三菱キャンター 買取|安心して売れる車買取店ハッピーカーズ

三菱キャンターを売却しようと考えている、もしくはトラックを売却しようとしている方の中には、今まで車両を売却したことがなく、どうしたら良いか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな方に向けて、三菱キャンターをはじめとして、トラックの高価買取が期待できる車買取店をご紹介

トラックのメーカーや種類、三菱キャンターの主な特徴も改めて解説していきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

 

よくあるトラック車

ここでは、よくあるトラックのメーカーや種類をご紹介していきます。

一言でトラックと言っても、その種類やバリエーションは膨大です

これを機に、いろいろなトラックについてより深く知っておきましょう。

有名トラック車メーカー

トラックを街なかで見かけることはたくさんありますが、そもそもトラックメーカーにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、特に有名なトラックメーカーを中心にご紹介していきます。

いすゞ

いすゞは、古くから日本の自動車業界を牽引してきた老舗の自動車メーカーです。

一般乗用車の製造は中止していますが、トラックのメーカーとしては、国内はもちろん、国外でも大変有名です

いすゞは、ディーゼルエンジンを製造する技術に長けており、騒音や振動も少ないことがアジアやアフリカといった国外でも評価を受けている理由です

さらに、購入価格が比較的安く、国内では中小企業などでも手に入れやすいことも特徴の一つです。

一方で、国内にはディーラーが少なく、修理をする際などに不便であることはデメリットと言えるでしょう

いすゞのトラックのラインナップは、2tトラックがエルフ、4tトラックがフォワード、10tトラックはギガが展開されています。

日野

日野は、いすゞ自動車の母体から誕生した自動車会社で、トヨタのグループ会社です。

現在、国内ではトラックのシェアで2位を誇っています

日野のトラックの特徴は、馬力を持ったそのエンジンです。

いすゞと異なり、メンテナンスをしてもらえる拠点が全国に多数あるため、故障をしてもすぐにサポートを受けることができる点も好まれる理由の一つです。

一方で、車両の価格が比較的高めなのがデメリットとなっています。

ラインナップとして、2tがデュトロ、4tがレンジャー、10tがプロフィアが展開されています。

三菱ふそう

三菱ふそうはその名の通り、元は三菱自動車工業で、現在はドイツのダイムラーグループに入っています。

日本国内でもトラックでは3位のシェアを持っていますが、海外でのトラック販売率が高いことが特徴です

トラックの車両価格が安いためにアジア諸国でも多く使用されているため、世界のトラックシェアでは1位を誇ります

そのうえ、エンジンの振動や騒音も小さくなっており、乗り心地にも定評があります。

一方で、初期費用が安く抑えられる分、修理の費用などは比較的高くなる傾向にあります。

ラインナップとして2tはキャンター、4tはファイター、大型はスーパーグレートが展開されています。

UD

UDはもともと日産ディーゼル株式会社という名前でしたが、スウェーデンのボルボという自動車外車の子会社として存在しています

いすゞ・日野・三菱ふそうと並び国産の四大トラックメーカーです。

その特徴は、なんといってもエンジンの馬力です。

坂道発進が楽にできるというクラッチにも定評があります。

UDのトラックラインナップは小型のカゼット、中型のコンドル、大型のクオンです。

トラックの種類

主なトラックメーカーが分かったところで、ここからはトラックの種類とそれぞれの特徴を解説していきます。

小型トラック

小型トラックとは、積載量が3トン未満のトラックを指します。

一般的な2トントラックや、3トントラックがこれにあたります。

中型トラック

中型トラックは、積載量が3トン以上で6.5トン未満のトラックのことを指します。

大型トラック

大型トラックは一番大きなサイズで、最大積載量が6.5トン以上のトラックを指します。

平ボディ

その名の通り荷台部分がフラットで平べったい形をしたトラックを指します。

汎用的なトラックです。

バンボディ

最も一般的な形をしたトラックで、荷台がアルミ製の箱型になっているトラックです。

平ボディに比べて、荷物が雨風の影響を受けにくいというメリットがあります

荷物の積み下ろしは、トラックの後ろ部分から行います。

ウィングボディ

箱型の荷台であるのはバンボディと同じですが、開き方が左右に翼のように開くトラックです。

荷物を左右から積み下ろすことができます。

冷凍冷蔵車

その名の通り、冷凍・冷蔵の機能が付いており、荷台部分が冷蔵庫や冷凍庫の役割を果たします。

生鮮食品などを運ぶのに使用されます。

 

 

トラック業務に御用達三菱キャンターとは

ここまで、トラックのメーカーや各トラックの種類について解説してきました。

ここからは、その中でも特に人気の高いトラックである三菱キャンターの概要や、特徴についてご紹介していきます。

三菱キャンターの概要

三菱キャンターはご紹介したトラックのうち、小型トラックの部類に入ります。

三菱キャンターは三菱重工業の時代である1963年から販売され、現在も三菱ふそうより製造・販売されています

「キャンター」は、英語で馬の「小走り」という意味を持っています。

現行車種は2010年から製造されている8代目で、8代目にはドライバーが車をオートマチック車と変わらない感覚で運転できるデュオニック(デュアルクラッチトランスミッション)という機能が搭載されています。

三菱キャンターの特徴

ここからはそんな三菱キャンターの特徴について解説していきます。

デザイン

2010年モデルでは、「ソリッド&タフ」をテーマにキャブデザインが一新され、グリルデザインも新たに採用されています。

居心地の良いコックピットは、仕事が効率的に進むように設計された工夫が、いたるところにみられるプロ仕様となっています。

これらの成果から、2010年度にはグッドデザイン賞を受賞しています

豊富なバリエーション

様々な業種に対応するべく、上記で紹介した平ボディや冷凍バンのほか、ダンプ車やミキサー車、クレーン付きタイプなどバリエーションが豊富に用意されています。

燃費性能

DOHC4バルブ構造を採用した、3L直列4気筒のインタークーラー付きターボディーゼルエンジン4P10を搭載することで、クラストップレベルの燃費性能を誇ります。

それと同時に排ガス規制もいち早くクリアし、環境にも優しいトラックです。

2017年には「eCanter」と名付けられた世界初の量産電気型トラックも発売されています。

 

三菱キャンターを安心して売れる車買取店ハッピーカーズ!

いざ三菱キャンターを手放し、売却するということになっても、どこで売却すれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

車の売却は初心者の方にとってはその方法や手続きが複雑なので、ともすれば悪徳業者に引っかかってしまうということになりかねません。

そこで、ここではおすすめの車買取店の特徴と、ハッピーカーズという車買取店について解説していきます。

おすすめの車買取店の特徴

中古車を売却する際に、最もメジャーと言っても良い方法が車買取店への売却です。

しかし、全国には多くの買取店があるため、どのような車買取店なら安心して取引ができるのかは初心者の方には分からないでしょう。

そこで、ここでは優良でおすすめな車買取店の特徴について解説しておきます。

出張査定に対応している

車買取店では査定と呼ばれる、中古車の値段を決めるための調査が行なわれます。

通常の店舗であれば、売り手が店舗まで車を運び、店舗で査定を受けます。

しかし、これでは車をその日に持って帰ることができない場合があるばかりか、近くに買取店が無い場合にかなりの時間と労力をかけて出向かなくてはなりません。

一方、車買取店の中には、出張査定に対応しており、売り手が指定した公園や駐車場まで査定担当のスタッフが来てくれる店が存在します

出張査定なら、時間を節約しながらその場で査定してもらえるため、手間を省くことができるのです。

幅広い販路を確保している

車買取店には高価買取りしてもらいたいところですが、その査定額を高価にするためには、車買取店の販路をチェックしておくことが不可欠です。

たとえば、販路が国内にとどまっている車買取店であれば、国内の需要にのみ対応しているため、型落ちの中古車や走行距離が長い中古車や安価に買い取られることがあります。

一方で、海外まで販路を広げている車買取店なら、東南アジアやアフリカの需要にも対応しているため、何十年も乗り続けた車であっても、高価買取りしてくれる場合があるのです。

このように、買取店が持っている販路を事前に知っておくことで、高価買取りされる可能性があるかどうかを確かめることができます。

査定額の交渉が必要ない

車買取で一番面倒と言っても過言ではないのが、査定額の交渉です。

売り手からすれば、最も高い査定額を出す車買取店に売却したいのは当たり前ですが、そのためには多数の車買取店で査定を依頼する必要があります。

一方の車買取店も、はじめからそのつもりで査定額を低めに設定します。

つまり、他店の査定額結果に応じて、少し高めに再度査定額を上げることを前提にしているのです

売り手は、その駆け引きを自分で行わなければなりません。

途中でやり取りが面倒になってしまい、結局低めの査定額で良しとしてしまうこともあるでしょう。

これはあまりにも無駄なプロセスです。

優良の車買取店では、このようなことは起こりません

むしろ、最初の査定段階で出した査定額を限度額として、一切変えず売り手に対してフェアな態度をとります

多数の信頼が置けない買取店に査定額を出すよりも、信頼が置ける一つの買取店に査定を依頼することをおすすめします。

おすすめ買取店ハッピーカーズとは?

上記にあげたような優良買取店の条件を満たす買取店があります。

それが「ハッピーカーズ」です。

ハッピーカーズでは「徹底的に売り手の利益を追求することで、地域に貢献していきたい」という理念が掲げられており、売り手と書いてが対応な関係で取引することを約束しています。

ハッピーカーズは実店舗を持たずに、出張査定にのみ対応しています。

これも売り手の利益を追求した結果、本来実店舗を運営するのにかかる費用を売り手に還元することを決断した結果です。

これにより、売り手が指定した場所での査定を可能としています。

査定は最短15分で完了し、その場で査定士による限度額の提示がされます

査定士は全員が厳正な査定研修を経て配属されており、最新の市場情報を得られる端末を保持しているため、フェアな査定を実施することができます。

 

また、ハッピーカーズは販路を世界に広げているため、仲介業者を経ることなくハッピーカーズ自身が直接車を輸出し、販売する体制が整っています。

国内では、見向きもされないような走行距離の車両や年代の古い車両でも、東南アジアやアフリカでは快適に使用できる場合が多々あります。

また、日本車はブランド力が強いため値が下がりにくく、国内で販売されるよりも高価買取されることもあるのです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、トラックの種類や三菱キャンターの魅力的な特徴を解説しつつ、優良買取店の特徴、ハッピーカーズがなぜおすすめなのかをご紹介してきました。

トラックの売却は、大きなお金が動く重要な取引です。

大切に愛用してきて、本来は高値で売却できるはずのトラックを、みすみす安く買取られてしまうとしたら、それは大変もったいないことです。

決して妥協することなく、優良な買取店に査定を依頼することで、本来は得られたはずの査定額を逃さないようにしましょう

 

初めての売却で優良買取店を知らないという方は、インターネットでの一括査定やオークション代行会社などに依頼する前に、全国にあるハッピーカーズに出張依頼をしてみましょう。

きっと時間と労力を節約しながら、自分が満足のいく査定額を引き出せるはずですよ。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント