「トヨタ ヴァンガード」の買取価格が気になるなら、ハッピーカーズで高価買取!

VANGURED-toyota

トヨタヴァンガード」は、Active & Luxuryをテーマに、その動力性能や優れた操縦性や安定性、そしてその上質で都会的な内外装から、海外でも高い人気を誇るミディアムSUVです。

現在では販売終了しているため、新車を購入できないことから、中古車市場でも高価買取されています。

今回はそんな「ヴァンガード」の性能や注目ポイントを改めて解説するとともに、高価買取されるための査定方法や査定でチェックされやすいポイント、高価買取におすすめの買取店をご紹介していきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車買取店での査定がおすすめな理由

「トヨタヴァンガード」に関して解説する前に、そもそもどこで車を査定してもらうかは重要なポイントです。

今回は、ディーラー下取りや一括査定ではなく、車買取店で買取を依頼することのメリットをご紹介します。

車買取店がおすすめな2つの理由

持っている中古車を売却したいと思った時、中古車の買取を行っているサービスはいくつもあります。

その中でも、車買取店で査定すると良いでしょう。

では、車買取店での買取査定をおすすめする二つの理由についてみていきましょう。

一つ目の理由は、査定による買取価格が高くなりやすいということです。

車買取店なら、そのとき提携先からの需要が高いなどの理由で通常より高い買取額を付ける場合があります。

買取店によって需要の高い車種は異なりますし、持っている車を高く買い取ってもらえる買取店で査定してもらうことで高く売却することができます。

また、もし査定が適正価格でないと感じた場合でも複数の買取店に査定を依頼することで、比較の上、査定額の一番高い買取店で売却することも可能です。

買取査定時までに、あらかじめ書類などを揃えておくことで、即日即金の対応をとる買取店もあり、早めに車を売却したい方にも向いています。

 

車買取店での査定がおすすめなもう一つの理由は手軽に査定から手続きまでを依頼できることです。

車買取店には出張査定といって、自宅や普段利用している駐車場などで査定を受けられるサービスがあり、指定された場所に行って査定をしてもらう必要がありません。

この出張査定は無料で依頼できることが多く、仮に所有している車が車検切れなどで運転できない場合でも、業者が輸送も代行してくれます。

車買取店以外にも、ディーラー下取りという方法で乗っていた車を査定に出すことも一般的です。

ディーラー下取りは新車をディーラーから購入する際に、所有している車を下取りという形で査定に出し、新車の購入費用の一部に当てるというものです。

しかし、ディーラー下取りでは買取価格があがりづらい傾向があります。

なぜならディーラー下取りでは多くの場合、車の所有者が多数の業者を比較したうえで売却することをしないため、業者が一般的な相場より安い査定額を提示することが多いためです。

また、ディーラーは新車の販売にノウハウはありますが、中古車販売の情報は持っていないことが多くあります。

そのため、必ず利益が得られるであろう額を提示する場合が多く、買取店のような中古車販売のルートを持つお店に比べると比較的低い査定額になりがちです。

 

また最近では、インターネットを通じた個人間での取引やオークションが盛んになり、車のパーツや車両の売買もインターネットを通じて行なわれるようになってきました。

一方で、個人での車の売買には専門知識と難しい手続きがつきものです。

名義変更の際に書類の不備があったがために車の売買ができなくなる、契約後にトラブルが発生するなどのリスクも生じます。

もちろん、運がよければ高額で買取をしてくれる人が見つかる場合もありますが、あまり経験の無い方にはおすすめできる方法ではありません。

車買取サービスはいくつもあるものの、特に初心者の場合は買取価格が上がりやすく、気軽に査定、手続きまで依頼できる車買取店への依頼をしておくのがベターでしょう。

買取査定で見られるポイントとは

実際に査定をしたことが無い方にとって、査定でどのようなポイントが見られるかは気になるでしょう。

ここでは、大まかに外装、内装に分けてその評価ポイントを説明していきます。

事故歴

一番の大きな減額対象となる項目に、事故歴の有無があります。

そのため、売り手は事故歴があってもそれを査定の際に申告しないケースが多くあるようです。

しかし、査定では細かな修復歴を見抜かれるほか、それがきっかけで他にも何か隠していることを疑われるリスクがあります。

そのため、きちんと事故歴は包み隠さず申告しておきましょう。

もし新車で購入した車でない場合も前のオーナーに確認をとり、知らなかった事故歴によって買取がキャンセルされるなどのことが無いように気をつけましょう。

外装

外装に関しては、もちろん傷やヘコミがあるか、ボディの色は何色か、などが細かく見られるポイントです。

傷やヘコミはついつい査定前にごまかしたくなってしまい、自分で修復や塗装を行いがちですが、それはマイナスポイントとなるためおすすめできません。

1cmを下回るような小さな傷は減額の対象にならないこともありますが、判断基準は査定する業者の方針などによっても異なります。

ここで細かく減額要求するような業者は買い取り価格が下がってしまうため、断るか別の業者にも査定依頼を出すようにしましょう。

内装

内装は大きな汚れやニオイの問題がなければ減額対象とはなりません。

ただし、日頃から社内でタバコを吸っていた方は内装が変色している場合がありますし、ニオイも取れにくくなっているはずです。

飲料や油をこぼした際のわかりやすいシミについても減額対象となる場合があります。

よほど汚れがない限り、わざわざクリーニングを入れる必要はないでしょう。

 

 

トヨタ ヴァンガードについて

2007に販売された当初からトヨタのSUV車の中では高い人気を誇ってきた「トヨタ ヴァンガード」ですが、そのSUVらしく洗練されたデザインやや路面を選ばない安定した走りから海外でも高い人気を誇っています。

ここからは、トヨタ ヴァンガードについてその魅力と性能についてご紹介します。

トヨタ ヴァンガードの性能

トヨタ ヴァンガードはActive & Luxuryをテーマに高い走行性能と上質なデザインを兼ね備えた車です。

2007年に販売開始されてから、2008年には2.4Lエンジン搭載車に2WDを追加設定、2010年にはマイナーチェンジされ、2.4L車(2WD)の燃費向上や外観の意匠変更に加えてパッケージが新設定されました。

ここからはヴァンガードのその性能を詳細に理解するために、走行性能、環境/安全性能、デザインに分けて解説していきます。

走行性能

2007年発売当初はゆとりのV6 3.5L 2GR-FEエンジンは5 Super ECTとの組み合わせで、滑らかで力強い加速と余裕ある走りを実現。

3.5L車は4WD LOCKモードを採用しており、後輪へ駆動力を最大限に配分することで、ぬかるみや悪路での高い走破性を追求しています。

また、扱いやすい2.4L 2AZ-FEエンジンには、マニュアル感覚の操作も楽しめる7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付Super CVT-iを組み合わせ、低燃費とスムースな走りが楽しめます。

さらにS-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御を4WD車の全車に標準装備しており、走行状況に応じて最適なトルクを前後輪に配分するとともにパワー・ステアリング・ブレーキを協調的に制御可能です。

環境/安全性能

エコドライブインジケーターを全車に標準装備しており、燃費効率の良い走行状態の場合に点灯することで、ドライバーに対しエコドライブへの意識啓発を図り、燃費向上に役立てることができます。

また、より進化した衝突安全ボディGOAを採用することで、コンパティビリティの概念を取り入れ、さまざまな方向からの衝突試験に対応しています。

衝突時に発生する衝撃を骨格部材に荷重分散して衝撃吸収するボディ構造を採用し、生存空間やダミーの傷害値においてトヨタ自動車独自の目標をクリアしています。

デザイン

トヨタブランドのデザインフィロソフィである「VIBRANT CLARITY(活き活き・明快)」に基づいて、アクティブでアーバンなライフスタイルに応える内外装デザインを実現し、SUVらしくたくましい、洗練されたイメージを表現しています。

室内は7人乗車できる3列シート車と、5人乗車可能な2列シート車を用意し、シートアレンジによって様々な場面に対応することができます。

また、本革とアルカンターラを組み合わせたシート表皮を設定しており、上質な室内空間としています。

トヨタ ヴァンガードの注目ポイント!

ここからはヴァンガードが人気な理由、注目のポイントを解説していきます。

販売終了しており、希少性が高い

トヨタ ヴァンガードは2013年に生産、販売が終了しており、現在では中古車市場でしか手に入れることができず、希少価値があります。

ヴァンガードの洗練されたデザインを好む方は海外でも多く、SUV好きにとっては魅力的な車種といえます。

海外需要が高い

「ヴァンガード」はトヨタのブランド車であると同時に、SUVであるため路面を選ばずに走行できる安定性から途上国や中東でも人気を集め、高価で取引されています。

日本では長距離走行車や少し古い場合、中古車市場であまり高価買取されない印象がありますが、海外では日本製、殊にトヨタ車であることから、年式や走行距離に関わらず高価で取引されるのです。

高級感のあるエクステリア

まさにSUVといったたくましいエクステリアは力強い上、級感のあふれるデザインです。

2010年のマイナーチェンジではフロントグリル・フロントバンパー・アルミホイールの意匠を変更し、より力強く洗練されたスタイルを進化させています。

 

トヨタ ヴァンガードのマイナスポイント

今度は逆にヴァンガードのマイナスポイントを挙げます。愛車の欠点にはできれば目をつむりたいところですが、納得できる買い取りを実現するためには事前にマイナス面にもきちんと目を配っておくことが大切です。

燃費が良くない

ヴァンガードのマイナスポイントとしてまず指摘されるのが、燃費が良くないことです。SUVとしてみれば必ずしも燃費が悪いわけではないのですが、ガソリン車ということもあり、高トルクで実用燃費が良いディーゼルエンジン搭載のライバル車と比べると見劣りします。
距離走行やパワフルな走りの追求という点で、どうしても評価が下がってしまうことは否めません。

インテリアに高級感が乏しい

エクステリアが力強く高級感あふれるデザインなのに比べると、インテリアに高級感が乏しいという意見が少なくありません。ヴァンガードは大衆車的なイメージが強く、車体価格もライバル車と比べると抑えられていることもあるでしょうが、内装にこだわる向きの支持は得られにくい車です。

 

トヨタ ヴァンガードの買取相場

トヨタ ヴァンガードの買取相場は、約88万円~105万円です。ただし、必ずしも相場どおりの価格で売却できるとは限りません。中古車の買取価格は、人気のある車種ほど高くなるからです。買取業者は車の年式やグレード、走行距離のほかに、ボディーカラーなども査定の対象にしています。また、3月、4月は中古車の需要が増える時期なので、2月から3月にかけて買取業者が買い取りを強化する傾向があります。相場は参考程度として考え、実際の買取価格は買取業者に査定をしてもらうことがおすすめです。

(※)2020年3月時点

 

トヨタ ヴァンガードを買取査定に出す前に…

これまで乗り続けてきた愛車を少しでも高く売却したいと考えるのは誰でも同じでしょう。査定に出す前に気をつけるべきことを知っているかいないかで、査定額が大きく変わってくることも珍しくありません。また、事前に揃えておくべき書類もかなりあります。ここでは、トヨタ ヴァンガードを買取査定に出す前にすべきことについて解説します。

洗車と車内の清掃を行う

第一印象が大切なことは査定でも同じです。特に、ヴァンガードは高級感のある外観が売りの車です。その長所を最大限際立たせるよう、できるだけキレイに洗車してあげましょう。

また、時代の流れもあり、タバコなどの不快なニオイは間違いなくマイナス査定のポイントです。車内を丁寧に清掃して、臭にも可能な限り努めてから査定に出しましょう。

必要な書類を用意する

車の売却をスムーズに行うには、事前に必要な書類を用意しておくことが大切です。書類が1つでも足りないと車の売却はできません。再発行に時間がかかる書類もあるため、売却を行う前に必ず全ての書類が揃っているか確認しましょう。車の売却に必要な書類は以下のとおりです。

実印

市区町村に登録済みの実印を用意しましょう。実印は譲渡証明書や譲渡委任状への捺印に使います。軽自動車の場合は実印ではなく認印でも可能です。

印鑑証明書

使用した印鑑が実印だと証明する証明書です。有効期限は発行から3ヶ月以内なので、期限切れに注意しましょう。

自動車検査証(車検証)

車内に保管されている書類なので、新たに書類を取り寄せる必要はありません。車の売却の際は、事前に車検証に記載されている所有者の名義が自分になっていることを確認しておきましょう。ディーラーのローンが残っている場合、所有者の名義が販売会社のままになっていることがあります。所有者の名義が異なる場合、移転登録を行うことができないため、所有権の解除が必要になります。

自動車税納税証明書

自動車税、もしくは軽自動車税の納付が済んでいることを証明する書類です。毎年5月に届く自動車税の納付書類にしたがって納税を行うことで手に入ります。ただし、納税方法によっては支払い済みを表す印鑑が押されないこともあります。その場合は別途手続きが必要になるので注意しましょう。

自賠責保険証

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険証書で、車検証と一緒に保管されていることが多い書類です。自賠責保険の有効期限が切れた車は売却できないので注意しましょう。紛失した場合は保険会社に連絡をして、再発行の手続きを行う必要があります。再発行には時間がかかるので、自賠責保険証明書が見つからない場合は、買取業者に相談をした方が良いでしょう。

リサイクル券

自動車リサイクル法で定められた、リサイクル料金の支払いを証明するものです。車検証と一緒に保管されていることが多い書類です。リサイクル券は、紛失しても再発行は行われません。紛失した場合は、「自動車リサイクルシステム」のHPから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用することが可能です。ただし、自動車リサイクル料金の預託状況を見るには、車両区分と車台番号の入力が必要になるのであらかじめ車検証を用意しておきましょう。

住民票

車検証に記載されている住所と、印鑑登録証明書の住所が異なる場合は提出が必要です。転居が1回のときは住民票の提出のみとなりますが、車検証に記載された住所から2回以上転居している場合は「戸籍の附票」か「住民票の除票」が必要になります。結婚などで姓が変わった場合も住民票の提出をしなければなりません。

傷があっても無理に修理しない

査定前に洗車と車内の清掃を行うことは、第一印象を良くするために大切です。では、愛車についた傷も直してから査定に出すべきでしょうか。答えはノーです。理由は、修理に要する費用や時間を考えると、修理せずに査定に出す方が高く売却できることが多いからです。

大抵の買取業者は自前または提携の修理工場を持っているので、個人で依頼するよりも安く修理することが可能です。また、修理には時間がかかりますが、買取業者の手で効率化された修理システムにお任せした方が時間を短縮できる場合が多いです。また、車は新しいほど高値がつきます。修理に要する時間を考えると、傷は直さずにできるだけ早く売却すべきでしょう。

さらに、中古車に多少の傷があるのはやむを得ないことです。査定士もそのあたりは十分心得ていて、実際査定に響くことはほとんどありません。ただ、傷を修理しておいてそのことを申告せずにいると、修復歴もまた隠しているのではないかと疑われ、査定士の心証が一気に悪くなる恐れがあります。したがって、傷は直さずにそのままの状態で査定士に委ねるのが1番安心です。

 

トヨタ ヴァンガードの買取価格が高いお店「ハッピーカーズ」

以前に車買取店を利用したけれどあまり買取額が高くならなかったという方、初めて車買取店で査定をしようと考えている方は、買取額査定を様々なお店で何度も実施する必要があると考えているのではないでしょうか。

実際、多くの買取店ではそうなることを予想しておき、最初に提示する金額を高めに設定する傾向があります。

これでは、時間も労力もかかってしまい、純粋に適正な価格を知りたい方には面倒です。

そこで、車買取店「ハッピーカーズ」では、神奈川県に本社とし、全国各地に加盟店を展開しています。

地域、社会への貢献を第一に考え、誰も決して損をしない売買を前提とした車買取を行っています。

ハッピーカーズでは、お客様に可能な限りの利益を還元できるよう、出せる限度額を一度目で提示することを決めています。

また、ショールームや店舗を持つことなく、それにかかるはずの費用を、買取価格に反映しています。

査定は出張査定にのみ対応しており、お客様が選んだ日時、場所にスタッフがうかがい、ハッピーカーズの基準を用い、15分程度で正確に査定を行います。

この際、査定するステッフは既に決裁権を持っており、その場ですぐに車の外装や内装、事故歴などから判断してハッピーカーズが出せる限度額をはじめから提示します。

また、海外で人気を誇っている「トヨタ ヴァンガード」やなかなか手に入らない古い年式の車なども、他にはない価格で買取を行っていることも特徴の一つともいえます。

つまり、海外へ輸出し、販売するルートを持っている買取店でなければ、販売するまでにマージンが発生しまし、査定額自体も低くなってしまいます。

ハッピーカーズでは、過去に海外に支社を設けていたこともあり、海外へ独自の中古車販売ルートを持っています。

そのため、他の買取店と異なり、中間マージンをカットした状態で高額な査定をすることができるのです。

ハッピーカーズで車買取をしたお客様の声

ハッピーカーズで車買取をしたお客様の声をご紹介します。

<藤沢市Y様>
車の売却を考えていましたが、平日は朝7時半の電車で通勤しており、さらに大切な休日を車の査定で潰されたくないと思い、平日の早朝か夜に査定してくれる車買取店を探していました。
そんなときに、ハッピーカーズを紹介されました。平日の夜は仕事で帰りが遅くなってしまうため、ダメ元で早朝の査定が可能か聞いたところ「全く問題ないです」と快諾してくれました。
査定当日、朝の6時に駐車場に来てくれて、テキパキと10分程で査定を終わらせてくれました。
なぜ、この査定額なのか細かく説明もしてくれ、納得して売却を決めました。
機会があれば、またハッピーカーズで車買取をしてもらいたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は「トヨタ ヴァンガード」について、その性能や高価買取のためのおすすめの方法、車買取店をご紹介しました。

「ヴァンガード」はその希少性、上質な外装、そして走行性の高さに定評のあるモデルであり、どんな路面でも安定して走りを追求できるということから国内外で高い人気を誇ります。

ショールームが完備されているなどの理由から買取店を選択すると、その分が上乗せされて買取価格が減額されかねません。

適正な査定価格での買取をするなら、ぜひハッピーカーズに相談してみてはいかがでしょうか。

 

ハッピーカーズHP:https://kaitori.happycars.jp/

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント