ハイエースバン200系ガソリン車を買取査定を後悔しないための注意点

高性能と耐久性の高さから、国内・海外問わず中古市場において評価の高い車、トヨタのハイエース。

ハイエースにはディーゼルエンジン仕様もありますが、今回はガソリン車を取り上げます。

車を売るということは、普通人生でそう何度も経験することではありません。

愛車を手放す時には、愛車の価値をきちんと認めてくれるところを探し出して後悔なく売りたいと皆さんも考えるのではないでしょうか。

今回は、もし今まで乗ってこられたハイエースバン200系ガソリン車を事情により手放すことになった場合の注意点と、後悔しない中古車買取業者について解説します。

 

ハイエースバン200系ガソリン車の買取額は?

ハイエースバン200系ガソリン車を買取査定に出した場合、いくら位の金額が付くのでしょうか。

ガソリン車の特徴やディーゼル車との違いを説明し、具体的な買取額相場をご紹介します。

ハイエースバン200系ガソリン車の特徴

トヨタ・ハイエースの初代が発売されたのが1967年。

以来50年もの年月、日本を代表するバンとして多くの人に愛されてきました。

そして、ハイエース200系は2004年の販売開始以来、数度のマイナーチェンジを経て、現在の5型が最新型となっています。

では、このハイエース200系のガソリン車にはどのような特徴があるのでしょうか。

まず、搭載されるエンジンは排気量2700ccと2000ccの2種類、どちらも6AT車です。

高燃費のディーゼル車と比較したくなりますが、実際にはそんなに大きな差はありません。

また、街中の走行程度であれば走りに不満を感じることも少なく、音も静かです。

何より、価格の安さから200系ハイエースのガソリン車は、ディーゼル車を販売台数で上回っています。

走行性能と価格面のバランスがよい、コストパフォーマンスに優れたモデルと言えます。

ハイエースバン200系ガソリン車とディーゼル車の違い

そんなハイエースバン200系ガソリン車とディーゼル車とはどのような違いがあるのでしょうか。

簡単に言うと、走行性能と耐久性を重視した「ディーゼルエンジン」、走りと価格のバランスを重視した「ガソリンエンジン」と言えます。

高トルク・高パワーのディーゼル車は、荷物の重量を気にせず、高速や坂道をスムーズに走行できます。

また、耐久性に優れたディーゼルエンジンは、年式の古いモデルであっても中古市場で高額買取されています。

ガソリン車と比べると車両価格が40万円ほど高いものの、5~10年という長期的なスパンで乗り続けるのであれば、燃料費が安いディーゼル車の方が、ガソリン車に比べコスト面でお得と言えます。

一方、ガソリンエンジン車の方も、日常生活レベルでは走行性能にとくに不満を感じさせることはないでしょう。

また、ディーゼル車特有のエンジン音や振動がないため、乗り心地がよいことも挙げられます。

そしてエンジントラブルが少なく、さらに修理工賃が安いガソリン車は、メンテナンスのし易さと整備費用面でのメリットが期待できます。

たしかに燃料代の効率性ではディーゼル車には劣りますが、もともと車両価格が安いので、街中の走行がメインであれば、コストパフォーマンスに優れたガソリンエンジン車はおすすめです。 

 

ハイエースバン200系ガソリン車の買取額相場

ハイエースバン200系ガソリン車の買取額相場を具体的にみていきましょう。

代表的なグレードについて記載します。

排気量2000ccクラス

<2WD 型式:TRH200V TRH200K DX系>

走行距離6万km未満:95万円から 195万円

走行距離6万km以上12万km未満:80万円から 110万円

 

<2WD 型式:TRH200V TRH200K スーパーGL系>

走行距離6万km未:145万円から 235万円

走行距離6万km以上12万km未満:100万円から 170万円

排気量2700ccクラス

<2WD 型式:TRH211K スーパーGL系>

走行距離6万km未満:165万円から 240万円

走行距離6万km以上12万km未満:90万円から 170万円

 

4WD 型式:TRH216K スーパーGL系

走行距離6万km未満:210万円から 290万円

走行距離6万km以上12万km未満:120万円から 215万円

 

※価格の幅は、年式が1年未満から10年落ちのものを含んでいます。

この相場価格は、修復歴(事故歴)なしとして算出していますのでご注意ください。

 

【ハイエースバン200系ガソリン車】買取査定依頼の注意点

attendant

さて、実際に買取査定を依頼する場合、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

キズ・へこみなど状態に問題がないか確認する

まず、愛車のボディにキズ・へこみなどがないかをよく確認しましょう。

中古車ですから多少のキズやへこみがあるのは当然です。

そのため、小さなキズやへこみ程度であれば減額されることはありません。

しかし、一定基準を超えたキズ・へこみそれぞれについて減点基準が設けられていて1点を1,000円として計算されます。

たとえば1センチ四方以上のキズがあった場合、マイナス10点の査定を受け、10,000円のマイナス査定が出されます。

へこみも同様で、要交換レベルになると、部位によっては10万円を超すマイナスが出ます。

キズ・へこみの程度や個数によってはかなりのマイナス査定が出る可能性があることを念頭に入れておきましょう。

国内需要よりも海外需要が高まっている

ハイエースバン200系ガソリン車は国内でも人気がありますが、海外需要の高さはそれを上回ります。

国内であればふつう廃車扱いされる走行距離15万km程度のものであっても、海外であれば程度のよい中古車として取引されます。

とくにアジア・アフリカなどの新興国での、壊れない車としてのトヨタ・ブランドは確立されており、タクシー、バスから作業車まで広範囲に使われ、現地の生活・産業に大きく貢献しています。

ですから、新興国では50~100万km走ったハイエースも珍しくありません。

 

ただ、海外需要が高いと言ってもそこにはそれぞれの国・地域のいろいろな事情が絡んでくるため、型式、グレード、トランスミッションなどにより買取相場が異なってきます。

一般的に海外ではディーゼルエンジンが好まれる傾向にあり、価格もディーゼル車がガソリン車を上回るとされています。

しかし、国・地域によっては必ずしもそうとは限りません。

例えば、アフリカの内陸にあるコンゴ民主共和国はハイエースバンの輸入台数がアフリカでトップクラスですが、そのおよそ9割がガソリン車です。

下取りや一括査定には依頼しない

さて、愛車の処分先として買取店のほかにディーラー下取りや一括査定という手段が思い浮かびます。

しかし、以下の理由でお勧めできません。

ディーラー下取り

下取り店で売却する場合、そのお店で新たに車を購入するため、販売店と顧客としての信頼関係を築き易く、また買取手続きを簡略化できるメリットはあります。

ただ、査定価格は基本的に買取店に比べて低くつきます。

下取り額が決められている

新車購入時の値引き比率には一定の基準が設けられており、下取り額がこの基準額を超えることは通常ありません。

カスタマイズはマイナス査定

ディーラーは新車の販売を専門としているため、カスタマイズされた車は評価されずマイナス査定となります。

買取店では、プラス査定になる場合が多いことを考えるとこの点はかなりのデメリットです。

価格の競合がない

処分先がディーラーに決定しているので他社との競合が無く、最初に提示された価格からの上乗せは基本的にありません。

一括査定

web上での一度の入力で簡単に複数業者から出張査定を受けられる一括査定は、競合する業者が多く高額査定がつき易いため、一見すると効率の良い手段です。

しかし、実際は長時間の電話対応や煩雑なメールでのやりとりに労力を費やすことになりがちです。

また、一括査定の依頼後にしつこい電話勧誘がかかってくることを覚悟する必要があります。

さらに、地方などではそもそも買取店の数が少ないため、エリア対応のよくないサービス業者に頼むと査定は1社だけという事もありえます。

そして、個人情報を入力する事による個人情報の漏洩の懸念もあります。

 

ハイエースバン200系ガソリン車を高額買取するお店

下取り、一括査定を頼まないとすると車買取店がおすすめです。

では、ハイエースバン200系ガソリン車を、間違いなく高く買い取ってくれるお店について解説します。

中古車の査定に出すなら【ハッピーカーズ】

テレビやネットでおなじみの有名店がいくつかあるかと思います。

しかし、その中でも、今回はあまりメディア露出をしていない出張買取のハッピーカーズについて解説します。

高額買取を買取をするために、具体的にはどのような特長があるのでしょうか。 

徹底的な経費削減

2016年にオープンしたハッピーカーズは、神奈川県の藤沢市辻堂西海岸に本店を置き、

現在全国で48店舗を展開する成長著しい中古車買取り店です。

出張買取を専門とし他店に見られるような大きなショールームを持たず、また過剰な広告宣伝費を極力抑えることで徹底した経費削減を実現しています。 

明確な査定と適正価格の提示

中古車買取り事業にとって重要なことは、明確な査定と適正価格の提示である、とハッピーカーズは考えています。

これを実現するため、実際に細部まで査定した担当者に提示価格の理由を説明させ、価格決定権を与えています。

そして売り手との複雑な価格交渉は一切省けるように、あらかじめ設定した査定基準と市場の動向に沿って最初からその時出せる最高価格を一発提示します。

ですから、査定開始から価格提示まで10~15分程であることも珍しくありません。

これも、広告費を削減した地域密着モデルを徹底した結果、顧客への利益還元を第一に追求できるハッピーカーズならではなの特徴です。

海外に独自の販売ルート

ハッピーカーズは、海外、特にアフリカで実績を積み上げることで信用を得て独自の販売ルートを築き上げることに成功しています。

そのため、国内では価格が付きにくい販売開始から10年を経過した車や走行距離10万km以上の車の高価買い取りを実現しています。

出張買取で手間なく査定できる!

出張買取を専門とするハッピーカーズですが、出張買取にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず店舗に持ち込む必要がないため、査定のための時間と場所の融通が利きます。

自宅や職場はもちろん、たとえば休日に訪れた公園の駐車場で査定を受けることも可能です。

また店舗によって変わってきますが、たとえば日の出と同時の査定も可能である場合があります。

出勤前のクイック査定、さらに早朝引き取りが可能です。

そして、ハッピーカーズには回送運行許可証の交付を正式に受けている事業所が多いので、車検切れの車であっても買い取ってもらえます。

さらにバッテリー上がりの車にも携帯バッテリーとケーブルを常備することで対応しているので安心です。

【ハイエースバン買取事例】

画像

では、ここでハイエースバンの買取事例を二つ紹介します。

スーパーGL ダークプライム ガソリン車を高額買取

平成26年式 ハイエースバン スーパーGL ダークプライム  走行距離35000km

 ハイエースバンガソリン車は、評価が高いディーゼル車に比べて定額の買取金額しか付かないとよく言われます。

しかし、ハッピーカーズはガソリン車も高値で買い取ります。

トヨタ系ディーラーの下取り査定で160万円しか付かなかったスーパーGL ダークプライム 走行距離35000kmに対し220万円の一発査定、60万の上乗せで査定されました。

静かで快適な乗り心地を約束し、また実際にはディーゼルより売れているガソリンエンジン車のよさを誠実に査定した結果です。 

スーパーGL 4WD 3.0ディーゼルターボ を高額買取

平成19年式 ハイエースバン スーパーGL 4WD 3.0ディーゼルターボ   走行距離55000km

もちろん人気グレードで程度がよい車であれば、ハッピーカーズはその価値を正しく評価し、高額買取します。

できるだけ安く買いたたく査定は簡単ですが、本当に難しいのは愛車の価値査定に納得してもらうことです。

このスーパーGLは特に程度のよい車でした。

高額査定ポイントを以下に列挙します。

  1. ディーゼルの4WDでボディカラーは人気の黒  走行距離5万キロ台 ETC装備済
  2. 修復歴、大きなキズなし 
  3. きれいな室内には車中泊を可能とするベットキットを完備
  4. 去年装着したばかりの国産スタッドレス200系ハイエース用 ブリヂストン ブリザックとホイールセットを装備

今回の買取事例は、5万キロ台のディーゼルターボ ハイエースバンという、中古車界では即買いという好条件を満たした買取事例でした。

 

まとめ

ここまでハイエースバン200系ガソリン車を買取査定依頼する時の注意点について解説しました。

コストパフォーマンスに優れ、静かで快適な乗り心地を提供するハイエースバン200系ガソリン車をできるだけ高値で売却をしたいとお考えの方は、是非ハッピーカーズにご相談ください。

価値のある車には価値のある査定価格を一発目から提示してくれますので、買取を検討されている方は最初に査定に出すことを心からお勧めします。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント