【MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57】オープンカーも積極買取するお店!

「MINI(ミニ)クーパー コンバーチブルR57」という車をご存知でしょうか?
2009年に登場し、BMWミニにとっては2代目となるオープンカーモデルです。

初代の「Always Open」というコンセプトを継承しつつ、搭載するエンジンを新しくするなどの進化を遂げています。

この記事では、ミニ クーパー・コンバーチブルR57について紹介するとともに、この車を高額で買い取ってもらうにはどうすればよいか、どのような業者に頼めばよいかをご紹介します。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

女性にも人気!MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57の良さ

まず、「ミニ クーパー・コンバーチブルR57」という車について説明していきます。

「クーパー」、「クーパーS」の2グレードが用意され、新型のパワフルなエンジン、優れた燃費性能、後方視界と安全性が向上したアクティブ・ロールオーバー・バーなど、魅力的な装備を持ち合わせたモデルとなっています。

MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57が搭載する機能!

第一世代より継続して生産されてきた「コンバーチブル」ボディーですが、2009年に「MINI(ミニ) コンバーチブルR57」としてモデルチェンジを果たしました。初代の「Always Open」というコンセプトを継承しつつも、新しいエンジンを搭載し、同時にパワーと優れた燃費性能を手に入れ、進化を遂げています。

新型の1.6リッター直列4気筒エンジンは、ミニ・ハッチバックと同様、出力はクーパーが120馬力、クーパーSが175馬力のパワーを発揮します。これに6速AT、MTミッションを組み合わせ、燃費性能は初代モデルよりも最大で40%も向上しました。

ルーフはソフトトップを採用。先代のミニ・コンバーチブルは、停車時しかルーフの開閉はできませんでしたが、2代目(R57)では時速30km/hまでなら走行中でも開閉ができるようになりました。これにより、突然の雨などでも車を停める必要がなくなり、先代に不満のあったユーザーにとっては非常にありがたい仕様となったと言えます。

初代モデルはロールオーバー・バー(横転時にドライバーの頭を保護する、シート後部にある半円のバー)が大きく、後方視界が少し悪かったのですが、R57では格納式の「アクティブ・ロールオーバー・バー」を採用し、後方視界が向上しています。

安全面としては、横転の危険をセンサーが感知すると、自動的にロールオーバー・バーがせりあがって頭を保護するようになっています。ソフトトップの開閉時間は、初代と同様に15秒程度です。

2010年4月には、「ブレーキエネルギー回生システム」を搭載しました。「ブレーキエネルギー回生システム」とは、減速時に生じる運動エネルギーを電力に変換する装置のことで、さらにMT車にのみエンジンスタートストップ機能(アイドリングストップ)が装備されています。これにより、最大で33%燃費性能を向上させることに成功しています。また、MTモデルはエコカー減税50%の適合車となりました。

MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57の最大の良さとは?

「オープンカーは風が当たるので寒い」、という印象があるかもしれませんが、外を歩いて寒くない格好で運転すれば、エアコンなしでも問題はなく、シートヒーターが付いたモデルなら上着なしでも快適にドライブを楽しめるでしょう。シートヒーターはコンバーチブルのオーナーに人気で、電源を入れれば、すぐに背中とお尻を中心に暖めることができます。

フロントガラスが風を受け流すため、ちょうどいい感じで風が当たり、心地よいドライビングを楽しめるほか、走行時の風が直接当たらないため気温は外を歩いているときとほぼ同じで、日の高い時間帯ならば冬でもルーフを開けてのドライブを楽しめるでしょう。

充分な厚みのある生地は防寒性・遮音性にすぐれ、ソフトトップを閉めれば他のモデルと同じくらいに暖房が効く室内環境になっています。

 

オープンカーや旧車も積極買取するお店の特徴

次に、オープンカーや旧車を積極的に買取りしてもらうには、どのようなお店がいいのか見ていきたいと思います。

独自のルートで買取を行うお店

少しでも高額買取をしてもらいたい場合、ディーラーよりも買取業者の方が良い場合が多いです。車を換金することに対するプロフェッショナルである買取業者は、車の製造・販売をメインとするディーラーよりも手広い換金方法を提供してくれます。

高く売れる可能性が高い理由は、中古車として販売する際も安くパーツを手に入れ、整備をしたうえで、独自のルートで販売を行うからです。それゆえ必然的に査定価格が高くなります。

独自の販売ルートを持っていても、旧車などのコアなファンがいるような車種の場合、オークションにかけてさらに高く売るという手法を使う業者も少なくありませんし、海外に市場を持っている業者は過走行車や事故車であっても高く買取ってくれることがよくあります。

買取金額は業者によって差が大きいため、査定額を少しでも上げたいのであれば、複数の業者と比較することが必須となります。

後ほどご紹介させていただきますが、湘南地区を拠点とする自動車買取業者、「ハッピーカーズ」がおすすめです。

地域のお客様に満足をご提供するため、「どこよりも、1円でも高く買取る」を目標に掲げています。そのためにマーケット価格を常にウォッチし、どの程度の車がどれくらいの金額で評価されるかというシミュレーションを日々行い、その車の価格のポテンシャルを最大限に引き出すことに成功しています。

詐欺や二重査定がないお店

個人売買に多いケースですが、「代金は後払いにしますから」と言ったきり代金が振り込まれないような詐欺行為や、「二重査定」といって、最初の査定で驚くような査定額をつけて、車を引き上げた後で「ここに傷がある」「エンジンに異常がある」などと難癖をつけて振込額を減額するという行為には注意が必要です。

特に二重査定については、「車の引き上げ後にトラブルが見つかった場合は、再査定を行います」と記載されている場合もあります。それは分かりにくく記載されているため、泣き寝入りをする人が多いといわれています。

対策としては、やはり信頼できる大手買取店に依頼することが大切です。
もしトラブルに巻き込まれてしまった場合は、地域の消費者センターに相談しましょう。

 

 

MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57を積極買取するお店は?

続いて、ミニ クーパー・コンバーチブルR57を積極的に買い取ってくれるお店を2つご紹介します。
2社ともに二重査定がなく、安心して査定を依頼することができます。

ガリバー

全国に550店舗を展開する自動車買取業者で、自動車買取・販売ともにトップクラスの企業です。

地域や季節、タイミングなどによって刻々と変化する車の相場価格。全国を網羅する約130ヶ所のオークション会場から集められた最新の相場価格のデータを本部がリアルタイムに把握し、そのデータベースをもとに、豊富な知識・経験を有する査定士が査定額を決定する「本部査定システム」を採用しているほか、オンラインでの無料査定も行っています。

その他にも、自動車ローンの残債確認手続きのサポートや、名義変更に必要な書類の案内なども行なっています。在庫期間を短縮して車の管理費などのコストを削減して、削減した分を買取額に還元しています。

アップル

1989年創業の老舗で、全国に241店舗を展開しています。オリコン顧客満足度調査において、5年連続で車買取業者部門の第1位を獲得している自動車買取業者です。

自動車の売却をするにあたって、充分な納得を得るために提示する査定額についての内容を丁寧に説明しているほか、本部のプライシング事業部で、オートオークションの相場データを分析し、一元管理。どこの店舗でも均一な査定価格を提示し、不透明な買取価格を提示することをしていません。

オークションの最新情報を常にキャッチしているため、メーカーや車種、タイプなどを問わず、あらゆる車の売却タイミングをアドバイスしています。さらには、自動車の販売、修理、車検、自動車保険、免許の返納など、自動車買取の枠を超えた相談にも答えています。

MINI(ミニ)クーパー・コンバーチブルR57の高額買取ならハッピーカーズ!

先ほど紹介した大手の企業よりも、さらにおすすめの企業をひとつご提案します。

それが私たちハッピーカーズです!
創業してまだ日が浅いですが、急速なスピードで成長を遂げています。

ここではハッピーカーズの魅力と、買取事例をご紹介します。

ハッピーカーズなら良心的で即日査定!

ハッピーカーズは「”徹底的に売り手の利益を追求することで、地域に貢献していく”」ことを目標に掲げ、運営しています。

査定する際は提示価格の理由をできる限り開示し、お客様に説明していくことによって、単に「高く買い取ります」という言葉ではなく、適正な査定の上で最もふさわしい最適価格を提示することをお約束しています。それが業者間において実際に支払われる金額の最高値であることを確信し、それを目指しています。

ハッピーカーズは、地域密着型の車買取専門店です。誠実に、徹底した明確な査定をし、適正な価格を提示することを実行していき、信頼を獲得すること。それに加え、最小限のインターネット広告と、地域紙や折込チラシを中心とした最低限の宣伝活動を続け、口コミによる高い評価を得ています。

大きなショールームやテレビCM、屋外広告媒体に頼ることもしていません。こうして、維持費や広告費などのコストを大幅に削減し、買取価格へと還元しています。

先述したように「どこよりも、1円でも高く買取る」ことを目標として、マーケット価格を常にウォッチし、どの程度の車がどれくらいの金額で評価されるか、というシミュレーションを日々行うことで、その車の価格のポテンシャルを最大限に引き出しています。

さらに、中古車オークションなどの市場に流通させる前に、ハッピーカーズ独自のメンテナンスを行うことで、その車の価値を最大化させることに成功しています。

また、ハッピーカーズは即日査定を行っています。問い合わせをしてからすぐに査定スタッフが指定した場所に向かい、プロフェッショナルとしての目線で、テキパキと査定をさせていただきます。査定終了後にはモバイル端末を使ってマーケットデータを呼び出し、査定表と照合して、いま出せる最大の買取金額をご提示いたします。

ハッピーカーズのMINI買取事例

最後に、ハッピーカーズにおける、MINIの買取事例をご紹介します。

今回ご紹介した「ミニ クーパー・コンバーチブルR57」ではありませんが、同じ第2世代の「MINI クロスオーバー クーパーS ALL4 (R60)」の買取事例をご紹介します。この車はMINIの中でも初のSUVで、フルタイム4WDを搭載したモデルです。

ハッピーカーズに持ち込まれたMINI クロスオーバー クーパーS ALL4は、「MINI純正ルーフボックス」が純正ルーフバーに装着されていました。買取店では「査定には評価されませんから、ご自身で売るのをおすすめします」と言われてしまいがちなオプション装備ですが、ハッピーカーズはプラス査定とさせていただきました。

走行距離は、あと少しで10万kmに届きそうなほどの過走行車でしたが、ハッピーカーズは「お客さまがこだわって乗ってきたお車だからこそ、絶対に買わせていただきたい」という気持ちで、100万円以上の査定額をご提示させていただきました。

高い金額で買取った理由は、「この車が欲しい」という業者に販売していて、在庫リスクもなく、コストもかかっていないためです。ハッピーカーズは限界まで高く買取りさせていただきます。

まとめ

第2世代の新しいミニ・コンバーチブルは、「ブレーキエネルギー回生システム」や、「アクティブ・ロールオーバー・バー」など、先進の装備も搭載した魅力的な車でしたね。

ハッピーカーズでは、BMWミニの買取にも自信があり、車のタイプを問わず、過走行車でも買取が可能です。
お手元に売りたいBMWミニがある方は、「ハッピーカーズ」にぜひ一度ご相談ください!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント