車の下取りをディーラーに依頼するメリット・デメリット

ディーラー下取りは車買取店の比較対象として耳にすることが多い言葉です。

多くの買取店がディーラー下取りより高値買取であるとアピールしており、実際に査定価格は高い傾向にあります。

車買取店の高値買取の根拠は基本的にユーザーの言葉であるため、信頼性は高いです。

この時点でディーラー下取りはユーザーにメリットがないように思うかもしれませんが、条件次第では下取りの方が高値となる場合もあります。

その他にもディーラーで売却することによるメリットは多く存在します。

どのような場合に高値となるのか、メリットが大きいのかを紹介していきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車のディーラー下取りとは

新車を購入する場合に古い車を引き取りに出す事を、ディーラー下取りと呼称します。

現在乗っている車両を購入した店舗で行うのが一般的でありメリットのある方法ですが、新車を扱う正規ディーラーであれば下取り自体は何処でも対応可能です。

古い車の買取価格は全て新車の購入代金に充てられる事が特徴となっています。車の買取方法として、専門店での買取と並んでもっとも一般的な方法のひとつです。

買取店への売却と違う点は新車の購入が前提となっている事であり、購入価格から下取り価格を引く形で新車を安く購入できるというシステムになっています。新車の割引率はディーラーや車両ごとに個別の規定があるとされ、下取り価格も規定に合わせて付けられているとされます。

そのため、車買取店と比較する際は、ディーラーの新車価格と下取り価格を合わせて考える必要があります。

 

車をディーラー下取りに出すメリット・デメリット

ディーラー下取りは車買取業者と比べて事務手続きや状況によっては査定価格の面でも優れた買取手段です。

しかし、車を引き取る理由の違いや査定の方式などから車買取店のほうが良い査定結果を得られるというケースも存在します。

ディーラー下取りは車の細かい管理状況や一般市場での価値を考慮しないという特徴があり、場合によってメリットにもデメリットにも変わり得ます。ここでは、ディーラー下取りに適している状況と適していない状況などを紹介します。

 

ディーラー下取りのメリット

ディーラー下取りは車を購入した店舗で乗り替えの手続きを行うため、他業者との買取と比べて事務手続きを手早く進められるというメリットがあります。

車の引き取り先が最初から決まっているので査定に掛かる時間も短く、売却から納車までの流れもユーザーの都合に合わせて日程を組むことが出来ます。

手続きに慣れていない場合でもディーラーに一任することで売却を完了できる利点があり、担当者を信頼して決めた場合は心理的においてもメリットがあります。安全に買い替えたい、車を買い替える機会が多いという場合にディーラー下取りは適しているといえます。

また、車の購入が前提となっているためディーラーにとっては継続的なユーザーであり、買取店では価格が付かない車両でも交渉次第でいくらかの価値が付くというメリットもあります。この利点はディーラーで引き続き車両を購入するという信頼関係、査定価格を新車の購入代金に全額充当するという支払い形式が影響しています。

新車は市場価値や店の信用などの観点から基本的に値引きが行われないですが、下取りの査定額を高くする事によって実質的な値引きが可能になります。

余談として個人経営の中古車店などで下取り交渉を行う場合は下取り価格とは別に値引き交渉を行うことが可能であり、比較的クラスの高い中古車を購入したい場合に交渉が行いやすくなります。

ユーザーにとっては新車をその場で安く入手可能であり、ディーラーにとっては長期ユーザーを増やせるという形式であるため、事務手続きが苦手な方やメーカーへのこだわり、信頼関係を重視する方にディーラー下取りは適していると言えます。

 

ディーラー下取りのデメリット

下取りは信用や分かり易さがある一方、査定価格は基本的に低くなります。ディーラーの新車値引き比率は各自に一定の基準が存在し、下取り額が値引きの基準額を越える事は基本的にありません。

車をカスタマイズしている場合は内容に関わらずマイナス査定が付くため、買取店ではプラス査定になる事を考えると、大きなデメリットになります。

ディーラーは新車販売を専門とする業者であり、中古車の下取りは車を売るための工程である点も認識しておく必要があります。

また、引き取り先がディーラーに決定している事も査定額が低くなる要因です。他社と競合する必要が無いため、初期設定価格が落札価格となります。

加えて、下取りされた車両はレンタカーや中古車販売店など業者に売却される事が多いです。買い取って殆どそのまま一般客に販売する車買取店と違い、市場の需要などを考慮しないので買取価格の相場は安定しています。

しかし、車種や状況によっては大幅な高値が付く買取店に比べると市場価値の高い車であるほどディーラーの査定価格は低い傾向があります。

車をカスタムしている状態で売りたい、買取価格にこだわりたい方にはディーラー下取りの前に車買取店での査定をおすすめします。

 

ディーラー下取りの注意点

ディーラー下取りは手続きが簡単な一方で査定額が低くなりやすいという特徴があります。

この際に注意する点として、査定額を上限に近づける工夫が不要という訳ではありません。

ディーラー下取りでは購入時の状態に近いほど評価が高くなるため、ETCやバックモニターなどのオプションパーツを付けていた場合は前もって外しておくと良いです。

パーツの交換はライト切れやパンクなど明らかなもの以外は考慮する必要はありませんが、車載物の取り出しや清掃は行っておくと印象が良くなります。

交渉の場で必要な知識として、インターネット上の見積り想定や買取実績、車買取店の問い合わせ段階での査定額を予め調べておき、双方の査定額を比較することで相場との差額をある程度判断できます。

ディーラーの目的は新車販売であり、下取りは新車の値引きを行うための工程です。

査定額は新車の値引き率に応じて設定されていますが、そこからユーザーが追加交渉を行ってきた場合に譲歩できる価格で設定されている事が多いとされます。

そのため、事前知識なしで交渉を行うと安く買い取られる可能性もあります。

事前に知れる相場はあくまで参考値ですが、大差があった場合は下取り価格のアップという形で対応してくれる可能性があります。

既に長年のユーザーであるなど強い信用やこだわりがある場合は個人の裁量によりますが、多くの場合において比較検討は必要であると言えます。

また、ディーラー下取り自体は購入時と違う店舗でも可能ですが、ディーラーと違うメーカーの車を下取りに出した場合はその時点で査定額が下がるほか、手続きの簡単さなどのメリットが消滅するため下取りは購入した時の店舗で、少なくとも同じメーカーのディーラーで行うことを推奨します。

上記の点を踏まえても買取価格自体は専門店のほうが高い傾向にあるため、ディーラーでの新車購入を決めていない場合や買取を主目的とする場合、カスタマイズした車両を売りたい場合などは車買取店の利用を推奨します。

 

 

車買取店がディーラー下取りよりもおすすめな理由

車買取店は買い取った車を一般市場に販売する会社であり、そのぶん買取に注力しているという特徴があります。市場の需要や車両の状態が査定価格に大きく影響し、大小さまざまな買取店が獲得競争を行っているためディーラー下取りと比べて数万円~十万円単位の差が出る事もあります。

買取店が高額査定を行う理由は買取実績による評判や信頼の獲得が主ですが、行える理由は独自の販売ルートや自社内整備拠点などによる収益の最大化と経費の削減が挙げられます。

大手買取店の多くは海外に販売拠点を所有しているため、国内で価格が付かないほど長距離走行した車や十数年以上古い車でも輸送費込みで高い価格が付くこともあります。

エンジンが動かない車でも高価引き取りする業者も存在し、車両を高く買い取るという点で車買取店はおすすめの買取手段です。

基本的な問題点としてディーラーは新車販売を専門とする業者であり、下取りした中古車を自社内で直接販売するルートは殆どの場合保有していません。

契約先の中古車買取店や業者用のオートオークションに販売するまでの輸送費や販売手数料がある分、下取り価格は低くなります。

確保した利益を買取価格に還元することで高額査定を実現しているというのはどの車買取店にも共通して言える事です。

大手の買取店は信頼性も高く、実績の多さから正確で早い手続きを行っているというユーザーの評判・口コミが共通して多く見られます。

大手を選ぶだけでも失敗のリスクは軽減されるため、手続きの難しさや忙しさを問題とする場合にも良い方法と言えます。

高い買取価格を求める場合は自分に合った買取業者を探す必要がありますが、一括査定を利用すると比較的簡単に探すことが出来ます。

代行業者の選び方や出張査定を依頼するタイミングには注意する必要がありますが、適切に利用した場合は信頼性・査定価格の両方でおすすめの方法です。

細かい注意点などは後述しますが、買取店に依頼する際に共通する事としてユーザー側の事前知識や説明の仕方、車両の管理次第で買取価格は大きく左右されます。

自分の車にこだわりがあり、最大限高く買い取ってほしい場合は車買取店での査定がおすすめの方法です。

 

車買取店に行く前にすべきこと

ここでは車買取店に高額買取をしてもらうために事前に準備することを4つ紹介します。

 

愛車の買取相場を確認しておく

愛車を売却する前に、愛車の買い取り相場を調査しておきましょう。事前に買取相場を調べておくことで、中古車買取店に提示された査定額が妥当なのか、自分で判断できます。買取相場は一括査定サイトでも確認することはできますが、実際の査定額とかけ離れていることもあります。そのため、買取相場は複数の中古車買取店から見積りを取って把握すると良いでしょう。
また、複数の中古車買取店で査定して競争させることで、時間を浪費せずに高額買取りをしてもらえる可能性が高まります。

 

洗車をしておく

洗車をしているかどうかは中古車査定の評価項目に含まれていませんが、洗車をして見た目がいいほうが車を大切に扱ってきたことをアピールできます。査定士にそのことが伝わると、多少の査定額アップが見込めます。
ここでは、洗車方法を簡単にご紹介します。

 

洗車方法

洗車は高額な費用をかけたり、手間をかけたりする必要はありません。普段ワックスをかけている場合は、ボディやホイール、タイヤなどに水を十分にかけた後、清潔なタオルで乾拭きしましょう。
普段ワックスをかけていない場合は、洗剤を使って汚れを落としてから水洗いするといいです。水洗いの際はワックスをかける必要はありませんが、水洗いの後は必ず、水垢が残らないように清潔なタオルで乾拭きをしてください。

 

車内の清掃・消臭を済ませておく

査定時は、フロアマット、ダッシュボード周辺、シート、内窓などがチェックの対象です。ここでは車内の清掃方法と消臭方法を紹介します。

車内の清掃方法

車内のゴミやほこりを掃除機で吸い取りましょう。フロアマットは泥で汚れていたり、臭いが染みついていたりする場合があるため、ブラシで綺麗に洗いましょう。自分で洗うのが難しい場合は、ガソリンスタンドにあるフロアマットの洗浄機を利用することをおすすめします。
洗ったフロアマットをそのまま車内に戻してしまうと、雑菌が繁殖し臭いの元になるため、天日干しをして、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

内窓やダッシュボード周辺は洗剤や窓のクリーナー、重曹を薄めたものを使用して洗浄します。洗浄後は、水を含んだ雑巾を固く絞り水拭きしてください。

シートのゴミは、掃除機や粘着テープを使って取り除きます。シートの小さなシミ1個につき査定額が1万円減点になることがあるため、水で薄めた重曹や固形石鹸でシートが傷まないように軽く叩いて汚れをかきだしてください。最後は乾いた雑巾で乾拭きをします。

車内の消臭方法

車内に染みついたペットやタバコ、香水の臭いの他にも、芳香剤の独特な香りが影響して約4万円減額されたというケースもあります。

多くの場合は車内の清掃をすれば消臭できますが、臭いが酷い場合は窓を開けて換気をしてから無香料の消臭スプレーをかけ、エアコンの消臭を行いましょう。

 

必要な書類を集めておく

車を売却する際は、整備手帳、保証書、取扱説明書を揃えておきましょう。必要な書類が揃っていると、査定額が増額されることがあります。

逆に必要書類を紛失したり、汚損したりしている場合は減額ポイントとなり、全て紛失していた場合は大きく減額されてしまうこともあるため、注意してください。そのため、紛失している場合は査定前に再発行をしましょう。ただし、整備手帳は再発行しても記録の復元はできないため、再発行するメリットはありません。また、取扱説明書や保証書に関しては、再発行するのに手間とお金がかかるため、場合によっては再発行せずに売却した方が良いケースもあります。

 

高額車買取を狙うためのポイント

ここでは中古車を高額で買取ってもらうためのポイントを2つ紹介します。

 

車買取時期に気を付ける

中古車の買取価格は、買取時期によって変動します。ここでは車買取時期のポイントを3つ紹介します。

1月~3月に売る

1月~3月は進学や就職など新生活に向けて、中古車が多く売れる時期です。中古車買取店も在庫を多く確保しておきたいため、高額で中古車が売れる可能性が高まります。

また、4月以降に中古車を売却した場合、自動車税の還付手続きが発生してしまいます。自動車税は4月の車保有者に対し課税され、5月末日までに1年分まとめて支払う必要があります。そのため、1月~3月は自動車税の課税前に中古車をスムーズに売ることができ、高額買取が期待できるので中古車を売却するのにおすすめの時期です。なお、自動車税が未納の場合、中古車を売ることができないため注意が必要です。

年式と走行距離に気を付ける

車の年式は登録日などに関係なく、どの車も1月1日に年式が1年古くなり、年式が古くなるごとに査定額は減額されます。このため、車を売却する際は年がかわる前に売りましょう。

また、走行距離も査定額を大きく下げてしまう要素の1つです。走行距離が長くなると査定額が下がり、5万km、10万kmの大台に乗ると査定額はさらに下がります。ただし、年式が古く走行距離が短すぎる車は動作不良を起こす恐れから査定額は下がります。

フルモデルチェンジ前に売る

車は発売してから時間が経過すると、外観の一部や安全性能を追加するマイナーチェンジと、エンジンや外観などを全面的に改良するフルモデルチェンジが行われます。フルモデルチェンジが行われると、新型に買い替える人が増えるため、旧型の中古車は多く売りに出ます。そのため、旧型の中古車は在庫が増えて買い手もつかなくなり査定額は大幅に下がります。したがって、売却はフルモデルチェンジの発表前に行いましょう。

 

傷やへこみは自分で無理に修理しない

マイナス査定の対象となる傷やへこみは自分で無理に修理しないようにしましょう。自分でへこみを直そうとしたり、傷を研磨したりするなどの無理な修理をするとかえって車の状態を悪くする恐れがあります。

また、修理業者に依頼することもおすすめできません。なぜなら、自社工場や提携工場を持つ中古車買取店は安く修理することが可能なので、修理代金に相当するマイナス査定分よりも安く修理することは難しいためです。

そのため、傷やへこみは無理に修理せず、そのまま中古車買取店に売りに出した方が無難です。ただし、すぐに売却する予定がなく、ボディの塗装が剥がれて金属が露出している傷などは、日に日にダメージが酷くなるので早めに修理したほうがいいでしょう。

 

車買取店で迷ったらここ!

買取店は基本的に良いキャッチコピーを並べるものであり、初めて車買取を考える状態から最適な車買取店を見出すのは困難と言えます。

判断のポイントとしては自分の売りたい車に詳しい業者を選ぶ事と、必ず複数の業者に相談した上で決める事です。

大手の買取店でもセダンやワゴンといった形、メーカー等によって得意とする車は違ってきます。

車種によっては専門店が存在することもあり、大手買取店より高い査定を出す事もあります。

そのため、近辺に中規模以上の専門店がある場合は最初に査定を行う事を推奨します。

ただし、買取額は複数の業者を経由して比較するほど高くなる傾向が強く、最適な買取価格を得るには専門店および大手を含む3社以上の業者と交渉することをおすすめします。

競合相手が有名で多いほど価格競争は行われやすいですが、そのぶん顧客自身で各店舗に持ち込みまたは電話依頼をする手間は増えます。

近辺に買取店が少ない場合や査定結果を都度比較する暇がない場合は、一括査定サービスを活用するとスムーズに手続きを進めることが出来ます。

一括査定は見積り依頼を代行する業者に一度依頼する事で提携している近辺の業者全てに見積り依頼を行えるサービスです。

代行業者を選ぶ基準は大手や専門店、地域密着型の店舗と提携している数が最も重要であり、その次に提携している業者の総数で判断すると良い買取業者に当たる確率は高くなります。

専門店の名前や評判を把握しておく必要はありますが、一度の査定で複数の業者から査定結果を得る事が出来るというメリットがあります。

インターネット上で専門の代行業者に車両の情報を送信することで提携している業者から見積り情報を電話またはメールで受け取る事が可能なサービスです。

出張査定にも対応しており、エリア内に複数の業者が居る場合は同日中に依頼する事で獲得競争を誘いやすくなるというメリットがあります。

前提として複数の業者が出張査定に応じる必要がありますが、応じた業者は買取に意欲的であると考えて良く、代行業者を経由しているぶん信用重視で高値を提示することが多いと言えます。

一括査定は様々なメリットがありますが、個人経営など小規模な買取店としか提携していない代行業者を選ぶと取引成立まで帰ろうとしない、査定後に減額査定を付け直してくるなど問題のある業者に合う可能性もゼロとは言えないので注意が必要です。

 

しかしこのデメリットは大手の代行業者を選ぶことで解消可能です。

代行業者においては規模が信頼度に比例しているという認識で問題ないです。

高い買取価格を得たい場合は一括査定を活用することをおすすめします。

 

そして、もっとも安心かつスピーディーに高額買取を済ませたい方は、「ハッピーカーズ」がおすすめです。

幅広い車種の独自販売ルートを持っていて、ユーザーからはスピーディーで誠実に高額買取につながる事例が評価されています。Webサイトから簡単に査定ができますので面倒な電話もありませんし、出張クルマ買取りネットワーク加盟店数も日本No.1ですので、その後の手続きもスムーズです。

ぜひ、少しでも高額の査定価格で車を売りたい人は、「ハッピーカーズ」で自分の車種の買取り事例を自分の目で確かめてみてください。

最後に、ハッピーカーズで車買取を行ったお客様の声をご紹介します。

<藤沢市Y様>
過去に某買取店に査定に出した時、しつこい対応をされたことがあり、車の買取業者には良いイメージを持っていませんでした。
今回も新車買い換えのため、「ディーラーに下取りしてもらえばいいか」と思っていましたが、知り合いに一度買取店でも査定してみることをおすすめされ、ハッピーカーズさんを紹介してもらいました。
査定額を聞いたところ、ディーラーさんより高い額でした。しかし、査定士さんから「ディーラーさんは下取りに値引き分も載せることもあるから、意外と高い下取り価格になるんですよね。もしディーラーさんの方が高かったら、そちらで引き取ってもらった方がいいですよ」と正直な意見が。

しかし、そんな査定士さんの誠実な対応に好感を持ち、ハッピーカーズさんに売却を決めました。新車を買うなら、やっぱり買取店には一度査定してもらった方がいいですね。

今日の買取り車【ハッピーカーズ】

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント