「トヨタ RAV4(ラブ4)」を高く買取る優良車買取店は??

”Adventure&Refined”をコンセプトに掲げ、国内復活を遂げる「トヨタRAV4(ラブ4)

1994年の登場以来、国内SUV車のフロントランナーとして「カッコ良さ・実用性・走り・デザイン」を求める車好きのユーザーの注目を集めてきました。

国内中古車市場は、10万㎞超えの走行距離・10年以上の年式では価格が急落するものですが、「トヨタRAV4」はどうなるのでしょうか。

愛車は手放しがたい存在ですが、大切に乗ってきた「トヨタRAV4(ラブ4)」を高く買い取ってもらうためのポイントをご紹介します!

また、「次のオーナーにも大切に乗ってもらいたい!」とお考えの方におすすめの車買取店もご紹介します。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

優良車買取店の見極め方は??

愛車の価値をちゃんと値段に反映してほしい!

車を手放す時にはこのような思いもあるでしょう。

愛車を上手に売るためにも優良車買取店を見極めたいですね。

車買取業者の評判は変わりやすいことが多く、信頼できるお店を見つけるのは困難です。

ランキングや口コミサイトを確認して、査定額の高低のみならず査定士の対応・サービスをチェックしてもどこも同じようなところが多く見極めが難しいです。

さて、今回ご紹介する「トヨタRAV4(ラブ4)」は1994年の登場以来モデルチェンジを重ね、4代目からは海外専売となっています。

そして満を持して2019年春に国内販売復活となるため、非常に注目されています。

そこで、「RAV4(ラブ4)」を希望価格で車買取店に売却するにはちょっとした工夫が必要です。

車買取店を見つけるには広告・ランキング・口コミなど様々な方法がありますが、買取価格は各種要素によって変動します。

このため、時期と車の需要を見込んで、愛車にとって売却時期に最も高値がつく買取店を見つけることをおすすめします。

そして、希望価格とはいえ、愛車の価値を把握しておく必要があります。

複数の買取店から査定を受けて価格の比較をしてみる、気軽にネット査定を受けてみるなど、車の価値を正しく知っておきましょう。

ただし、「高額」という言葉だけに惑わされないように気をつけましょう!

車の価値を把握したら、自分の愛車を得意とする車買取店に売却することを検討します。

買取店によって得意とする車種が異なりますので、うまくマッチングすれば高価買取につながる積極的なアクションが期待できます。

さらに、自動車市場・中古車市場の動向を常にウォッチングしている買取店であれば、愛車の価値を最大限に引き出すことも可能です。

 

 

トヨタの人気車種「RAV4(ラブ4)」

久しぶりの国内復活投入で注目を集める「RAV4(ラブ4)」!

この「RAV4(ラブ4)」は、”Recreational-Active-Vehicle-4WheelDrive”を略した名称を持つ、トヨタの人気SUV車です。

1994年の発表以来、現在まで大きく4度のモデルチェンジを経て、4代目は欧州市場に、5代目は北米市場メインに展開しています。

RAV4(ラブ4)が人気な理由とは

国内復活となるトヨタSUV「RAV4(ラブ4)」の人気の秘密はどこにあるのでしょうか。

初代「RAV4(ラブ4)」が発売されたのは1994年、「5ナンバーサイズの3ドアボディ」はコンパクトさがウリです。

翌年には5ドアモデルを投入したことで、ファミリーユーザーからの人気も獲得しました。

2000年発売の2代目RAV4(ラブ4)から「3ナンバー」車に拡大し、次世代3代目以降もサイズアップを重ねています。

先代のウィークポイントを克服した、居住空間に優れたモデルに進化しました。

トヨタでは同時期に上級SUVの「ハリアー」・3列シートを選択可能にした「ヴァンガード」を投入したで一時期RUV4の人気が下火になりましたが、新型モデルの国内発売を前に再び注目が集まっています。

SUVがトレンドとなっていること、そして、外観と実用性へのユーザー受けが人気再燃の理由です。

トレンドとなるのは、SUVとしての便利さや魅力があるからでしょう。

”スポーツ・ユーティリティ・ビークル”と略するSUVは、もともと悪路にも耐える優れた走破性能を持っています。

大径タイヤを装着しているので車高も高く、2WDも選べる車体の外観には迫力が伴います。

もちろんボディ上部はワゴン風の形状のため、居住性に優れており荷室も使いやすくなっています。

トヨタのSUV車・RUV4(ラブ4)は、「カッコ良さ・実用性・走り・デザイン」にこだわる車好きのユーザーから人気を得ています。

RAV4(ラブ4)の機能や特徴

「RAV4(ラブ4)」は、様々なアウトドアシーンでアクティブに楽しむことができるコンパクトSUVです。

日本で初めて乗用車のモノコックをベースに開発された「クロスオーバーSUV」のパイオニアとして登場しました。

従来のラダーフレーム構造によるものとは異なり、SUVのライバルである「スズキ・エスクード」と差別化を図っています。

また、「スバル・レオーネエステートバン」はステーションワゴンにおける4WDモデルであり、これらの点でも「RAV4」はSUVとしての独自の魅力を発揮しています。

SUVでありながら優れた居住空間を持ち合わせていることも魅力の1つ。

様々なシチュエーションに対応可能なラゲッジスペースは撥水加工が施されており、どのようなアクティブなアウトドアシーンでも汚れを気にすることなく積み込んで移動ができます。

まさに”Active”な”Reacreation”を存分に楽しめる車です!

また、荷物の格納にはプラスアルファの利便性が用意されています。

多方面での使用場面を想定し、荷物の散乱を防ぐユーティリティネット・床下収納を設けているので、利便性と実用性を兼ねた居住空間を実現しています。

それに合わせて、コンパクトなSUVであることも特徴の1つでしょう。

広い居住空間を持ちながら高い車高・本格的な4WDによる動力伝達システムを充実させており、悪路などシビアコンディションにおける走行でもボディ下回りを気にすることなく走破できるのです。

このような「RAV4(ラブ4)」の心臓である主流エンジンは排気量2.5リッター枠の展開。170馬力以上の発進加速を可能にし、悪路走行を楽しめる性能を引き出しています。

もちろん、2WD・4WDの選択ができるので、シーンに合わせて車を操る楽しみを満喫できます。

これも変速装置に無段階のCVTシステムを採用しているからこそのパフォーマンスです。

2019年春に新型登場!!

「RAV4(ラブ4)」の国内販売が復活するのは2019年春!

これによりSUVの中でもミドルクラスに注目が集まると予想されます。

2013年発売開始の4代目より海外専売車種となったトヨタ「RAV4(ラブ4)」ですが、5代目新型「RAV4(ラブ4)」が北米市場に登場後、日本市場に投入されます。

新型「RAV4(ラブ4)」は、どのような走りを見せてくれるのでしょうか。

新型「RAV4」は、SUVにふさわしい走破性と優れた燃費性能を実現しました。

トヨタが独自に設定した次世代プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づき、ボディの高剛性化・低重心化を図っている他、新たに開発した4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD(ガソリン車)」・「新型E-Four(ハイブリッド車)」を採用することで、さらなる燃費性能・高い操縦安定性・走破性の実現に近づいています。

この2つはトヨタ車で初採用となります!

このように新型モデルは、ガソリンエンジンとハイブリッドの2本立てを予定しています。

ガソリンエンジン使用車には、2.5リッター直列4気筒エンジンの「Dynamic Force Engine」と8速AT「Direct shift-8AT」を組み合わせたパワートレイン。

そして、他グレードには2.5リッターのガソリンエンジンと電気モーターとを組み合わせたハイブリッドシステム「THS Ⅱ」を搭載したものがあります。

これらの新型エンジンの搭載により、車重と空気抵抗が大きい「RAV4ハイブリッド」でも23~25㎞/L前後の燃費が期待できます。

また、ディスコネクト機構を搭載しているためFF車と4WD車との燃費に大きな差は生じないといえます。

併せて「カムリ」と同じく最新のTNGA-Kプラットフォームを採用し、リアサスペンションをマルチリンクへ変更しています。

これにより、シビアコンディションであっても快適な乗り心地を失うことなく走行できる操舵性と走行の安定性も実現しました。

このように新型「RAV4(ラブ4)」のパワーユニットは、エンジンの高トルク化・システム全体の効率化に伴い、手ごたえのある走りと優れた燃費が両立し、かつ安全性能も進化しています。

予防安全性能を高めるために、第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safty Sense」を全車に標準装備しています。

オートマチックハイビームや車線逸脱警報などの機能に加え、対応速度域の拡大により夜間歩行者や自転車の検知を可能にしました。車線逸脱警報にはステアリング制御機能も追加されました。

欧州・北米を中心に展開していた「RAV4(ラブ4)」のデザインにも注目してみましょう。

新型「RAV4」のコンセプトは「Adventure&Refind

ワイルドさと洗練さを両立した外観が特徴的です。

もちろん最低地上高も高く、今まで以上に悪路走破性の高さに期待が持てます。

そしてユニークなのは3つのグレードごとにフロントマスクが異なるところでしょう。

新型のボディーカラー展開と併せて、発表が待たれます。

 

インテリアは洗練された上質感を感じさせるものであり、本格SUVとのコラボレーションに期待が高まります。

SUVらしい「力強さ」と「洗練さ」を融合した外装。本格SUVをイメージするディテールに洗練された上質感を融合した内装。

これらをまとった新型「RAV4(ラブ4)」に期待が高まります!

 

RAV4(ラブ4)の高価買取なら「ハッピーカーズ」にお任せください!

SUVの人気は国内にだけではなく、海外でもかなりの人気を得ています。

世界第2位の規模を誇る自動車市場、アメリカでは過去30年以上にわたりフォード「F-150」が最も多く販売されています。

もちろん類似ジャンルのSUVへの人気も高まってきており、併せて年々拡大を遂げる中国の自動車市場でもSUVの人気が急上昇しています。

経済成長の中で2代目の車を購入する際、目新しさから注目が集まっています。

自動車メーカーには人気があるジャンルに新型モデルを投入し、競争を勝ち抜くためにクオリティも自ずと高まります。

つまり、トヨタSUV「RAV4(ラブ4)」は、さらなる好循環にいることがわかります。

それでは、車種が限定されているのですから、「特定車種の車買取専門店を利用してみようか?」と思うかもしれません。

確かに特定車種の買取専門店では取り扱う車種についての知識が豊富ですから、モデルやグレード年式などの特徴を見極めることができ、買取価格に反映してくれます。

その一方で、お店が得意とする車種に関しての相場がシビアなケースも見受けられます。

場合によっては高値が付かないこともあります。

そして、特定車種の買取専門店は店舗数が多くないため、自宅周辺で見つからない可能性があります。

そこで「RAV4(ラブ4)」を高く売りたいなら、ぜひ「ハッピーカーズ」にお任せください!

ハッピーカーズでは他店にはない海外への独自輸出ルートを持っており、何よりも全国展開の車買取店ですので各地域で即対応可能です。

まず、ハッピーカーズでは「お客様の利益をとことん最大化する」ことをモットーに全国展開しています。

このため、国内の中古車需要の地域差・海外市場の動向にフレキシブルに対応できます。

また、買取査定も独自の方法で行っています。

ハッピーカーズでは、車販売にお約束の決算など時節要素の他、年式・走行距離での査定は行いません。

お客様の愛車の価値を見出し、価値ある価格を提示しています。

もちろん対応するのは車の知識が豊富な査定士で決裁権も持っていますから、査定価格に納得いただければ即現金化が可能です。

車両のコンディションによって買取り額の変動はありますが、トヨタ車は海外の需要が大きいため、10万㎞以上の走行距離でも値落ちが少ない車が多くあります。

愛車の価値を見出すハッピーカーズの査定なら、妥協したくないRAV4(ラブ4)ユーザーに最適です!

オンラインでも対応可能!「ハッピーカーズ」のWeb査定!

ハッピーカーズではオンライン査定も行っています。

自分のRAV4(ラブ4)はどのくらいで買い取ってもらえるの?

概算だけでも知りたいんだけど・・・

とお悩みの方はぜひサイトを訪れていただき、気軽に査定いただけます。

車種・年式・走行距離をお客様のご連絡先とともに入力、送信していただければ、愛車のおおよその査定額がわかります。

そして、簡単に査定を依頼したい方には、「LINE」を利用しての査定もあります。

車種・年式・距離での査定はもちろん、「車検証・車の外観・内装」以上3点の写真で詳細な査定を行います!

出張査定もわずか15分程のスピード査定が自慢のハッピーカーズなので、お客様のご都合に合わせて気軽に利用してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は愛車に最適な買取店を見極めるコツと、約2年の沈黙を破り国内復活する「トヨタRAV4(Recreational-Active-Vehicle-4WheelDrive)」についてご紹介しました。

「ミドルSUV+トヨタ車=最強のタッグ!=RAV4(ラブ4)」は、海外での人気も上々の車です!

全国展開・輸出相場に精通しているハッピーカーズに査定依頼をしてみませんか。

きっと価値のある査定額を提示してくれることでしょう。

売却を検討されている方は、この記事をぜひ参考にしていただけますと幸いです!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント