売却すると良いでしょう。

③査定前に車を掃除する

実際に査定してもらう前に、愛車の掃除をしておきましょう。

査定の際に、車には荷物が何も積んでない状態が望ましいです。

窓を拭く・ダッシュボードの埃を払う・シートの汚れを落とす・消臭する、など自分でできる範囲で綺麗にしておくと、査定士に好印象を与えることができます。

また、キズやヘコミは修理代が高いため、そのまま査定してもらい、バッテリー切れやエンジンのオイル切れも問題ありません。

④純正オプションの安全装備をアピールする

メーカーオプションやディーラーオプションがある場合は、査定の際にしっかりアピールしましょう。

1番プラス査定されやすいオプションは、後からつけることができないメーカーオプションです。

例をあげると、エアバック・ブラインドモニター・サンルーフ・純正ナビなどです。

また、購入時についていた取扱説明書や整備手帳(保証書)、スペアキーなどがあると高く評価されます。

ただし、スレッドレスタイヤや行き過ぎたドレスアップはマイナス査定になってしまう可能性があるため注意が必要です。

下取りよりも高く売れる車買取店を紹介

車買取店の多くは、下取りよりも高く買い取ってくれる傾向があります。

ここでは、地方で店舗展開をしているお店や、地元密着型のお店をご紹介します。

小規模の車買取店は、大手に負けない強みを持っており、地元密着型ならではのきめ細やかなサポートや、融通が利きやすい買取価格の提示によって、確実にリピーターを増やしています。

限られた地域で店舗展開をしている分、顧客一人ひとりのニーズにできる限りしっかりと応えてくれます。

シーボーイ

シーボーイは、創業1996年の中国・四国・近畿地方を中心に店舗展開している車買取店です。

自社グループで小売・流通・輸出・リサイクルまでを一貫して行っています。

コストを削減することによって、買取価格に還元しています。

依頼後の電話・メール連絡が丁寧なため、安心でスムーズな取引きができます。

国内だけでなく世界にネットワークを持っているため、日本では廃車になるような車も査定を受け付けています。

また、高値で買取を行っている車種を紹介している点も、根強い人気の所以です。

Big Wave

ビッグウェーブは、創業1997年の静岡県を中心に店舗展開しており、車買取・車販売・修理を総合的に扱っています。

高額車でも現金支払い(振込みも可)・名義変更完了通知付き・保険付きの代車無料、などのサービスを強みとしているお店です。

手厚いサービスが評判となり、多くのリピーターを獲得しています。

車買取以外にも、ローン未完済の場合などの複雑な手続き方法についてもきちんと説明がある点が高く評価されています。

査定・買取にかかる時間の短縮に力を入れており、早さに重きを置く人に向いています。

Budget Holdings

オートバジェットは、創業1962年の福岡の地元密着型の車買取店です。

車の買取りから販売まで自社で行っています。

創業から一貫して自社で買い取った中古車を、オークションを通さずに日本・海外に直接販売しています。

オークションや買取チェーン店を通さないことによって中間手数料を徹底的に削減し、高額買取を実現しています。

市場での人気・走行距離・年式のみで判断せず、車の状態を重視するため、ユーザーから強い信頼を得ています。

ハッピーカーズ

ッピーカーズは、創業2016年の湘南を拠点とした地元密着型の車買取店です。

創業からわずか3年で、全国48店舗の展開を実現しています。

最小限のインターネット広告、地域紙、チラシを中心としたプロモーションを地道に行うことで、地域へ価値の提供を行っています。

早朝6時の出張査定・迅速で的確な査定・他店に負けない高額買取など、ユーザーにとっては嬉しいサービスが充実しています。

過去の買取・査定事例を見ても、車への情熱がとても伝わってきます。

同じ車種でも一台一台丁寧に査定し、誰もが適正価格で売却し、誰も損をしない対等な車買取を行っております。

全国各地に店舗を展開しているので、お近くのハッピーカーズに問い合わせてみてはいかがでしょうか

まとめ

車の下取りは、手厚いアフターフォローが印象的ですが、デメリットも多く存在します。

金銭面を優先するなら、車買取店で査定をしてもらうことをおすすめします。

また、地元密着型の車買取店であれば、下取り以上の充実したサービスを受けることができます。

この機会に、車買取店で愛車を査定してもらいましょう。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント