車を売るときに車買取店に提出する書類とは

車の売却を検討している方、売却はしたいけれども手続きが面倒だと感じていませんか。

車を購入する際にも多くの書類を用意した記憶があるのではないでしょうか。

基本的に車の売却時も購入時と同様、書類の準備が必要です。

車買取店に買取をお願いする際には、様々な書類を提出しなくてはなりません。

面倒に思われるかもれませんが、書類の準備とは、愛車を手放す最初のステップであり、最高の車買取を実現する土台です。

例えば、人によっては紛失してしまって、書類の再発行手続きが必要になるでしょう。

書類の再発行をしている間に愛車の相場が変動すると、買取価格にも影響が出ます。

時間がかかりそうな書類は早めに確認して、スピーディーな買取を完了する信頼できる業者に査定依頼をすることが車買取の原則です。

本稿では、これから車を売却しようとされている方に向けて、車を売却する際に提出が求められる書類とその取得方法についてわかりやすく解説します。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車を売却する4つの方法

車売却を考えている人は、愛車が少しでも高く買い取ってもらうにはどの方法が1番良いか選択に悩むこともあるでしょう。
ここでは、車売却方法の「車買取店」「ディーラー下取り」「車一括査定」「個人売買」の4つのメリット・デメリットをご紹介します。

 

車買取店

車買取店は、買取った車を自社で販売する以外にも海外にある独自のルートで販売して利益を得ることができるため、比較的高額での買取が期待できます。さらに、
事故車のように査定が見込めない車でも、車買取店では解体しパーツとして海外で販売する選択肢もあるため、高額買取が見込めます。しかし、中古車市場は価格の変動が激しいため、高額買取りを実現するためには愛車の年式や種類などを確認した上で、タイミングを見計らって売却する必要があります。

 

より高額で買取ってもらうためのコツは、1社の見積りだけで決めるのではなく、複数の車買取店で見積もりを出してもらい、比較検討をすることです。
また、最初の見積り額が低くても、他店の見積り額を提示することで見積り額をアップさせてくれる可能性もありますので、上手に交渉しましょう。査定時の査定士の説明が分かりやすくて親切なものであればその車買取店は信頼できるお店といえます。査定額は売却先を決める大切な要素ですが、査定士の対応なども含めて総合的に評価し、売却先を決めることをおすすめします。

 

ディーラー下取り

ディーラー下取りは、新車購入を前提としており、現在使用している車を売却し、その代金を新車購入の費用に充てる方法です。法律で車は財産と定められているため、所有権が発生します。そのため、車を売却・購入する際には複数の書類の準備と複雑な手続きが必要です。
しかし、ディーラー下取りは、新車購入と同時に車の売却手続きを完了させることができまるため、手間が少なく済みます。

ライバル店同士の競争化により、査定が高くなる車買取店とは違い、その場で新車を購入するディーラー下取りは、ライバル店の存在がないため比較的低い査定額になります。スムーズに新車の手続きを終えたい方や、車のない期間を作りたくない方にはおすすめの方法です。

 

車一括査定

車一括査定は、サイト上のフォームに必要事項を記入して申し込みをすることで、複数の車買取店へ無料で査定依頼が行えるサービスです。見積り額はメールか電話で知らせてもらえるため、車買取店に1社ずつ査定依頼を出して比較する手間が省けるため、忙しい方でも簡単に利用できます。

一方で、車一括査定のサイトに申し込みをした途端に複数の車買取店から電話が頻繁に掛かってきて対応に追われるデメリットがあります。また、地域によっては車買取店自体が少なく、価格競争が生まれないために高額査定が見込めない場合があります。

 

個人売買

個人売買は、車買取店・ディーラー等の仲介業者を介さず売却する方法です。インターネットの普及により、オークションなどを活用した個人売買できるようになりました。当事者同士の直接取引であるため、売却側は高く買い取ってもらい、購入側は車買取店より安価で購入できるメリットがあります。

一方、個人売買は全ての手続きを自身で行わなければならず、時間と手間が生じるデメリットだけでなく、最悪の場合トラブルに発展する恐れがあります。
トラブルとして最も多いのは、名義変更の手続きです。適切に名義変更を行わないと、受け渡し後も自動車税や自動車保険を負担しなければならず、受け渡した車が万が一事故を起こした場合も責任を取ることになります。専門的知識がないとトラブルが起こりうる可能性がありますので、不安な方は仲介業者に任せることをおすすめします。

 

車買取店へ提出するべき書類

早速、車買取店へ提出するべき書類についてまとめていきましょう。

それぞれの書類の詳細は追って、説明します。

提出する書類は普通車と軽自動車で異なりますが、主に以下の書類が必要になります。

  •       実印(普通車のみ)
  •       印鑑証明書(普通車のみ)
  •       車検証
  •       自賠責保険証
  •       譲渡証明書(普通車のみ)
  •       委任状
  •       自動車税納税証明(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書)
  •       リサイクル券
  •       住民票か印鑑証明書の写し(軽自動車のみ)

上記の内、車検証と自賠責保険証の再発行は時間がかかります。

基本的に車の中に保管しておく書類なので、紛失するケースも少ないですが、予め書類の手配が可能か、確認しておきましょう。

また、譲渡証明書と委任状は買取店が用意する書類です。

ご自身で用意、作成する必要はありません。

また、結婚して姓が変わった方、住所が変更になった方は追加で書類の用意が必要です。

車検証に記載されている住所と現住所が、異なる場合は住民票の提出が求められます。

また、住民票には現住所と一つ前の住所のみが記載してある書類になります。

車検証に記載されている住所から二回以上の引っ越しをおこなっている場合は戸籍の附票が必要です。

また結婚や離婚などのライフイベントで姓が変わっているケースもあると思います。

姓が変われば、車検証に記載されている名義が現在の名義と異なります。

そうすれば住所の変更と同様に、車検証の持ち主であることを証明する必要がでてきます。

姓を変更している場合は共住している市区町村の役所で戸籍謄本を取得しましょう。

 

 

車種によって必要書類が変わる?!

必要な書類は普通車と軽自動車で異なります。

普通車の方が提出する書類が少し多くなります。

早速、具体的な書類についてみていきましょう。

普通車の場合に必要な書類

まずは普通車の売却時に必要な書類です。

 

自動車検査証

通称、車検証です。

自動車検査証は、その車が安全に走るために必要な検査を通していることを証明している書類です。

車検の時以外は使わない書類ですが、売却時では必須の書類になります。

 

実印

実印は住民として登録をしている各市区町村の役所で、登録されている印鑑です。

戸籍上の名前で作られた印鑑を登録申請する必要があります。

車の購入時にも、売却時にも実印が必須です。

 

印鑑証明書

印鑑証明書は、使用した印鑑が市町村で登録された実印であることを証明する書類です。

実印を登録した市区町村で発行しています。

最近では、マイナンバーカードを使ってコンビニでも発行できるようになりました。

 

自賠責保険証

車を運転する際には、自賠責保険への加入が義務付けられています。

自賠責保険証が自賠責保険への加入を証明する書類です。

よく使う書類ではないので、通常は車検証と一緒に保管していることが多いです。

紛失している場合は再発行しましょう。

加入している保険会社に連絡をすれば、再発行の手続きを案内してくれます。

 

自動車税納税証明書

自動車納税証明書は自動車税の納付の証明書類です。

自動車税は、毎年4月から5月にかけて1年分の自動車税をまとめて支払います。

そのため、売却後に経過していない月の自動車税は還付してもらえます。

売却時に忘れずに提出しましょう。

 

リサイクル券

リサイクル券は自動車リサイクル法で定められている料金の支払いを行っていることを証明する書類です。

リサイクル料さえ払っていれば、リサイクル券を紛失していても問題はありません。

リサイクル料を払っているか否かについては、インターネットを介して簡単に調べることができます。

買取業者が代行してくれる場合もあるので安心してください。

 

委任状

委任状は車買取店が用意してくれる書類ですので、ご自身で作成する必要はありません。

車の売却における名義変更の手続きを、販売店に委任するための書類です。

委任状の作成にあたって、実印が必要になります。

 

譲渡証明書

譲渡証明書は車を買取店に譲渡することを証明する書類です。

委任状と同様に、販売店が用意する書類ですので、ご自身で作成する必要はありません。

委任状と同様に実印が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

 

住民票、戸籍の附票、戸籍謄本

前述の通り、人によって、必要な書類です。

車検証に記載されている名義と住所が現在のものと異なる場合は、添付書類を提出します。

二回以上引っ越しをしている場合は戸籍の添付書類が必要です。

結婚や離婚などで姓が変わっている人は戸籍謄本を取得しましょう。

それぞれ、市区町村の役所で取得できます。

事前に車検証に記載されている住所と名義を確認して、必要かどうかを確認しておきましょう。

軽自動車の場合に必要な書類

軽自動車の売却時には以下の書類が必要になります。

  • 自動車検査証

通称、車検証です。

自動車検査証は、その車が安全に走るために必要な検査を通していることを証明している書類です。

車検の時以外は使わない書類ですが、普通車と同様に売却時では必須の書類になります。

紛失された方は陸運局に連絡することで再発行の手続きをとることができます。

 

  • 印鑑

軽自動車の売却時も判子は必要になりますが、実印である必要はなく、認印でも車を売却できます。

実印は市町村の役所で登録した印鑑ですが、認印は登録手続きを行っていません。

宅配物の受け取りの際などに使う、承認、確認の証として日常的に使われる印鑑です。

普通車の売却時と異なり、軽自動車の売却時には印鑑証明書も必要ありません。

 

  • 自賠責保険証

車を運転する際には、自賠責保険への加入が義務付けられています。

自賠責保険証が自賠責保険への加入を証明する書類です。

よく使う書類ではないので、通常は車検証と一緒に保管していることが多いです。

紛失している場合は再発行しましょう。

加入している保険会社に連絡をすれば、再発行の手続きを案内してくれます。

 

  • 軽自動車納税証明書

軽自動車の納税証明書は普通車の場合と名称が異なります。

内容は変わらず、毎年4月から5月にかけて支払う自動車税を納めていることの証明書です。

普通車の売却時と同様に未経過分の税金は還付してもらえます。

忘れずに持っていくようにしましょう。

 

  • リサイクル券

リサイクル券は自動車リサイクル法で定められている料金の支払いを行っていることを証明する書類です。

リサイクル料さえ払っていれば、リサイクル券を紛失していても問題はありません。

リサイクル料を払っているか否かについては、インターネットを介して簡単に調べることができます。

買取業者が代行してくれる場合もあるので安心してください。

 

  • 自動車検査証記入申請書

普通車に比べ軽自動車を売却する際は、買取業者から記入を求められる書類が少なく、この自動車検査証記入申請書のみになります。

買取店が用意してくれる書類ですので、自分で作成して持っていく必要はありません。

対応してくれるスタッフの指示に従って記入してください。

 

  • 住民票の写し / 印鑑証明書の写し

軽自動車の売却時も現住所を証明できる書類を提出する必要があります。

住民票か印鑑証明書、どちらか取得しやすい方の書類のコピーを提出しましょう。

原本を提出する必要はありません。

 

  • 住民票、戸籍の附票、戸籍謄本

普通車と同様に人によって、必要な書類です。

車検証に記載されている住所と現在の住所と異なる場合は、住民票を提出します。

二回以上引っ越しをしている場合は戸籍の添付が必要です。

結婚や離婚などで姓が変わっている人は戸籍謄本を取得しましょう。

それぞれ、市区町村の役所で取得できます。

事前に車検証に記載されている住所と名義を確認して、必要かどうかを確認しておきましょう。

 

必要な書類を紛失してしまったら?

車を売却する際に必要な書類がいくつかありますが、必要な書類を紛失してしまった場合は再発行や手続きが必要になってきます。ここでは、「自動車検査証」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証」の3つの紛失時の対応について説明します。

 

自動車検査証

自動車検査証は車の身分証であり、紛失したまま車を走行した場合50万円以下の罰金が科されます。自動車検査証の再発行は、「代行業者に依頼する方法」と「自分で申請する方法」の2つの手段があります。

 

代行業者に依頼する場合は、使用者の委任状」「使用者の認印が押印の理由書の2つの書類が必要です。2つの書類を、代行業者に再発行手数料と依頼料と共に送付します。再発行費用は300円ですが、業者への依頼料の相場は4,000円~10,000円です。

 

自分で申請する場合は、現在の車のナンバーを管轄している陸運局の窓口へ申請します。申請する際は、「申請者の身分書」「手数料納付書」「申請書」の3つが必要になります。なお、申請は平日のみとなっており、窓口の受付は8時45分~11時45分、13時~16時までです。窓口で申請書を提出して手数料300円支払えばその場で交付されます。

 

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を納付した際に発行される証明書です。
自動車税の納付書は、毎年5月に車の所有者宛てに届きます。自動車税納税証明書は、車検の時にも必要となる書類で、申請書と一緒に自動車納税証明書を提出することで「自動車検査証」が発行されます。

 

万が一紛失した場合は、陸運局、自動車税管理事務所、各都道府県の税事務所のいずれかで再発行が可能で、料金は無料です。本人が手続きする場合は「身分書」「印鑑」「車検証」の3つが必要です。代理人が手続きを行う場合は、上記の書類の他に「本人の委任状」が必要です。
なお、引越した場合はその年の4月1日に住所登録していた場所に自動車納税証明書を交付請求する必要があります。

 

自賠責保険証

自賠責保険証は、自賠責保険の契約した時に発行される証明証です。運転時は常に自賠責保証証の原本を携帯するのが原則で、携帯してなかった場合は30万円以下の罰金、自賠責保険未加入で走行した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

自賠責保険証の再発行は、加入した保険代理店に電話や郵送で依頼します。再発行で必要になるものは「自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書」「印鑑」「身分書のコピー」の3つです。再発行手数料などの料金は必要ないことがほとんどですが、交付されるまで1週間程度、長ければ2週間程度の時間が掛かります。

 

書類が必要な車関連サービス

続いて、車の売却の際に、書類が必要になる車関連サービスを紹介します。

ローン残債サービス

ローンがまだ残っている車を売却したいと考えるケースもあると思います。

基本的に車を売却する際には、ローンを完済し、車の所有権を自分名義に変更する必要があります。

そこで便利なサービスがローン残債サービスで、車買取店が買取額からローンの残債を支払ってくれます。

車を売却した方には、残債額を差し引いた金額が支払われます。

ローン残債サービスを利用したい方は、依頼をすれば、査定の際に車買取店が残債確認手続きをとってくれます。

サービス利用時に相談するようにしましょう。

全ての車買取店がローン残債サービスに対応しているわけではありませんので、事前に確認するようにしましょう。

また、売却金額でローンを完済できないケースもありますが、完済できないからといって、車が売却できないわけではないので安心してください。

車買取店によっては、残りの金額について新たにローンを組んでくれます。

また、新しく車を購入する場合は残ったローンを新しい車を購入する際のローンに上乗せしてくれます。

車買取店は様々な形で顧客の車の売却をサポートしていますので、不安な方は相談にのってもらいましょう。

手続き代行サービス

車を売却する際には、車の名義変更が求められます。

この名義変更を移転登録と呼びます。

移転登録は車の持ち主が変わったということを示すものです。

車を購入する際にも同じ手続きを行っています。

この手続きは車を売却するものが本来行うものです。

手続き代行サービスでは車買取店がこの手続きを代行してくれます。

名義変更が完了したら買取店は「名義変更通知書」を発行し、売却した顧客の元に届けます。

 

車買取ならハッピーカーズにお任せ

車買取への車の売却をしたい方におすすめしたい買取店が「ハッピーカーズ」です。

ハッピーカーズは売り手の利益を追求する買取店です。

ディーラーでは値段のつかなかった車を10万円で買い取ってもらえたなどのケースもみられます。

ハッピーカーズの査定の特徴は「今出せる最高限度額の提示」であり、初めての車買取で面倒な価格交渉をスキップすることができます。

最高限度額を提示できる理由は、ハッピーカーズはあらゆるコストの削減につとめており、削減したコストを買取価格に反映させているためです。

例えば、販売のネットワークを強化して在庫リスクを削減するだけでなく、地元での口コミを中心としたプロモーションを実施することで広告費を削減して買取額に還元しています。

スタッフは車の買取に精通しているだけでなく、価格交渉にも丁寧に快く応じてくれます。

買取査定の交渉が初めては、安心して手続きを進めることができるでしょう。

査定と買取の早さもハッピーカーズの強みです。

査定から契約までがなんと約15~45分で済みます。

事前のWeb査定を行っていれば、更に時間を短縮できます。

一般的には現金を受けとるまでに2営業日はかかりますが、ハッピーカーズでは即日現金支払い、翌日振込にも対応しています。

早く済ませたい方には、便利な買取店と言えます。

買取決済までのスピードがあまりにも速いので、売り手側は余裕を持って書類の準備を間違いなく完了することができます。

ハッピーカーズの車買取事例

ここで、ハッピーカーズの車買取事例をご紹介します。

<藤沢市M様>
ある事情で車を相続することになり、急遽車を売却することになりました。
地元の車買取店に相談したのですが、相続案件ということもあり、どうしても相続人全員の印鑑が必要といわれました。
わざわざ地方に住んでいる親戚に頼むこともできないと途方に暮れているときに、友人からハッピーカーズを紹介されました。
事情を話したところ、自分だけの印鑑で名義変更ができるということになり、早速車の査定を依頼しました。
初めての車の売却だったため、わからないことだらけでしたが、必要な書類やその取得方法など丁寧に教えてくださり、スムーズに手続きを完了することができました。
ハッピーカーズに決めた一番の理由は、査定士さんが親身になって相談に乗ってくれたことです。
また機会があれば、ハッピーカーズに車買取をお願いしたいです。

まとめ

車を売るのであれば円滑に取引を進めたいものですよね。

いい査定額がついても、書類に不備があると、取引の完了までに時間がかかってしまいます。

書類を再発行する場合は関係する役所に連絡する必要もあります。

車を売ろうと考えているのであれば、前もって書類に不備がないか、確認をしておくことをおすすめします。

同時に、信頼できる車買取店と一緒に書類の準備を行うことでミスはなくなるでしょう。

円滑な取引には、やはり車買取店選びが大切です。

どこの買取店に査定依頼をすればいいか、迷われている方は、【ハッピーカーズ】に依頼してみてください。

スタッフは丁寧かつ迅速な対応をしてくれます。

また、高額買取にこだわったお店ですので、納得のいく査定額が出ることでしょう。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント