廃車寸前の車でも売却できる?ボロ車が売れる車買取店の秘密とは

車を廃車するにはいくつかの手段があります。

業者に手続きを委託する場合は、もちろん委託した分の手数料がかかります。

おそらく多くの車の保有者にとって、廃車の処理はあまり前向きには取り組めないものです。

しかし、廃車寸前のボロボロの車でも車買取店に売却ができるケースがあるのをご存知ですか。

廃車を業者に依頼した場合は廃車の費用がかかってしまいますが、売却した場合は現金が手元にはいります。

少しでも値段がつくのであれば、どちらがお得かは一目瞭然です。

ただし、多くの人が、走行距離が長い、故障が頻繁に起こるなどを理由に値段がつかないと決めつけてしまっています。

そこで、今回は廃車寸前の車を売る方法とオススメの買取店について解説します。

車を廃車にする?それとも売却する?

車の廃車には手間とお金がかかります。

業者に頼らずにご自身で廃車の手続きを行った場合でも無料というわけにはいきません。

一方、売却した場合では、顧客の手元に現金がはいってきます。

例え廃車にして、部品のみをお金にする場合でも、費用は買取店が負担するケースがあります。

加えて、煩雑な書類手続きも、手慣れた車買取店のスタッフが代行します。

そのため、多くの場合においては車買取業者に売却をお願いするのが最もお得な手法になります。

 

車の廃車とは?

事故及び故障により、中古市場への流入が難しくなった車が廃車の対象になります。

正式にその車を廃車にするには書類の手続きをする必要があります。

手続きの方法は普通自動車と軽自動車で異なります。

普通自動車の場合であれば、陸運局で「永久抹消登録」、「一時抹消登録」、「解体届出」の3種類の手続きがあります。

軽自動車でも同様の手続きがありますが、名称が少し異なり、「解体返納」、「自動車検査証返納届」、「解体届出」の3種類の手続きがあります。

また、軽自動車の手続きは軽自動車検査協会で行います。

普通車の廃車手続き

  •       永久抹消登録:既に解体済の場合、災害、事故等の原因により走行できなくなった場合に行う手続き。
  •       もう二度と廃車の対象となる車に乗らない場合に行う
  •       一時抹消登録:永久抹消登録とは異なり、まだ走れるものの解体されていない車の使用を一時的に停止するための手続き。
  •       再度登録し直すことで、公道を走れるようになる。
  •       海外出張、長期入院などを理由に長期間車を使わない方が活用する。
  •    ナンバープレートが付与されていない中古車店に販売されている車も同様に一時抹消登録を受けている
  •       解体届出:一時抹消登録を行っている車を解体する場合に提出する届出

軽自動車の廃車手続き

  •       解体返納:普通車でいう永久抹消登録と同義。
  •       既に解体済の場合、災害、事故等の原因により走行できなくなった場合に行う手続き
  •       自動車検査証返納届:普通車でいう一時抹消登録と同義。
  •       まだ走れるものの解体されていない車の使用を一時的に停止するための手続き。
  •       再度登録し直すことで、公道を走れるようになる
  •       解体届出:普通車と同じく、一時抹消登録を行っている車を解体する場合に提出する届出

廃車と売却の比較

車の状態、保有者が何を重視するかによって、廃車と売却のどちらを選択すべきかが変わります。

全く値段のつかない車であれば、廃車で済ませても問題ありませんが、まだ乗れる車であれば、廃車よりも売却の方がお得な選択肢といえます。

廃車は、廃車にかかるコストを支払って、無駄にかかってしまう自動車税の支払いを停止します。

業者に委託することも可能ですが、書類手続きに手間もかかります。

売却では、車を手放した上に現金が手に入ります。

手続きは必要ですが、車買取店が面倒な手続きについてサポートに入ってくれます。

特に愛用している車が事故にあった際には、特にその後の判断に迷うことと思います。

修理することも可能ですが、そのまま廃車にするという選択肢もあります。

買取業者に買い取ってもらうにしても修理してから買い取ってもらうべきか判断に迷うでしょう。

判断のポイントは、修理代と買取価格のバランスです。

修理をせずに買取に出しても、値段がつかず、そのまま廃車になる可能性も高まります。

一方で、修理をしても事故車というレッテルがついた状態で市場に出回る訳ですから、値段がつかない可能性はあります。

値段がつかないと思っても、買取店が独自の販売ルートを活用して、スクラップにした後に部品にして売却するというケースもあります。

諦めずに、まずは買取店や修理店に相談してみるようにしましょう。

廃車・売却それぞれのメリット

廃車にも一定のメリットが存在しますが、お金や手間がかかることを考えると、売却処分がおすすめです。

それぞれのメリットを比較することでなぜ売却処分がおすすめといえるか、考えてみましょう。

廃車のメリット

前述の通り、廃車には一時抹消登録と永久抹消登録の2種類があります。

一時抹消登録を行えば、車を一時的に使用できなくすることで、自動車税を払う必要がなくなります。

再度申請すれば、公道を走れるようにもなります。

海外への長期出張、長期入院などで長期間にわたって、車を運転する必要がないのであれば、一時抹消登録をおすすめします。

一方、永久抹消登録は、完全に車を使用できなくする手続きです。

車齢が著しく高い車や、走行距離が10kmを突破した車など、ダメージが蓄積し、故障が頻繁する車であれば、二度と運転しないと決めて、廃車を検討するのもいいでしょう。

二度と乗ることのない車であれば、無駄に税金を払い続ける必要はないので、永久抹消登録を済ませておけば節税になります。

ただし、一時抹消登録と比べて、永久抹消登録は手続きに手間と時間がかかるので注意しましょう。

売却のメリット

廃車と比べ、お金を得ることができるのが売却のメリットです。

売却の手法は主に下取り、個人売買、買取業者への依頼がありますが、買取価格や手間のバランスを考えると買取業者に買い取ってもらうのが一番お得な手法といえます。

ボロ車の場合、全く値段がつかないと思い、査定を躊躇する方もいると思います。

そんな際でも、中古車査定業者に見積もりを依頼することを推奨します。

査定は無料で対応してもらえますし、プロの査定士がみた上で値段がつかないのであれば、諦めもつくでしょう。

複数の業者に相見積もりをとれば、高額買取に応じてくれる業者も見つかりやすいです。

見積をとる際は必ず複数社をあたってください。

買取店は個別に販売ルートを確保している場合があります。

一つ目の会社で値段がつかなくても、二つ目の会社で値段がつくということはよくあるケースです。

また、買取店によっては出張査定に対応しているので、走行不能な車も買取もお願いしやすいでしょう。

廃車寸前の車に特化して買取を行っている車買取店も存在します。

近くに店舗がないか、探してみましょう。

年式が古い車、事故車でも買い取ってもらえる可能性は高いです。

 

 

廃車時に必要な書類・手続き手順

使わない車であれば、廃車にすることで自動車税は免除されます。

先に紹介した廃車手続きの詳細な進め方をご紹介します。

廃車手続きは意外とお金がかかるものなので、注意しましょう。

 

永久抹消登録に必要な手続きと書類

永久抹消登録を行うには、車の解体と車を解体した旨を記載した書類作成が必要です。

解体作業は解体業者に依頼をします。

解体にかかる費用はだいたい1万円前後です。

解体業者によっては、再利用できる鉄くずを回収した分を代金としてキャッシュバックしてくれます。

加えて、事故車や故障者の場合は解体しようにも、解体業者に車を運ばなければなりません。

動かない車を動かすためにはレッカー代が必要になります。

レッカー代も同様にだいたい1万円前後がかかります。

解体を行うのが一般的ではありますが、解体は必須ではありません。

中には使わなくなった車を近くに置いておきたいという方もいるでしょう。

その場合、「用途廃止」という扱いでの永久抹消登録をすることができます。

廃車手続きの書類作成にはほとんどお金はかかりません。

しかし、以下の書類を用意する必要があります。

  •       印鑑証明書
  •       実印
  •       自動車検査証(車検証)
  •       ナンバープレート
  •       移動報告番号と解体通知日の記載書類
  •       リサイクル券
  •       マイナンバーカードの写し
  •       手数料納付書
  •       永久抹消登録申請書
  •       自動車税・自動車取得税申告書
  •       自動車重量税還付申請書

移動報告番号と解体通知日の記載書類は解体業者で車の解体をした際に取得できます。

手続は各都道府県の運輸支局で行えます。

自動車検査証は、その車が安全走行の為の検査をしっかりと行っていることを証明する書類です。

車検の時以外は使わず、普段は車に備え付けてある書類です。

紛失されることも少ない書類ですが、もし失くしても陸運局に連絡することで再発行の手続きをとることができます。

実印は各市区町村の役所で、登録されている印鑑で、印鑑証明書は、使用した印鑑が市町村で登録された実印であることを証明する書類です。

最近では、マイナンバーカードを使ってコンビニでも発行できるようになりました。

「用途廃止」の場合は、「移動報告番号と解体通知日の記載書類」の代わりに「当該自動車の写真」と「用途廃止する旨及び使用目的を記載した申立書」が必要になります。

面倒に感じられる方は、書類作成を行政書士に頼むこともできます。

行政書士に依頼する際の書類作成の手数料は5,000円程度です。

 

・一時抹消登録に必要な手続きと書類

一時抹消登録は、今後乗る可能性があるものの、一時的に廃車にしたい場合に有効な手続きです。

抹消されている期間の自動車税が免除されます。

手続は各都道府県の運輸支局で行えます。

一時抹消登録の方が永久抹消登録に比べて手続きは少し簡単になります。

  •       印鑑証明書
  •       実印
  •       自動車検査証(車検証)
  •       ナンバープレート
  •       マイナンバーカードの写し
  •       手数料納付書
  •       一時抹消登録申請書
  •       自動車税・自動車取得税申告書

また、永久抹消登録、一時抹消登録ともに車検証に記載される住所や姓名が変更になっている場合は追加の書類提出が必要です。

住所が変更になっている場合は住民票、姓名が変更になっている戸籍謄本の提出が求められます。

事前に車検証をみて、住所や姓名が変更になっていないか、確認しておきましょう。

廃車寸前の車を売却するポイント

通常、車を廃車にするためには多くの書類や手続きが必要となってしまいます。
手間を掛けずに車を処分するなら、車買取店への売却がおすすめです。なぜなら諸々の煩雑な手続きを、車を引き取った後に業務の一環として車買取店が行い、解体して鉄資源として市場へ売りに出すフローとなっているからです。面倒な手続きを一括してお願いすることができます。

そういった裏事情を置いておくにしても、ユーザーとしては廃車寸前の車でもお金に替えられるのであれば、できるだけ高値で売却したいと思う方は少なくないでしょう。

ここでは、実際に廃車寸前の車を売却する際、どのようなことに注意をして車買取店を選ぶと良いか、5つのポイントに分けてご説明します。

ディーラーでの下取りは避ける

車の売却では「買取」と「下取り」の2つの方法があり、「下取り」は新しく別の車を購入する際の資金に充てることを前提とした、古い車の売却方法です。ディーラーは廃車買取業者とは違い、売却された車を再利用できる方法が少ないため、廃車寸前の車は基本的に下取りで高値が付くことはありません。当然、状態の良し悪しや人気車種かどうかという点で差はありますが、廃車寸前の車だと下取り自体を断られる可能性すらあります。そのため、廃車寸前の車の売却は「買取」の方が、ほとんどのケースでお得になることが多いのが実情です。

廃車寸前の車を売却する際はディーラーでの下取りを選ぶのは避け、解体を前提として各パーツを再利用できる取引ルートを持つ買取業者を中心に検討することをおすすめします。

無理に自力で修理しない

車を売却するなら、少しでも高い価格で買い取ってもらいたいものですよね。そのためにはたとえ廃車寸前であってもなるべく良い状態で査定を受けられるよう、事前に状態のチェックや内装・外装の掃除などをしておきましょう。見栄えを少しでも良くすることによって、買取額を上乗せしてもらえるケースがあります。

ただし自力で修理をする場合、無理は禁物です。少しでも査定価格を上げようと自力で修理して修理前よりも状態が悪くなってしまえば、元々の査定予想額よりも大幅に減額されてしまう可能性が高くなります。

車買取店では自社工場を所有していることが多く、故障している部分があっても比較的安価で修理できるので、大掛かりな修理が必要な部分については修理せずにそのまま査定してもらい、売却価格から修理費用を引いた差額を受け取る方がトータルで考えるとお得です。査定に向けてメンテナンスを行う際は決して無理をせず、自分の手に負える範囲にだけ手を付けるように注意しましょう。

複数の車買取店に査定依頼をする

車買取店と一言でいっても、それぞれの得意分野や需要のある車種は違います。重要なことは、売却したい車と車買取店のニーズが合致しているかどうかです。安く買い叩かれてしまわないよう、買取店が求めている車はどのようなものなのかリサーチした上で、複数の車買取店に査定してもらい見積り額を比較することが大切です。

査定を依頼する際は、特に訪問査定を行っている車買取店を選ぶのがおすすめです。訪問査定は、自ら車買取店を1件ずつ回る手間が省け、査定スタッフとの直接のやりとりを通して、信頼できる業者であるかどうかがある程度判断しやすくなるというメリットがあります。

愛車の売却先は多くの選択肢の中から、もっとも納得できる価格・車買取店を選ぶようにしましょう。

車買取店選びは慎重に

車買取店には多くの業者があるため、それらの中からどのように1つを選べばいいのかと感じる方も多いでしょう。

ここでは判断するポイントとして、「信頼性」と「買取実績」の2つを挙げてご説明していきます。

信頼できる車買取店を選ぶ

車買取店を選ぶ際には、売却先が信頼できる業者か否かという判断が最も重要となります。しかし同時に、何の情報も無い段階では判断の難しい部分です。そのため、直接目にできる部分をよく観察して、信頼に値する業者かどうかを推し量りましょう。

特に、ユーザーは売却価格同様に査定スタッフの様子を注視する傾向があります。査定の際は、査定に掛ける時間が短すぎないか、査定価格の提示は明確で相場に即したものであるのかなどをチェックします。手続きに関する部分だけではなく、査定内容までの説明対応も細やかな査定スタッフであるほど、車買取店も一定の信頼が置ける業者であると思って良いでしょう。

車買取店を選ぶ際は「信頼性」に注目し、査定を通じてよく相手を観察した上で慎重に契約を行いましょう。

買取実績や口コミに注目して選ぶ

車買取店の中には、自社サイトなどで買取実績やユーザーからの口コミを掲載しているケースがあります。買取実績数も重要な情報の1つですが、実際に車買取の手続きを行ったユーザーの「生の声」は、どの車買取店を選ぶのが適切かを判断するとても良い材料になるでしょう。

実績の例としては対応店舗をはじめ、実際に買い取った車の車種・走行距離・買取価格を公表しているケースもあります。廃車同然の愛車を査定に出すには勇気も必要ですが、なにより車買取店に対する一定の安心感が必要です。情報量の多さは、安心して査定を任せられるかを判別する大きな要素となります。

「信頼性」と同様に、「掲載されている情報量の多さ」に注目するとより満足いく契約を結べる車買取店を選ぶことが出来るでしょう。

廃車寸前の車の売却時期に気を付ける

車の売却時期には、売却理由や売却後の車の用途によってそれぞれに適切なタイミングがあります。廃車寸前の車であれば、「鉄スクラップ相場の高騰」が最も適しているタイミングだといえるでしょう。

廃車寸前の車は「鉄資源の宝庫」とも捉えることができます。鉄資源のリサイクル需要は幅広いこともあり、鉄スクラップ相場高騰のタイミングでの売却は査定価格を引き上げる絶好のチャンスです。

通常生活していて「鉄スクラップ相場」なんて聞いたことがない、相場の情報なんてどうやって調べればいいのか、と思われる方は多いでしょう。そこで、日本鉄リサイクル工業会のサイトをご紹介します。

上記サイト上では地方ごとの鉄スクラップ(鋼スクラップ)価格の推移を1ヶ月更新で公表しており、過去の記録も残っているためおおよその見当を付けるには有用な情報源になり得るでしょう。

廃車寸前の車を高価買取狙いで売却する際は、こういったマーケット情報を事前に仕入れておき、相場が高騰した時期を選んだ上での査定依頼を出すことを強くおすすめします。

廃車寸前ならまだ間に合う!

廃車寸前の車であれば、廃車手続きはせずに、故障・事故車でも買取査定を行うハッピーカーズへの売却をおすすめします。

ハッピーカーズは車の売却を、もっと簡単にする全国展開中の車買取店です。

「できるだけ高く買う」だけでなく、「お互いに気持ちよく」を目標に取引をおこなっています。

ややこしい手続きがなく、現金での即日支払いにも対応しているので、すぐに現金を手にしたい方でも安心です。

また、名義変更など、車売却に伴う手続きは出来る限り、ハッピーカーズが代行しています。

ハッピーカーズの強みは高額買取です。

廃車寸前の車でも適正な価格を見極めて買取価格を提示しています。

顧客が不利にならないような公平な価格提示がハッピーカーズのモットーです。

不慮の事故、故障などの理由で車の売却を検討している場合は相談してみてください。

バッテリーが上がってしまっている場合、大きな故障が見られる場合など、不動車についても積載車で対応しています。

高額買取の理由はその販売ルートです。

廃車と思われた車でも海外市場で顧客を見つけて販売することがあります。

実際に、立体駐車場の操作ミスで後部ドアが取れてしまったハッピーカーズスタッフのBMWに対して、ハッピーカーズはなんと120万円の買取価格を提示していました!

買取価格を提示されたBMWの持ち主曰く、

「これがお客さんの為に!となれば全力で一円でも高く買取ります!!

ってなりますが、案外自分のこととなると、どーでもよくなったりします。」だそうです。

お客様の車買取に関しては、そのとき出せる最高査定価格を一発目で提示しようとする理念が伝わって来ますね・・・!

買取事例:BMWバリューローン残債350万円の平成26年式BMW320dが事故で廃車になって、もし車両保険が下りなかったら(後編)

まとめ

ご紹介してきた通り、車の廃車には面倒な手続きが伴います。

廃車手続きには費用の負担もあるため、売却が可能なのであれば、車買取店に買取を依頼した方が断然お得と言えます。

廃車寸前のボロ車では売却ができないとあきらめてはいませんか。

廃車寸前の車でも公平に査定額をつけてくれる車買取店は存在します。

どこに出せばいいか、迷われる方はハッピーカーズに相談してみてください。

ハッピーカーズは顧客の利益を優先的に考える買取店です。

スタッフが価格交渉にも丁寧に応じてくれるので、思っていたよりもいい値段がつくかもしれません。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント