人気車種【三菱デリカD-5】の高価買取が期待できる車買取店なら

ミニバンの機能性とSUVの性能を掛け合わせて生まれたかのような唯一無二の三菱デリカシリーズ。

分厚くて重たいフロントマスクは、最初は抵抗があったけど見れば見るほど味わい深くなるような印象を受け、ヘビーユーザーが多い人気車種だろうなと一目で分かる車です。

実際、三菱デリカD-5は三菱のミニバンシリーズの5代目として2007年に登場して以降2019年現在までモデルチェンジが行われており、特別仕様車も発売されているなど根強い人気を持つ車種です。

あなたの三菱デリカにも、多くの思い出があるのではないでしょうか?

車買取において、思い出が多く、特徴的な人気車種であるほど、別れの時は信頼できる車買取店に譲りたいと思う人の気持ちはよくわかります。

本稿ではデリカD-5が人気である理由や性能の解説を行うとともに、おすすめの買取店や高額買取の事例についても紹介していきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車買取で注意するべきこと

車買取店での査定は、同じ車種でも車両の状態や市場での需要、売却する業者によっても買取額が変動するという特徴があります。

買取額は再販によって見込める利益を基に決定されており、修理費や管理費が少ないほど査定額は高くなります。

中古車は相場の変動が大きく、基本的に売却時期が遅くなるほど買取額は下がります。

買取額を上げたい場合は当日引取りが1番良いですが、売却時期が決まっていれば正確な査定額を提示する事ができます。

また、業者が最初に提示する買取額は相場より安い事が多いので、事前に売却する車種の相場を調べておくと車両を安く買い取られる事を防ぎやすくなります。

車の相場はWeb上の査定シミュレーションまたは店舗HPの買取実績ページなどで調べられるほか、ディーラーで見積もりを受けて結果を紙面で貰う方法もあります。

他店との競合は買取額を上げるのに有効な手段ですが、査定を受ける順番にも注意が必要です。

事前に買取実績をリサーチし、最も高い査定額を得られそうな買取店を最後に訪れるようにすると効果的な値上げ交渉が行いやすくなります。

高額買取を目指す際は少なくとも3種類の買取店で査定を受けて比較する事で効果的に査定額を上げやすくなります。

 

一括査定について

一括査定は1度の依頼で多数の業者に査定依頼を行える方法であり、交渉しだいでは相場より大幅に高く売却できるメリットがあります。

Web上の代行業者に売却したい車種、年式、走行距離、事故歴の有無および電話番号を送信するだけで依頼完了となる手続きの簡単さも印象的です。

形式的にも出張査定なので場所やスケジュールの都合が付けやすく、同時に複数の買取業者と交渉を行う事も可能です。

ただし、依頼直後から業者が一斉に連絡を行ってくる点には注意が必要です。

売却する車種に左右されますが、一括査定を依頼した場合、1時間程度は連絡の対応に費やせるように時間を空けておく必要があります。

また、必ずしも良質な業者のみから連絡が入るとも限らないです。

一括査定で多いトラブルとして、売却を決定するまで引き上げようとしない業者、高い査定額を提示して成約した後に減額を行うなど悪質な業者に当たるケースがあります。

有名な代行業者を選ぶことである程度は回避できますが、業者との交渉に不慣れな方は想定外のトラブルになる可能性があるので買取店またはディーラーで査定を受ける事を推奨します。

 

三菱デリカD-5が人気車種である理由

三菱デリカD-5はデリカ系統の5代目モデルとして2007年に登場し、走行性能の高いミニバンというコンセプトを受け継いだ上で充実した安全運転アシストを搭載した先進的な車両として高い人気を博しています。

2012年のモデルチェンジによってクリーンディーゼルエンジン搭載車が追加されており、近年においても定期的に特別使用車が発売されている人気車両です。

 

三菱デリカD-5の機能

【AWC(All Wheel Control)】

AWCは、タイヤの能力を最大限に引き出す三菱独自の開発思想です。

デリカD-5にはドライバーの操作に対するレスポンスを一段と向上させた電子制御4WDシステムを搭載され、どのような走行シーンにおいても優れた安定性を発揮します。

搭載されているモードは従来のモデルから受け継いだ3種類です。

バランスの良い4WDオート、強力なトラクションを得られる4WDロック、燃費を向上させる2WDを切り替える事によって多様な走りを実現します。

【クリーンディーゼルシステム】

2012年モデルから新たに搭載された機能で、ディーゼルエンジンの力強さを保ちながら排ガスを浄化する尿素SCRシステムによって環境性能の大幅な向上を実現しています。

尿素SCRシステムは、尿素32.5%の水溶液である無色・無臭の液体「AdBlue®」を使って排気ガスに含まれる有害な窒素酸化物を浄化するシステムです。

アンモニアと窒素酸化物を化学反応させる事によって水と窒素に分解し、低燃費と高出力をキープし続ける事ができます。

※AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

【各種安全サポート】

デリカD-5はセーフティ・サポートカー(サポカー)対象車となっています。

サポカーは安全運転をアシストする高度なシステムを搭載した車両を指します。

ドライバーによる交通事故数の低減、発生時の被害軽減を目的として国が推進する安全コンセプトとなっています。

デリカD-5は全モデルに衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを標準装備しており、安全なドライブをサポートします。

加えて、スリップ時にブレーキとエンジン出力を自動でコントロールする事によってリカバリーを早めるASC、周囲360°の様子を確認できるアラウンドビューモニター、駆動モーターをエンジンに近接させる事によってレスポンスを向上させた電動パワーステアリングなどシステム、パーツの両面から安全運転をサポートする機構が揃っています。

 

三菱デリカD-5の特徴

三菱デリカD-5は高い走行性能を持つ4WDミニバンとして設計されており、各種走行アシストだけではなくボディ形状にも走破性を高める工夫が施されています。

悪路において障害物を乗り越えて走行できるようにアプローチアングル、ランプブレークオーバーアングル、ディパーチャーアングル、最低地上高が設計されており、悪路でも車体と障害物が接触せずに力強いドライブを実現します。

8速スポーツモードA/Tの変速機構もデリカD-5の大きな特徴です。

低回転域で高いパフォーマンスを発揮するエンジン性能を効果的に引き出す事が可能で、坂道やラフロードにおいても快適なドライブを実現します。

新実装のスポーツモードはパドルシフトによって素早く切り替え可能であり、停車後もスポーツモードからの再始動が可能となっています。

シーンを選ばず乗用できるミニバンとしてシリーズ独自の強みを残しながら、先進的な安全装備と環境性能の向上など初代デリカ登場から50年が経過した2019年においても時代に合わせて進化を続ける点はデリカD-5の特徴であり強みといえます。

三菱デリカD-5の基本スペック

【寸法・重量】

全長 / 全幅 / 全高(mm)   4800 / 1795 / 1875

ホイールベース(mm)       2850

トレッド前 / 後(mm)      1540 / 1535

最低地上高(mm)              185

車体重量(kg)                   1960

室内長/室内幅/室内高         2980 / 1505 / 1310

【性能】

変速形式                                                             8速スポーツモードA/T

最小回転半径       (m)                                     5.6

燃料消費率(JC08モード)(km/L)                 13.6

燃料消費率(WLTCモード平均)(km/L)        12.6

市街地モード(km/L)                                        9.9

郊外モード(km/L)                                           12.7

高速道路モード(km/L)                                    14.2

【エンジン】

型式                     4N14(コモンレール式DI-D インタークーラーターボチャージャー付)

弁機構・気筒数   DOHC 16バルブ・4気筒

総排気量(L)     2.267

使用燃料              軽油

タンク容量(L) 64

 

三菱デリカD-5が人気の理由

デリカD-5は4WDのミニバンとして高い走行安定性とパワフルな走り心地を両立しており、独自の立ち位置を確立している事から幅広い層から人気を集めています。

登場した2007年当時においてミニバンのRV車はデリカD-5が初であり、悪路走破性を重視した設計コンセプトが特定の購買層に強く支持されています。

デリカD-5は登場から10年以上経過していますが、今でも少数ながら安定した販売台数をキープし続けています。

電子制御によって操作性が更に向上したEWCや充実した安全運転サポート機能もユーザーに安心感を与え、手軽に本格的なドライブが楽しめる点はデリカD-5の人気の一因と言えます。

登場初期はドライブ好きの男性をターゲットにしていたとされるが、時代の変化に伴ってファミリー層へと需要を拡大する路線に転換を行っています。

ミニバンを選ぶ客層は悪路走破性よりも車内面積の広さやインテリアのお洒落さを重視する事が多く、デリカの機能的な内装が無機質に映り、女性層からの支持が伸び悩んでいるという課題がありました。

この問題に対応して、2019年には内装の雰囲気および駆動時の静粛性などにおいて大幅なモデルチェンジが行われています。

従来モデルのメカニカルな印象が薄れたとの意見もあるとされますが、デリカD-5の特徴である走破性の高さとトルクフルな走りは健在です。

その上でインテリアを重視する客層へ購入を検討してもらいたいといった狙いがデリカD-5の開発チームにはあるようです。

登場から12年経過した現在でも月販1000台をキープしている人気車種ですが、ターゲット層の拡大を契機にフルモデルチェンジに繋げていきたいとされています。

チャレンジを続ける開発チームの姿勢も長期的な人気に繋がっていると言えます。

 

三菱デリカD-5を買取に出すならハッピーカーズ!

ハッピーカーズは神奈川県の湘南から、全国に50店舗以上を展開している地域密着型の車買取専門店です。

サービスの規模を地域単位に最適化し、ユーザー向けのショールームや店舗を持たずに出張査定でのみ買取を行っています。

施設費および車両管理費を買取額に還元する事で、どのような車種でもユーザーにとって最適な価格で買い取れるように取り組んでいます。

査定の際は事前の問い合わせで日時と場所を指定いただければ査定スタッフが御伺いします。

当日は決裁権を持ったスタッフが査定を行うので、車両の正確な状況を基に最高査定額を一発提示するスタイルです。

ハッピーカーズでは従来の車買取に多い複雑な価格交渉を行わず、最初から自社が出せる最高額を提示します。

提示した査定額には責任を持ち、内訳については可能な限りオープンになるよう説明を行います。

ユーザーが納得出来る理由を開示したうえで最適な価格を提示し、結果として業者間における最高値となるようにハッピーカーズは取り組み続けています。

査定スタッフは地域に対応した経営スキルと多くの車種に対応した査定スキルを習得しており、全国どの店舗でも均一で高品質な査定を行う事ができます。

また、車両引取りに関する費用は無料です。

ローンの残債がある場合や自動車税の返還に関する事もお気軽にご相談ください。

デリカD-5は全国的に高額買取が見込める車種ですが、高級車であるほど安く買い取って自社の利益を確保したくなるのが業者の本音です。

しかし、ハッピーカーズはユーザーに還元する額において地域No.1を目指し、常に双方に喜びのある新しい車買取を実現しています。

 

三菱デリカD-5の高価買取事例

三菱デリカD-5は2007年以降も改良が繰り返されているほか、JASPERやACTIVE GEARなど特別仕様車も発売されています。

大手査定サイトの事例によると2007年式のG パワーパッケージ、走行距離68,000kmの車両に2013年時点で1,550,000円の値が付いたという事例があります。

新車価格288.7万円に対して6年落ち時点での残価率は約53.6%となっています。

デリカD-5は再販需要が高く、整備状況や内装の清潔さが査定額に大きく影響する車種です。

この事例では管理状況が良く、査定前にフロアマットやシートを清掃していた事もプラス査定に繋がったと思われます。

ハッピーカーズでも三菱デリカD-5は高額買取りを行っている事例があり、2010年式のデリカD5 エクシードⅡ 4WD、走行距離50,000km未満の車を、新車時価格299.8万円に対して買取価格100万円以上、状態やコンディションが良ければ150万円も視野に入れて提案します。

 

まとめ

三菱デリカD-5が人気である理由や性能的な特徴、おすすめの買取店や高価買取の事例について紹介しました。

ハッピーカーズでは顧客に最大限の利益を提供する事を企業理念としています。

あなたの愛車のカスタマイズや走行距離、そして思い出の傷にまで価値をつける、車を愛するハッピーカーズの査定士による全力の最大査定額を一発提示されてみませんか?

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント