【ボルボ V60の買取相場】高額買取を狙うポイントはこれ!

ボルボ V60はスウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズが販売するステーションワゴンです。V60は、北欧発らしい洗練されたデザインとパワフルな走行性能、そしてボルボのお家芸である先進安全装備の数々によってとても人気がある車種で、日本でのボルボ販売の主力モデルのひとつに位置づけられています。今回は、V60の買取相場と高額買取を狙うポイントについて解説します。最後におすすめの買取店のご紹介もしていますので、ぜひお付き合い下さい。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

ボルボ V60の特徴

2018年9月25日、ボルボ V60のニューモデルが日本で販売開始。新型V60は、新たにPHEVモデルをラインナップに加えて、電動化の未来を強く印象付けます。ここでは、進化を遂げたボルボ V60の特徴を見ていきましょう。

スポーティーな外装

V60でまず目を惹くのが、Tシェイプのヘッドライトです。LEDデイタイム・ランニング・ライトを内蔵したこのヘッドライトは、最先端のライティング技術により夜間の良好な視界確保を可能にしました。「ボルボエンブレム」が際立つフロントグリルは気品を漂わせ、ルーフトップからルーフエンドにかけてのスポーティーで流麗なフォルムはスタイリッシュで、クーペさながらの美しさです。ボルボ伝統の縦に細長いテールランプに彩られた強く張りのあるリアショルダーもまた、V60が持つ運動性能の高さを伝えてくれます。

モダンな内装

モダンな内装も、V60の大きな特徴です。ひとたび車内に乗り込めば、スカンジナビアン・デザインのあたたかみがあり落ち着いた空間に満足することは間違いないでしょう。官能的なタッチスクリーン式センターディスプレイや、ラグジュアリーなレザー仕様のステアリングホイールなど、思わずその美しさに目を奪われるディテールには事欠きません。また、人間工学に基づいて設計されたシートが快適かつ適切に体を包み込み、無理のない運転姿勢を自然に保つことを可能にしてくれます。

生活に合わせて選べるラインナップ

V60のパワートレインは、ガソリンエンジン1種類と2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)で構成され、その全てに高効率の8速ATが採用されています。そして、ガソリンエンジンに4グレード、2種類のPHEVには計3グレードが設定されており、現在は全部で7グレード(2020年1月発売モデル)。生活スタイルに合わせて選べる豊富なラインナップといえるでしょう。

パワフルな走り

V60のパワートレインは、ガソリンエンジン・PHEVともに、必要なときに瞬時にパワフルな走りを実現します。

2.0L・4気筒直噴ガソリンターボエンジン「T5」は、最高出力187kW(254ps)・最大トルク350Nm(35.7kgm)を発揮します。高回転域まで優れたレスポンスが得られ、軽快でスポーティーな走りが楽しめます。 

一方PHEVでは、「T8」と「T6」の2種類の2.0L・4気筒スーパーチャージャー+直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせた「ツインエンジン AWD」ユニットを用意しています。
「T8」は、最高出力233kW(318ps)+65kW(87ps)・最大トルク:400Nm(40.8kgm)+240Nm(24.5kgm)を擁します。5つのドライブモードを走行状況に応じて選択することで、力強さと効率性とを高次元で両立させた走りが可能です。
「T6」は、最高出力186kW(253ps)・最大トルク350Nm(35.7kgm)と数値では「T8」に劣るものの、効率性を重視してコストパフォーマンスを追求しています。走行状況によってハイブリット・EV走行を選択することで、安定したパフォーマンスを維持しながら燃費を抑えた走りが期待できるでしょう。静粛性に優れた電気モーターによるゼロエミッション走行が可能になるのもうれしいですね。 

ボルボは、2025年までに電動化車両(PHEV・ EV)を累計100万台販売するという方針を打ち出すなど、自動車の電動化に積極的な企業として知られています。V60のPHEVの充実ぶりは、この目標達成のための足がかりになるものといえるでしょう。

安全なドライブをサポートする装備

ボルボは、何よりもまず安全性を優先します。V60では、先行発売の新型XC60同様に16種類以上の先進安全・運転支援機能を備えたIntelliSafe(インテリセーフ)を採用。シティセーフティー(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)、ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)などにより、安全なドライブをサポートしてくれます。

ボルボ V60の買取相場

ボルボ V60には、初代の2011年式と2018年式の2つのモデルがあります。ここでは、両モデルの特徴の説明と買取相場をご紹介します。

2011年式モデルの買取相場

初代モデルが発表されたのは2010年で、美しいデザイン、「安全装備の追求」など現行モデルにも備わる特徴はデビュー当初からのものです。パワートレインに関しては、1.6L・DRIVeディーゼルや3.0L・直列6気筒ターボエンジン4WD車など多彩を極めますが、当初日本ではガソリンエンジン仕様のみの発売となっていました。2013年より初代の後期モデルが発売。目立つ変更点としてはヘッドライト周りのデザインの洗練化が挙げられます。また、2015年からディーゼルエンジン・モデルもラインナップされました。

では、買取相場を見てみましょう。

・2017年 :140.3万円 ~ 229.2万円
・2015年:65.1万円 ~ 291.7万円
・2013年:63.4万円 ~ 162.4万円
・2011年:38.7万円 ~   89.8万円

なお、中古車は通常年式が新しいモデルほど高値査定がつく傾向がありますが、グレードの希少性や4WDモデルへの高い評価などにより年式の古いモデルに人気が集まり、高値がつけられることも珍しくありません。

2018年式モデルの買取相場

2018年9月デビューの2代目となる現行モデルは、初代モデルの優れた資質を継承しつつ、さらなる進化を遂げています。ボディが日本の道路環境でも扱いやすいサイズにシェイプアップされたことはもちろん、2種類のPHEVを設定してパワフルな走りと低燃費・静粛性・環境への配慮との共存を強くアピールしています。 

現行モデルの買取相場は、以下の通りです。

2018年:165.7万円 ~ 194.9万円

 

 

ボルボ V60で高額買取を狙うためのポイント

ここでは、V60をできるだけ高額で買い取ってもらうためのポイントをご紹介しましょう。

洗車・車内の清掃を行う

査定前に、洗車と車内の清掃を済ませておきましょう。たしかに、売却してしまえば買取店が洗車と車内清掃を丁寧に行ってくれるので、「査定時にキレイにして持って行っても仕方ないのではないか?」と思われるかもしれません。しかし、車をキレイにしてあると、清潔な外観がふだんの丁寧な車の扱いやマメなメンテナンスを連想させるため、査定士の印象は確実にアップします。

洗車・車内清掃ともに特別なことをする必要はありません。洗車機や掃除機を使いながら効率よく行いましょう。ただし、次の2点には気をつけてください。

<車内の「匂い」をできるだけ取り除いておく>
「匂い」は、実は査定での重要なチェックポイントです。車内に残るタバコの匂いは、こびりついたヤニとともに当然マイナス査定につながります。人により好みが分かれる芳香剤の匂いも同様です。業者に頼んだりする必要はありませんが、晴れた日にドアや窓を全開にして天日干ししたり、消臭剤や重曹を用いて匂いをできるだけ取り除いたりしておきましょう。また、エアコンの匂いも要チェックです。査定に出す前に実際にエアコンをつけて、カビ臭い匂いが残っていないか確認しておきましょう。

<窓の内側をキレイに拭いておく>
外側を洗車時にキレイにしていると意外と忘れがちですが、窓の内側をキレイに拭いておくと、見た目の印象が非常に変わります。雑巾1つで簡単にできることですので、ぜひ実行してみましょう。

買取相場を確認する

高額で買い取ってもらうためには、買取相場を確認することも大切です。自動車の相場価格は、車種と年式、走行距離で大体決まっています。特にグレード設定が豊富なV60では、グレードにより買取相場が大きく変わってきます。車買取サイトには年式・グレード別の買取相場をまとめて載せているところも多く、中には走行距離ごとに平均買取価格を割り出した買取相場表も見られます。こういったサイトを参考にして、事前に愛車の相場価格を頭に入れておけば、買取店での値段交渉がやり易くなり、買い叩かれることもなくなるでしょう。

また、時期によっても買取相場は変動します。就職や転勤などで新生活を迎える人が増える2月・3月には車購入の需要が高まるので、高値で売却しやすい傾向があります。一方、モデルチェンジ後は、しばらくの間評価が厳しくなります。わずかのタイミングのずれによって数万円単位で査定価格が違ってきますので、時期を選ぶことも大切です。

動作を確認する

エアコンやオーディオなどの車内装備は、査定の際にしっかりとチェックされる項目ですので、買取店に持ち込む前に動作確認を済ませておきましょう。

オーディオでは、CD・SDカードなどメディアの使用に問題がないかをチェックすることはもちろん、車内の4つのスピーカー全てがきちんと鳴っているか確かめておくことが大切です。

エアコンは、今や夏場の厳しい暑さに欠かすことのできない機能です。温度や風向の調節が問題なくできるかなど、基本的な動作確認を怠らないようにしましょう。正常に動くのであれば、査定時にしっかりとアピールできます。

ただし、動作確認で不具合が見つかったからといって、査定を良くするために修理に出すのはおすすめできません。修理による査定アップ金額よりも修理費用の方が高くつく場合が多いからです。修理せずに買取に出し、不具合について聞かれたら正直に申告しましょう。

 

ボルボ V60を売却するなら…「ハッピーカーズ」!

美しさに加え、パワフルな走りと高い安全性能を兼ね備えるボルボ V60。大切に乗ってこられた方であれば、「この車の価値が分かるお店にできるだけ高く引き取ってもらいたい」とお考えでしょう。そんな方におすすめしたいのが、「ハッピーカーズ」です。

ハッピーカーズとは?

ハッピーカーズは、神奈川県の湘南を拠点に全国50店舗以上を展開する地域密着型の車買取専門店です。出張買取専門なので、ショールームつきの大きな店舗を持ちません。ネット広告・地域紙・折込チラシを効果的に使うことで広告宣伝費を抑えるなど、経費削減を徹底することで高額買取を実現しています。買取りにあたっては、「明確な査定」と「適正価格の提示」の実行をポリシーに掲げています。お客様に納得して査定を受け入れていただき、「信頼の獲得による口コミ評判が宣伝となり、地域に向けて継続的に確かな価値を提供していくことでハッピーの輪を広げたい」と考えているのです。

ハッピーカーズでは、Webでの簡単査定を行っています。フォームに車種・年式・走行距離をご入力いただくだけで、1営業日以内の査定のご案内が可能です。

>>ハッピーカーズの簡単Web査定はコチラ<<

ハッピーカーズのボルボ V60買取事例

では、ハッピーカーズのボルボ V60の買取事例で、ディーラー下取り査定からさらに10万円以上高額で買取りした事例をご紹介しましょう。

【車種:2011年式 ボルボ V60ドライブe】 

このV60は、9年落ちながら走行距離は8万キロ。白のボディカラーがボルボの洗練された美しさを強調しており、スカンジナビアン・デザインを基調としたインテリアにオシャレな革シートが際立ちます。「ディーラーからは20万円で買取りと言われた」というオーナー様からのご相談でした。

たしかに買取相場で高値はついておらず、中古車の相場を見ても大体100万円前半と思ったより安い印象です。しかし、きれいな外観からも大切に乗ってこられたことがよく分かる車でした。ハッピーカーズは流通相場と車の状態を把握し、一発でディーラー下取り査定から10万円以上高い価格を提示させていただきました。 

 ハッピーカーズは、 車買取にありがちな細かく刻んでの駆け引きのような価格交渉は行いません。明確な査定をもとに、すばやく適正価格を提示します。下取り査定では思ったより高値がつかなかったボルボ V60ですが、コストを節減することでその分買取価格に還元できるハッピーカーズならばお力になれるでしょう。

 

まとめ

ボルボ V60は、初代モデルの登場からすでに9年近くが経ちますが、モデルチェンジを経て今なお新車販売が続く人気のステーションワゴンです。スタイリッシュな外観やパワフルな走行性能、そして安全装備の充実ぶりは、初代モデルから現行モデルに着実に受け継がれています。

ただ、現行型の完成度が高いこともあり、初代モデル、特に2013年途中まで販売された前期型の中古車相場の下落が著しく、車両価格で100万円を切るものも珍しくなくなっています。ディーラー下取り査定や車買取一括査定サイトの査定金額に納得がいかないオーナーさんもいらっしゃることでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、ハッピーカーズです。ハッピーカーズは、皆さんの愛車を「明確な査定」で正しく評価して、「適正価格の提示」によりご納得いただける買取を実現いたします。「愛車の価値をきちんと評価して欲しい」、ハッピーカーズはそのような想いに応える車買取店です。ボルボ V60を手放すことを考えている皆さん、ハッピーカーズにぜひご一報ください。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント