車買取価格を上げるための交渉テクニック7つを徹底解説!

「あの新車を買いたい!」

「急な転勤が決まった…」

「あれを買うためにはまとまったお金が必要!」

人生の思わぬ場面で、【車を売りたい】と考えたことはありませんか?

しかし、初めての方は車を売る方法はどれを選べばよいのか悩んでいるかと思います。

ちなみに私は、「調べているうちにだんだん面倒になってきた…もうどこでもいいや」と投げてしまい、最後は後悔する自分を「知らなかったのだから仕方ない」と正当化して生きています(妻にはトップシークレットです)。

さて、今回は車を買取りに出す全方法のまとめと、心からお勧めする買取業者を紹介しようと思います!

私のように誤魔化すのではなく、「自分の愛車を最後まで大切にできた」と言える人が増えるように!(家族にも胸を張れるように)

それでは参ります!

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車買取店の仕組みとは

中古車の買取、販売を専門とする会社を車買取店と呼称します。

仕入れ先と主要な販売先の両方が一般市場であり、買取価格も市場の状況によって大きく変動するという特徴があります。

そのため、金額にこだわる場合は車買取店での査定を選ぶ顧客が多いとされます。

 

車買取店とは

車買取店とは、店舗持ち込みや出張査定などで一般の顧客から中古車を買い取り、自社内の拠点や業者用のオートオークション等で販売することを専門に行っている会社です。

買い取った車が商品となるサイクルを持つため、大手以外にも特定の客層を対象とした単一車種、メーカーを扱う専門店や、地域ごとに特化した店舗が多いという特徴があります。

競合が非常に多い分野であり、需要の高い車であるほど高額査定が付きやすいという利点があります。

 

車買取の一括査定との違い

買取店での個別査定以外の優れた買取手段として、一括査定があります。

流れとしてはインターネット上の代行業者に車両情報と電話番号、メールアドレスを送信する事で代行業者と提携している買取店に査定依頼が行われます。

一度の依頼で複数の業者に依頼できるという特徴があり、どの買取店に依頼するか決めていない場合に一括査定は便利です。

情報を基にした査定結果は電話またはメールで伝達され、その中から顧客が出張査定を依頼したい業者を選択して買取に進むのが大体の流れです。

一括査定は、複数の業者を比較できるのはメリットですが、結果が揃うまでに時間が掛かるというデメリットがあります。

連絡自体は依頼から早ければ数分で来るのですが、次々に電話が着信するため対応に追われて時間が掛かります。

連絡手段をメールのみに限定することも可能ですが、順次確認して比較するだけでも労力は掛かります。

一括査定で省けるのは店舗間を往復する時間であり、交渉や比較は通常通り行う必要があります。

 

ディーラー下取り

ディーラー下取りは現在乗っている車をディーラーへ下取りに出すことで、新車を安く購入するという買取手段です。

前回と同じ店舗に依頼するのが一般的であり、事務手続きを素早く進められるというメリットがあります。

しかし、査定額は買取店に比べて多くの場合、低くなります。

ディーラーは新車販売を専門とした業者のため、中古車の販売ルートは提携先の販売店やレンタカー業者など限定的なものとなっています。

そのため、買取価格にプラスできる利益が少ないというのが査定額の低さにつながっています。

また、下取りした車は新車の購入代金の一部として全額割り当てられます。

新車との差額によって疑似的に割引をする形式ですが、この時の割引額はディーラーごとに大体の限度規定が設けられており、下取り価格も規定の範囲内で設定されているとされます。

車両の状況や交渉次第では買取店と同程度の値段が付く場合もありますが、買取価格を重視する場合は車買取店の利用を推奨します。

 

 

車の買取相場を知ろう!

専門の買取店、ディーラー、オークションなど、どの買取手段を使う場合でも重要なのは乗っている車の相場を知っておく事です。

業者が最初に提示する買取価格は値段アップの交渉に応じるために相場より多少安くされている事が多いとされます。

交渉の仕方によっては最初から高額で応じる可能性もありますが、相場を知っておくと安かった場合に気づく事ができます。

最も簡単に相場を知る手段はインターネット上の査定シミュレーションです。

車のメーカーや車種、サイトによっては年式や走行距離を入力するとその場で査定参考額が表示されます。

入力項目が多いほど信用性は上がりますが、車両のカスタム状況や部品の摩耗度合い、修復痕などまでは考慮されないので自車の状況次第では参考になりづらいです。

車買取店の利用を考えている場合は先にディーラーに査定を受け、下取り価格を買取業者との交渉材料にするやり方がおすすめです。

下取りは時期や判断の保留による価値の変動が少なく、買取店の査定価格が低かった場合にあらためて下取りに出すという事も可能です。

逆に買取店の査定を受けて最初の参考にするのは避けた方が無難です。

参考にしたい場合は業者のホームページ上から買取実績を確認し、自分の車に出来るだけ近い条件で買い取られた車を探してどのぐらいの値段が付いたのかを見ると参考になります。

大手の買取業者であるほど掲載されている買取実績は多く、近い条件の車が見つかる可能性は上がります。

また、比較されることを前提に自信のある価格を掲載していると思われるので、一括査定を利用する際は知っておくと交渉に便利な情報です。

 

車買取の査定・交渉前にしておくべき準備

車の買取査定で必ず行う事として、書類の準備と事務手続きがあります。

基本的には業者側が必要に応じてアドバイスを行いますが、前もって準備しておくことで一連の流れがスムーズに進められます。

ここでは軽自動車と普通自動車の2パターンについて紹介します。

どちらの場合でも共通して必要なのが有効期限内の車検証、自賠責保険証明書、振込口座情報、預託済みの場合はリサイクル券となります。

普通自動車である場合は上記に加えて実印、1ヶ月以内に発行した印鑑証明書、自動車納税証明書が必要になります。

軽自動車である場合は軽自動車納税証明書、印鑑が別途必要になります。

査定を依頼する時点で必要なのは車検証と自賠責保険証明書のみであり、特に動かしていない場合は車内のダッシュボード等に格納されているはずです。

車検後に転居を行っている場合や姓が変わっている場合は必要書類が変わってくるため、買取店に別途相談を行う必要があります。

 

買取手続きを行うためには書類が必要ですが、交渉を上手くまとめるには事前知識が不可欠です。

自分の車の相場を知っておく事、交渉で良い結果を得られる業者選び、買取店同士の競争意識を高めさせる工夫などで査定価格は大きく変動します。

特に、自分に合った業者を探すのは重要です。

自分に最適な買取店を探す方法、買取価格を上げるテクニックについては次項から解説します。

 

車の買取価格を上げる交渉テクニックとは

どの買取手段を用いる場合でも相場を知っておくことは重要です。

買取価格が上がる要因は他社との競合であり、相場を仮想の競合相手とする事はディーラー、買取店を問わず可能なやり方です。

しかし最も高い価格を引き出したい場合は色々と工夫する必要があります。

ディーラーと買取店で評価するポイントは違いますが、ここでは買取店での交渉のコツを紹介、解説します。

 

査定の依頼は売却直前に行う

査定を依頼するときはその場で車を売却可能な状況を整えておくと業者に即決させる意欲が出るため、交渉が有利になります。

これは車買取店にとって車の市場価値が重要なためであり、査定当日の価格と数日後の価格が大きく違うことが珍しくないためです。

この時のポイントとしては有力な買取店の前にディーラーや一般の中古車買取店で見積もりを出してもらっておく事です。

即日買取を考えている物的な証拠になるほか、その見積もり以上の価格を出さないと買い取れないと認識させることができます。

もっとも、本命の買取店が一番高い価格を付けないと成立しない方法であるため、自分の車種を買取強化している買取店、特化路線を取っている買取店を調べておき、本命に持ってくる必要があります。

 

買取査定は3社以上から見積もりを取る

1店舗目で参考相場より高い買取店に当たった場合でも即決が良いとは限らないです。

その場合でも1店舗目の査定を希望価格として2店舗目以降と交渉した方が買取価格は高くなる傾向にあります。

競合相手は多いほど良いですが、絞り込みにかかる手間や労力はその分増えていきます。

効率的に価格を上げていける最低必要数は3社なので、買取を急ぐ場合は3社で比較を行う事を推奨します。

買取業者は同業他社と比較される事を前提として価格設定を行い、最初の提示価格は査定額より多少安く出してくるとされます。

そのため顧客が利益を追求する場合は業者間での比較・競合が不可欠と言えます。

 

自分の車に強い業者に交渉する

買取店はそれぞれ独自の販売ルートを持っています。

大手買取店だけでも十社以上存在し、有力な販売ルートを持っている車は違います。

多くの業者はホームページや店先に優先して買い取りたい車種を掲載しているため、自分が乗っている車両のメーカー、車種、年式等に合った業者を選ぶ必要があります。

特に輸入車や希少車の場合、海外拠点や輸入車専門店と提携している、同じ希少車の高価買取実績のある業者を選ばないと査定価格に大幅な差が出ます。

そういった車をこだわり無く売却する事は少ないと思われますが、譲渡された、安く買われた物を偶然入手した等で価値を理解しきっていない事もあるので注意が必要です。

 

日頃から車のメンテナンスをしておく

買い取った車を商品としている業者にとって、査定時点での車の状況は買取額にもっとも影響する要素です。

車体の細かい傷や部品の摩耗による修理・交換はプラス要素であり、専門店では車両のカスタマイズもプラス要素となります。

車の扱い方や思い入れなどを査定要素に含む業者は多いとされるため、日頃から車を丁寧に扱うに越したことはないです。

万が一事故歴があった場合は覚悟が必要であり、車のフレーム部分が歪んでいる場合は大幅な減額査定を受けます。

しかし、仮に事故歴があった場合でも正直に申告し、フレーム部分に損傷がない場合は整備によって回復可能なため、大きな影響はないとされます。

実際にどうなるかは業者だけが判断可能なため、減額査定を嫌がって申告しないのは厳禁です。

発覚した時点で事故歴に加えて大幅な減額査定が入るか、買取を拒否されるので正直に申告する必要があります。

 

査定では強気に出られるようにしておく

買取業者は車査定の専門家であり、査定価格にも明確な根拠があります。

同業他社と競合させることである程度の引き上げは見込めますが、商売である以上自社の利益を優先してくる事は理解しておく必要があります。

買取業者から高い金額を引き出すには業者にとって高い需要がある車を有力な同業他社と競合させ、限度額を的確に見極めて決定するなどの工夫が必要となります。

交渉時における顧客の対応も重要な要素であり、業者側に高く買い取ろうと思わせる印象を与える必要があります。

そのためにも車両の状態は整えておき、強気な発言に説得力を持たせると交渉を有利に進めやすくなります。

もっとも、この要素は特に業者と顧客の性格や慣れに左右されるところが大きいので、完璧にやろうとしすぎない事も必要であると言えます。

 

JADRIの加盟店舗に依頼する

車買取は業者の考え方と対応で買取価格が決まります。

現在は少なくなったとされますが、減額する要素を見つけた場合でも当日は顧客に伝えず、査定時は高い価格を提示して契約を行い、再査定で大幅な減額を伝えるという事も稀にあるようです。

この場合は契約解除を行うことが出来ますが、こうなると交渉に要した時間や他の業者との交渉の機会は台無しとなります。

トラブルを防ぐ手段として、JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している業者に依頼することも1つの手段です。

しかし、これまではJADRI加盟店に依頼することも多い中、現在では業界のしがらみにとらわれない大胆な価格提示ができる非加盟店が多数あります。

中でも、安心して買取査定ができるハッピーカーズなどもおすすめです。

 

同時出張査定を活用する

高い買取価格と信頼性を兼ねた手段として、一括査定があります。

大手の代行業者に登録している買取店は顧客からの評判が人気に大きく関係するため、対応の正確さは信用できると言えます。

他の業者と競合した上で買い取った車両は有力な買取実績となるため、交渉が多少苦手な顧客でも相応の価格が付きやすいというメリットもあります。

この際に重要なのはなるべく同時に出張依頼を行い、その場で業者間に直接競合させる同時出張査定を行う事です。

同時に複数の業者を集める行為自体に問題はありません。

依頼する業者は話術に自信があるなら多ければ多いほど良いですが、自信がない場合は特に評判の良い3~4社程度を目安にする事をおすすめします。

 

安心安全で交渉がスムーズな車買取なら!

買取価格を上げるコツやテクニックについて紹介しましたが、交渉相手である買取業者が話しやすい相手であるほど交渉のハードルは下がります。

地方ごとに特化した業者は地元の評判を広めることで集客を狙う形式であるため、対応の良さや正確性は高いと言えます。

地方特化の業者としておすすめなのがハッピーカーズです。

神奈川県の辻堂西海岸に本店を持ち、岩手から宮崎まで48店舗を展開している出張査定業者です。

初回査定価格を保証している実績と正確な査定技術を持ち、自社の最大査定額を最初から提示する分かりやすさが利用客から高い評判を集めています。

交渉が苦手な方でも安心して話すことができ、査定価格も高いハッピーカーズは本当におすすめの買取業者です(私がもっと早く知りたかった業者です…)。

車の買取り事例も豊富に記録されているので、自分の車種を検索すると買取り事例を確かめることができます。

近辺に「ハッピーカーズ」の店舗がある方は、迷わずご連絡してみてください!

参考記事:今日の買取り車【ハッピーカーズ】

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント