【MINIクロスオーバーR60】人気車種BMW MINIの買取なら

MINI(ミニ)クロスオーバーR60は、BMWMINIシリーズ初のSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)として2011年にデビューしました。

大柄なボディのMINIからは想像もつかないクイックなハンドリングとパワフルな加速が魅力的なクルマです。

MINIクロスオーバーR60のグレードは、代表的な「クーパーS」から特別仕様車「ジョンクーパーワークス」まで様々です。

また、前期モデルと後期モデルで、エンジンの仕様などが大きく異なります。

そのため、MINIクロスオーバーR60を売却する際には、MINIクロスオーバーR60の価値をしっかりと見出してくれる買取店に依頼しなければ損をしてしまう可能性があります。

今回は、MINIクロスオーバーR60を少しでも高く買い取ってもらうコツをご紹介します。

最後には私たち「ハッピーカーズ」の高額買取の秘密も徹底解説します。

大人気車種「MINIクロスオーバーR60」の魅力を解説!

今やクラシックカーの仲間入りを果たした「BMCミニ」「ローバーミニ」から、MINIはコンパクトカーの代名詞的存在です。

BMWMINIでサイズアップしたものの、小回りの良さは変わらずMINIらしさは変わりませんでした。

しかしMINIクロスオーバーR60(以下クロスオーバーR60)の登場でMINIは新しい時代を迎えます!

1.1MINIクロスオーバーR60とは

クロスオーバーR60MINI初のコンパクトSUVモデルです。

伝統の3ドア「ハッチバック」、ルーフをオープンにできる「コンバーチブル」、ステーションワゴンライクな「クラブマン」に続き、レジャースポーツを意識した「クロスオーバー」は4つ目のMINIとしてラインナップされました。

MINIといえばコンパクトなボディで街中を軽快に走れることが魅力のひとつだったので、大きなボディのクロスオーバーは、リリース当初、これまでのMINIファンからはあまり歓迎されませんでした。

しかし、MINIらしさがしっかりと継承された実用的なモデルとして、いまではMINIを代表する1台と言われるほどの人気車種です。

MINIクロスオーバーR60の特徴

クロスオーバーR60の特徴は、「後部座席ドア」と「大型ボディ」です。

コンパクトな3ドアがMINIのアイデンティティでしたが、後部座席へのアクセスの不便さが常々指摘されていたのも事実です。

そこで、3ドアMINIとは別のボディ規格を採用し、クロスオーバーで初めて後部座席ドアが装備されました。

クロスオーバーの大型ボディを3ドアMINIと比較すると、全長が約400㎜、全幅は約150㎜も拡大しています。

また、車高もSUVらしく約120㎜高くなり、「大きさがもはや”MINI”ではないのでは!?」との声もありましたが、ボディが大型になってもMINIらしい可愛いらしい面影を残したデザインにまとまっています。

MINIクロスオーバーR60が大人気である理由

前章でご紹介したクロスオーバーの特徴、「後部座席ドア」と「大型ボディ」がクロスオーバーを人気にした最大の要因です。

この2つの特徴がMINIにどのような付加価値を与え、人気車種となったのか、その理由について解説していきます。

お子様連れの家族にピッタリなMINI

MINIの後部座席は、ボディの大型化、そして後部座席にドアが備わったことで、3ドアハッチバックMINIと比較すると格段に使いやすくなっています。

後部座席ドアの開口部が見た目以上に広いところもポイントです。

チャイルドシートの搭載、お子様の乗り降り、3ドアハッチバックMINIのネガティブな要素を解決しています。

また、クロスオーバーの後部座席の乗り心地も魅力の一つです。

3ドアMINIとは全く別次元の乗り心地で、小さなお子様連れでも安心してドライブにでかけることができるでしょう。

MINIなのに大容量ラゲッジスペース!

ラゲッジスペース(トランクルーム)の容量がとても大きい事もクロスオーバーの人気の理由です。

3ドアハッチバックMINIR56)のラゲッジスペースの容量は160L、対してクロスオーバーR60のラゲッジスペース容量は倍以上の350Lです。

ゴルフバッグを横積みすることはできませんが、週末に家族でアウトドアレジャーに出かける際の荷物を積み込むには十分な容量です。

後部座席を倒すことで、さらに積載できる容量を拡張することができます。

その際の容量はなんと1130L!この状態にすると、ゴルフクラブを縦方向に積み込むことが可能です。

見た目はMINIなコンパクトSUV

MINIクロスオーバーはコンパクトSUVです。

BMWX1やスバル・フォレスターなどの一般的なSUVと比較すると、クロスオーバーは2回りほど小さなボディのコンパクトSUVです。

フォルクスワーゲン・ゴルフや日産・ジュークに近いサイズです。

クロスオーバーR60に乗り込むと、運転席からの視線が高い事に気付きます。

3ドアMINIのように路面に近いダイレクト感のある乗り心地はないものの、クロスオーバーはちょうど良い高さにアイポイントがあるため運転しやすくなっています。

クロスオーバーR60のコンパクトなボディは、立体駐車場にも軽々収まるサイズです。

マンションなどの立体駐車場が対応していないためSUVを諦めていた方にはぴったりのサイズです。

MINIクロスオーバーR60を買取査定に出す前の注意点

2011年にリリースされたクロスオーバーR60は、マイナーチェンジ・フルモデルチェンジを繰り返し、現在ではMINIを代表するモデルといわれています。

そんなクロスオーバーR60について、新モデルへの乗り換えなどを検討し買取査定に出すなら、事前に下記の点を注意しましょう。

車内を綺麗にしておく

クロスオーバーR60は外装だけでなく内装も非常にオシャレな車であることでも有名です。

クロスオーバーR60に限らずMINIを選択するユーザーは「コダワリ派」である可能性が高くなります。

そのため、車内が汚れているクロスオーバーR60は高く売却できないと考えられ、査定額が減額になることがあります。

とはいえ、専門業者に修理・清掃を依頼する必要はありません。

簡単に室内に掃除機をかけて、ハンドル周りを拭き上げるだけで十分でしょう。

売却時期を見極める

実は中古車相場は売却時期を見極めることが非常に重要です。

買取需要が高くなる時季は「12月~2月」です。

決算セールや新生活の準備などで3月に車の購入需要が高まります。

そのため、買取業者は3月に売る車の在庫を確保するために、高めの買取査定を提示する傾向にあります。

8月も狙い目です。

夏のボーナスでの購入需要の高まりや、9月決算で売上を取りたい買取店があるため、この時期にも査定額は高くなりがちです。

良心的な車買取店を比較する

クロスオーバーR60に限らず、愛車を手放す際には買取店選びが最も重要です。

どんな買取店も高額買取をアピールしていますが、買取店には得意・不得意の車種、販売ルートの違いなどがあります。

したがって、複数の買取店へ査定に出すことが車を高く売却するポイントといわれています。

複数の買取店に査定に出す際に便利とされているのが「一括査定サイト」です。

しかし、一括査定サイトを利用しても査定額は横ばい、複数の買取店との対応に追われて苦労をするという話は珍しくありません。

クロスオーバーR60の場合は、MINIに深い知識をもった買取店、国内のみならず海外での中古車相場にも詳しい買取店の査定で比較をすると、高く売却することができます。

その他のMINI車と比べてどうなの??

買取査定時にアピールポイントとなる、クロスオーバーR60の特徴をご紹介します。

ここでは、3ドアハッチバックMINIR56との違いを中心に、クロスオーバーR60のポイントを見ていきます。

 

乗車定員は4→5人へ!

その他のMINIにはないクロスオーバーの最大の特徴は「乗車定員が5人」であることです。

一般的な普通車は5人乗りですが、MINIの多くのモデルが4人乗りです。

クロスオーバーはMINIで初めて5人乗りが可能になりました。

さらに、後部座席ドアの高評価も相まって、クロスオーバーはファミリー向けとして他のMINIと大きく差別化を図ることに成功しました。

燃費は3ドアモデルと同等!

クロスオーバーは大きくなった車体の影響で車両重量が増しています。

R563ドア・クーパーS:約1,200Kg

R60・クロスオーバー・クーパーSFF1,390

※どちらも同じ第二世代で比較

 

3ドアと比較すると、クロスオーバーは約200㎏の重量増加です。

これが燃費にどのような影響を及ぼしているかというと、なんとクロスオーバーの方が若干良い結果になっています。

R563ドア・クーパーS6AT 13.6km/L

R60・クロスオーバー・クーパーSFF6AT 14.0km/L

 

さらに、クロスオーバーR60は後期モデルから「クリーンディーゼルエンジン」が採用され、クーパーSと同格のモデル「クーパーSD」は6AT 16.6km/Lとさらに燃費が向上しています。

細かいハンドリングはちょっと苦手?

R563ドアMINIの最小回転半径は「5.1m」、クロスオーバーの最小回転半径は「5.8m」と0.7m増しています。

そのため、ゴーカートのようなダイレクトな操作感は3ドアには及びません。

しかしながら、MINIらしい軽快なハンドリングは健在です。

特に後期モデルのディーゼルエンジンの高トルクとの相性がよく、高速域でのレーンチェンジから狭い市街地での運転まで軽々とこなせます。

狭い道路でのすれ違いも車幅の割には非常に楽で、トルクフルなディーゼルターボエンジンとの組み合わせが、ストップ&ゴーが多く道が狭い日本の道路事情にピッタリです。

MINIクロスオーバーR60を買取査定に出すなら

現行車のクロスオーバーF60から、カタログからMT仕様車が姿を消してしまいました。

MINIといえばマニュアル車!」という方は多く、中古車市場でクロスオーバーR60が人気な理由のひとつです。

しかしながら、年式・走行距離によっては期待しているほどの買取査定が出ない事もあるのが売却の難しい点です。

そこで、クロスオーバーR60をはじめ、新旧問わず多数の外国車の買取実績を持つ「ハッピーカーズ」の買取査定についてご紹介させていただきます。

 

車買取ハッピーカーズにお任せ!

愛車の価値に価値ある査定を行う「ハッピーカーズ」は、全国に50店舗以上展開しています。

「地元に愛される、地元に価値を提供できる」という理念を基に、全国各地で車買取を行っています。

ハッピーカーズでは、決裁権をもった査定士が愛車の買取査定に伺います。

お客様のご都合次第では、その場で現金化、車両の引き取りも可能です。

「引き取りは新車納車後にしたい」など、お客様のご要望には最大限お答えします。

安心・高価買取査定が魅力的!

ハッピーカーズは、国内のみならず海外にも販売ネットワークをもっています。

そのため、日本の中古車相場だけではなく、海外の中古車相場も意識して車買取を行っています。

クロスオーバーR60を始めとしたMINIシリーズも、数多く海外へと輸出しています。

また、地元密着スタイルのため大々的な広告活動は行っておらず、その分を買取額に還元したいと考えています。

MINIシリーズに精通した買取スタッフが、車の状態だけではない本当の車の価値に対し、お客様が納得できる高額査定を提示させていただきます。

【今日の買取車】BMW MINI クロスオーバー クーパーS ALL4(R60)約10万キロを100万円以上で高額買取

まとめ

新しいMINIの定番スタイルとして定着しているMINIクロスオーバーR60について、また、買取時のポイントについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

MINIクロスオーバーR60の売却を検討する際には、ぜひ「ハッピーカーズ」へご相談ください。

車を愛する査定士が、駆け引きなしの一発提示で愛車を決済してくれます。

まずはお気軽に「かんたんWeb 査定」にアクセスが可能です!

ハッピーカーズ:https://happycars.jp/

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント