【ハイエースワゴン100系買取】古いハイエースワゴンは高く売れるのか?

ハイエースワゴン100系をお持ちの方で売却を検討している方の中には、果たして古い車がどれだけ高く売れるのかという疑問をお持ちの方も多いと思います。

ハイエースワゴンの4代目にあたるH100系は、1989年から2004年まで販売されました。

ハイエースの良い点はキャブオーバー型で頑丈なため、年式が古く、走行距離が多くても買取価格がつくことです。

今回は、そんなハイエースワゴンの魅力と、高額買い取りされる理由、売却する際に気をつけること、おすすめの買取店について解説します。

 

「ハイエースワゴン100系」古い車種でも買取される理由

why

100系は2004年まで16年間販売されてきたロングライフのモデルで、中古車の流通量も豊富です。

しかし、その人気の高さからどれも走行距離が長くても高値で取引されています。

ここでは、その人気の秘密をご紹介します。

ハイエースワゴン100系の優れたスペック

1989年にそれまでのH50系からフルモデルチェンジしてH100系としてデビューしました。

それまでの2Lガソリンエンジンは新開発機種になると同時に2.4L仕様が新設されました。

その後、機能性を高める新しいシステムがいくつも導入され、200系へバトンタッチされるまで毎年のようにマイナーチェンジが行われました。  

ハイエースの魅力

ハイエースの一番の特徴とも言えるのは何にでも対応できるその多目的性です。

ハイエースは非常にバリエーションの豊富な車で、同じハイエースといっても車の長さや幅が異なります。

車種も、バン、ワゴン、コミューターの3種類あり、どのタイプのハイエースも室内空間が広く、どんな用途にも使えるだけの十分な広さがあります。

荷室の広さとあわせてシートアレンジの自由度が高いのもハイエースの魅力です。

ハイエースのエンジン

ハイエースにはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方がラインアップされていますが、ディーゼルエンジンのほうが特に低速域でトルクが強いです。

通常、重い荷物を積んでいると、坂道や高速での加速発進が鈍くなりがちですが、ディーゼルエンジンの場合、力強く加速します。

ハイエースの車体自体が大きく重いので、トルクが強いディーゼルエンジンの方がストレス無く運転できます。

ハイエースワゴン100系の装備

標準尺ボディの最上級グレードのハイエース100系スーパーカスタムリミテッドには、このグレードだけの専用メカニズムである電子制御サスペンションが採用されています。

エクステリアではミドルルーフに解放感のあるトリプルムーンルーフが標準で、バンパーもドアハンドルもボディと同色のオールカラードで、すべてのウィンドーは専用のブロンズ色、ドアウィンドーはUVカット+撥水タイプとなっています。

他にもオプティトロンメーター、本革巻きのステアリングホイールとシフトレバーノブ、メモリー付き電動チルト&マニュアルテレスコピック式チルトステアリング電動スライド式運転席など、装備が充実しています。

ハイエースワゴン100系が高額買取される理由

ハイエースが高額で買取される理由は、その耐久性と海外市場における需要の高さにあります。

特に中古ハイエースは世界中でニーズがあり、海外で高く売れる傾向があります。

その中でも、特に途上国で圧倒的なシェアを獲得しており、東南アジア、アフリカ、南米、中東、様々な地域でハイエースの需要が高くなっています。

ハイエースの優れた耐久性

ハイエースの魅力の一つに、耐久性があります。

エンジンには、タイミングチェーンを採用しているモデルなのでタイベルトの交換も不要です。

20万kmを走行してもノントラブルで走行できるとも言われているようです。

そのため、ハイエースは多少走行距離が長かったとしても、特に業務用の中古車として、高額で売ることができるのです。

海外ではまだまだ現役

1989年の発売以来、ハイエースH100系は毎年のようにマイナーチェンジを重ね、200系にバトンタッチされるまでの15年間に、実に11回ものマイナーチェンジを経験しました。

熟成された型のハイエース100型は走行距離が10万kmなんていうのも珍しくありません。

実際にはこの手の古いハイエースは海外での需要が非常に高く、日本で使用しなくなったハイエースはアジア、アフリカ諸国に多数輸出されています。

そして、輸出先の国で新たに仕事用の車や、タクシーとして使用されています。

そのため、オートマ車よりも修理が簡易なマニュアル車、荷物がたくさん乗るバンタイプ、エンジンの耐久力があるディーゼルエンジンが好まれる傾向があり、「バン」「マニュアル」「ディーゼル」の3つの要素が入っているハイエースは、どんなに古くても査定価格が高くなる傾向にあります。

もちろん車検が切れていても問題ありません。

国内では10万kmを超えた中古車はあまり買い手が付きませんが、世界中にはまだまだニーズがあります。

 

ハイエースワゴン100系は国内では希少?

現行のハイエース200系の先代モデルに当たるのがハイエース100系です。

バン、ワゴン、コミューターの3種類がラインナップされているのは現行モデルと同様です。

ハイエース100系は生産終了から10年以上経ったモデルということもあり、中古車価格はお手ごろですが、中古車として海外で人気なため日本国内にはあまり車両が残っていません。

そのため、むしろ中古車市場では、100系は、希少価値が高く手に入れ難い、人気のモデルです。 

 

ハイエースワゴン100系の買取価格を高めるには?

ハイエースバン100系は、古い車種ではあるものの、売却方法を工夫することで、高額買取を実現することができます。

その際、大前提として、中古車買取店に依頼することが重要です。

ディーラーに依頼をしてしまうと、格安で買い取られてしまう場合があるためです。

ただし、近年では、中古車買取店も増えてきており、どこの買取店に依頼をすればいいのか分からないという人も多いと思います。

ここでは、そんな方に向け、買取価格を高める方法をご紹介します。

海外輸出入事情に詳しい買取店に任せる

それぞれの国に応じて、同じハイエースバンでも型式等の需要には偏りがあります。

また、国によって売れる値段も異なってきます。

海外輸出入事情に詳しい買取店なら、中古車業者の中間マージンを省いた独自の販売網により管理コストがカットでき、他の業者より高く買い取った上で利益を上げられます。

そのため、買い取り先を探す際、その車種に強いお店を見極めることが大切です。

この点、ハイエースバンのディーゼル車は人気車種でブランド力があるため、専門店を見つけるのはさほど難しいことではありません。

一括査定や下取りでは査定しない

自分の愛車を売る際、インターネットで複数の買い取り業者に一括して見積依頼をする方法や、ディーラー下取りと呼ばれる方法があります。

しかし、注意しないと思わぬトラブルの元になります。

一括査定の注意点

まず挙げられるのは、申し込み後にさまざまな業者から多くの電話がかかってくることです。

一度、知られてしまった電話番号は取り消すことが難しく、実際には手間がかかってしまうことが多いため、避けておいた方が無難です。

また、過去には申し込み後の出張査定の際に、営業マンがなかなか帰ってくれない、というトラブルも発生しました。

営業マンも仕事ではあるので、自社で契約を完了させるまでは帰りたくないという心理が働きます。

そのため出張査定で自宅まで来た営業マンは、契約するまで引き下がることが少なくなく、結果的にトラブルへと繋がってしまうのです。 

さらに、車査定をして契約が成立した後に「再査定」といって、一括査定で提示された買取価格が一方的に変更されてしまう場合があります。

ディーラー下取りの注意点

ディーラー下取りとは、新車をディーラーから購入する際に、現在乗っている車を下取りに出すことによって、新車の購入費用を割り引いてもらうという取引です。

売買取引相手が一社であり、手続きが簡単に済むというメリットがある反面、ディーラーが新車販売をメインの生業としているため、高価買取が期待できないというデメリットがあるのです。 

ハイエースワゴン100系を高額買取する中古車買取店

ハイエースワゴン100系は、日本国内よりも東南アジア、アフリカ、南米、中東で人気があります。

中には走行距離10万kmを超える高走行距離車で、日本では逆に廃車処分料を取られるようなケースでも、これらの国では、エンジンさえ動けば欲しいという人が数多くいます。

そんなハイエースワゴン100系の本当の価値を理解し、高価買取してくれる中古車買い取り店であるハッピーカーズの買取事情について解説します。

~中古車買取ならハッピーカーズにお任せ~

ディーラーでは廃車してしまうような車でも、ハッピーカーズという中古車買取店なら、独自のメンテナンス技術と広範な販路によって、中古車マーケットに流通させるため、高価買取が期待できます

ハッピーカーズでは、廃車・解体は最後の手段と考えており、大事な車を安易に廃車にすることはありません。

手間なくできる出張買取

ハッピーカーズでは、お仕事に行く前や、学校へ行く前といった隙間時間に依頼ができる出張査定を行っています。

実際の車両の引き取りも朝一から引き受けています。

ハッピーカーズでは名義変更手数料、抹消手数料、車の引き取り手数料など全て無料で行います。 

なぜハッピーカーズでは通常の店舗での査定ではなく、出張査定のみを行っているのでしょうか。

それは、ハッピーカーズの方針として、最高の査定額を提示し、できる限りお客様に還元したいという思いがあるからなのです。 

通常の店舗型の中古車買取店は、たくさんのネット・テレビの広告を打ち、プロモーション施策によって知名度を上げ、査定も店舗で行うのが一般的です。

その点、ハッピーカーズは出張買取専門と宣言することによって、店舗の運営費や固定費を削減し、その分をお客様に還元しています。

また、広告費も極力かけずにできる限り口コミでの認知拡大を目指しています。 

 

~ハイエースワゴンの高額買取事例~

最近ではハイエースといえば、角張った200系が主流ですが、丸みを帯びた100系のハイエースもまだまだ元気に流通中です。

流通しているものも、やはり海外輸出向けがほとんどです。

つまり、相場は高値で安定しています。 

特にハッピーカーズでは、高額買取の実績が多数あります。

平成12年式で、型式RZH101G ガソリン スーパーカスタムで10-15万円、型式KZH116G ディーゼル グランドキャビンではなんと100万円以上で取引されている例も存在します。

高値がつきやすいのはハイエースバンですが、昨今ではハイエースワゴンも粘り強く相場を維持しています。

 

まとめ

日本国内でも海外でも人気が落ちないハイエース。

今回はその魅力の一面をご紹介しました。

車齢が古い過走行車でも、まだまだ高値で取引されているという現状が分かったのではないでしょうか。

ハイエース100系がデビューした頃は、普通車(3ナンバー)サイズの乗用車が今ほど一般的でなく、ハイエースは税制面で有利な小型車(4/5ナンバー)サイズにこだわって開発されました。

例えば電動スライドドア、パワーイージーアクセスシステム、スーパースライドシート、トリプルサンルーム、イージークローザーなどは業務用イメージが先行していたワンボックスの枠を越えた装備と言えるでしょう。

しかし、シートやトリム類も上質なものとなり、ラグジュアリー性が格段に高められた100系ハイエースは、ファンの注目を一身に浴び、現在でも国内外で人気を誇っています。

ご自宅に眠っているハイエース100系がある方は、是非、一度、ハッピーカーズに査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント