「ジムニーワイルドウインド」を高値のうちに売るなら?おすすめの車買取店をご紹介!

突然ですが、私は「ジムニーファン」です!

日本の美しい森林の狭い山道や、知らない土地の道なき道を走るときの、あの圧倒的な頼もしさ…。

特に、冬場に必要なアウトドア道具を「ジムニーワイルドウインド」に積み込み、家族や友人と出かけるときの無敵感はランドクルーザーやSUV車に勝りNo.1だと確信しています。

そして、2018年に20年ぶりにフルモデルチェンジを発表した「スズキ・ジムニー」もまた魅力的で、ジムニーファンによる試乗運転がフェスのように盛り上がっているではありませんか!

現在の私の悩みは、「ジムニーワイルドウインドを買取に出して、新しいジムニーに乗り換えてみたい!でも、一括査定のやかましい着信音や、複数社の買取業者との交渉に対応する時間はないのだ!!」これに尽きます!!

車は数年ごとにモデルチェンジを行い、最新のスタイルに変更されていきます。

しかし、テクノロジーが発達し性能が向上しても基本的なデザインはかわらない、そのように自動車メーカーが大事に育てている車には熱狂的なファンがついています。

ジムニーには冬期のアウトドアシーンに活躍する専用装備を搭載した特別仕様車「ワイルドウインド」が人気のモデルですが、「ワイルドウインド」は2008年を最後に発売されていません。

現行のモデルでも未だ「ワイルドウインド」が発売されていません。

また、日本の中古車市場では「10年落ち」になると買取価値が落ちる傾向があります。

2019年現在、登録が最も新しい「ワイルドウインド」もそろそろ10年落ちになってしまいます…。

今回は買取価値が落ちる前に大事な「ジムニーワイルドウインド」安心して売却できる買取店のポイントをお伝えします!

大事にしていた車は大事にしてくれる次のオーナーに渡してくれるお店に売却したいですよね。

そこで、ジムニー「ワイルドウインド」の価値を知りつくした、ジムニーファンには知っていてほしいオススメの買取店をご紹介します!

20年ぶりに発表された新しい「スズキ・ジムニー」の購入を検討している人のためにも!渾身の力を込めて絶対に役立つ記事にしました!

それではポイントを見ていきましょう!

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

ジムニーワイルドウインドの売却方法

ジムニーワイルドウインドを売却する代表的な方法は3つあります。ここでは、ディーラー下取り、オークション、車買取店についてご紹介します。

 

ディーラー下取り

下取りとは、新しい車を購入するユーザーに対して、ディーラーが古い車の処分を引き受けて車購入に関わる手間を軽減するサービスです。

1番のメリットは、中古車を処分する際の交渉などの手間や時間を節約できることです。また、新車を購入代金から下取り価格分を値引きしてもらえるメリットもあります。状態が悪く、中古車買取店で値段がつかないジムニーであっても、下取りであれば値段をつけてもらえます。

デメリットは、中古車買取店の買取価格帯に比べ、ディーラーの下取り価格帯は低い傾向にあることです。

 

オークション

中古車オークションは個人でも参加が可能で、便利なサービスとして近年注目されています。

メリットは、業者による中間マージンが発生しないため、相場より高く売ることができる点です。オークションサービスは、多くの業者が集まって開催されるため、競争が発生して高く値が釣り上がる可能性を秘めています。また、話し合いで値段を決める必要がないため、交渉の煩わしさから逃れることができます。

デメリットは、オークションサービスは売却成約まで時間がかかることです。また、利用するためにかかった利用料は、売れ残った場合でも返金されません。さらに、誰でも簡単に参入できることから、契約不履行や価格の詐称といったトラブルに発展する恐れもあります。

 

車買取店

車買取店とは、車の買い取りを行っている店舗のことです。車買取店に車を売却する際は、車を査定してもらい、提示金額に問題なければ売却します。車買取店は独自の販路を持っているため、中古車を比較的高価格で買い取ってもらえるメリットがあります。

また、ジムニーワイルドウインドを売却する際、時期によっては海外のほうが高く売却できることがあります。したがって、海外に販路を持つ車買取店であれば高額査定が期待できます。

高価買取が期待できる車買取店への売却ですが、1社だけに見積もりをもらい、提示された金額で売却するのはおすすめできません。車を高く売る秘訣は、複数の業者に見積もりを取って、業者同士で競争させることです。

複数の業者に見積もりを取るのは非常に手間がかかりますが、複数の見積もりを取ることで大体の相場が分かり、価格交渉もしやすくなります。

複数社へ見積もりを出すのが面倒な場合は、「一括査定サービス」を使うことで手間を省くことができます。一括査定サービスであれば、Web上で車種や走行距離などの情報を1回書くだけで、自動的に複数社への査定依頼が可能です。

車買取店や一括査定サービスについては、次の章で詳しくご紹介します。

 

安心して売れる車買取店のポイント

大事な愛車は「価値に見合った値段で売却して、次のオーナーにも大事に乗ってもらいたい!」と思いますが、マニュアル的に買取をするような買取店では難しいです。

「ワイルドウインド」のお勧め買い取り方法のご紹介の前に、まずは車の価値を見出してくれる買取店選びのポイントを紹介します。

一括査定&売買代行サービス

テレビやラジオで中古車一括査定や中古車売買代行サービスのCMをご覧になったり、耳にしたりした方も多いのではないでしょうか?

結論から述べますと、これらのサービスを利用して車の買取査定依頼はあまりおすすめできません。

一括査定サイトの特徴とメリット・デメリットをご説明します。

 

一括査定サイトの特徴

一括査定とはその名の通り、一度だけ車の「車名」「年式」「走行距離」といった基本情報を登録するだけで複数の車買取店に査定を依頼できるサービスです。

 

一括査定サイトのメリット

申し込みには平均で10社申し込みが可能なので、複数の買取店のなかから1番買取額が高い店で車を売却できます。

査定価格を競合させ買取額のプラスも交渉しだいでしょう。

 

一括査定サイトのデメリット

複数の買取店と交渉することになるので、その都度査定の日程調整の電話が必要です。

一括査定サイトを利用すると決めた場合には、頻繁な電話対応ついては覚悟しなければなりません。

また、正確な査定金額を出すためには結局車を査定士に見せる必要があり、最初の金額よりも査定金額が下がることも多いです。

次に一括査定サイトと混同されがちな中古車売買代行サービスの特徴とメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

中古車売買代行サービスの特徴

一括査定サービスとの大きな違いは、アポイントメントの電話と車の査定は一度だけで済む点です。

複数の買取店とのやり取りが煩わしい方には最適なサービスです。

 

中古車売買代行サービスのメリット

中古車売買代行サービスは買取店が参加するオークションに近いシステムです。

一括査定サイトのように複数の買取店と価格交渉の手間がありません。

 

中古車売買代行サービスのデメリット

買取店はオンライン上のデータのみで入札をします。

実車を確認して金額を決められないので、買取店は入札に非常に慎重で、いきなり高値で入札することは多くありません。

したがって、直接交渉できる一括査定サイトの方が高額の査定がつきます。

以上の2つのサービスのメリット・デメリットが対照になっています。

ネット上で手続き出来るという共通のメリットはありますが、安心して車を高く売却することができるのか?という不安は残ります。

 

中古車買取店とは?

中古車買取店の特徴

中古車買取店は大きな会社が多いので安心感があります。

店舗型なので、直接車を持ち込んでその場で買取査定を依頼できます。

 

中古車買取店のメリット

大手の中古車買取店では、買取査定は早ければ15分ほどで終わります。

過去の膨大な買取データ、中古市場での流通数やトレンドから買取金額を算出しているためです。

売却して現金化までの時間が短い事も大きなメリットです。

おおよそ2〜3日で指定銀行口座に振込が行われます。

即現金が必要な状況でも、買取金額がすぐ振り込まれるので安心感があります。

 

中古車買取店の買取査定のデメリット

当然のことですが、中古車買取店は売れない車は買い取りません。

査定士と呼ばれる中古車を査定する立場の人間が、売却できる価値のある車かどうかの判断を下します。

しかし、中古車販売店で査定を行う査定士が車についての確かな知識をもっていない事があります。

特にドレスアップやエンジンの改造は知識のない査定士を悩ませるポイントです。

付加価値として価格をつけるかどうかが査定士の腕の見せ所ですが、適正価格を出せず買取拒否となることも珍しくありません。

査定士が価値を理解していなければ大事な愛車を大切にしてくれる次のオーナーの手に渡ることはありません。

価値のある車は価値ある金額で買取り、価値ある価格で次のオーナーへ販売されるのが理想です。

車買取店で売却を行うときの流れ

車を売却する際の流れを理解することは、予期しないトラブルを回避するためにも必要です。以下で、売却時流れをご紹介します。

①自分の車の査定相場を知る
売却する際に事前に車の相場を把握しておくことで、安く値段で買い叩こうとする悪徳行者に引っかかることがなくなります。

②業者を決める
どこの車買取店に査定依頼を出すのかを決めます。少しでも高額査定をもらうためにも、査定基準がしっかりしている大手を中心に依頼を出しましょう。

③買取査定を受ける
査定の際は、一目見ただけでは分からない装備はアピールするようにしましょう。また、査定士が希望金額を聞いてきますが、不用意に答えてしまうとそれ以上高い査定額が提示されなくなってしまうので注意が必要です。

④書類や手続きの準備
売却の際には、必要な書類が複数ありますので気をつけましょう。必要な書類としては、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、印鑑登録証明書2通、リサイクル券などです。買取額を振り込んでもらう口座情報が分かる書類も用意しておきましょう。

⑤車両の引き渡し
買取業者と売買契約が成立したら車両を引き渡します。注意するポイントは2つあります。

1つは、車内に私物が残っていないかの確認です。特にゴミなどが残っていると先方に失礼な印象を与えてしまいます。

2つ目は納車のタイミングに合わせて引き渡しを行うことです。乗り換えを検討している場合は、車がない期間が発生しないように調整しましょう。

⑥入金の確認
最後に、買取金額がしっかり指定口座に振り込まれているか確認しましょう。なお、振込みは車両の引き渡し当日に行われるのではなく、数日から1週間程度かかるのが一般的です。

特定車種専門店

ディーラーではなく、特定の車種だけを扱った専門の中古車販売店が存在しています。

ジムニー専門店はもちろんのこと、ランドクルーザー専門店、ミニクーパー専門店、RX-7専門店などがあります。

 

特定車種専門店の特徴

特定車種専門店は基本的にドレスアップ、チューニングを主体とした店舗です。

また、車体によって故障しやすいポイントや、クセを熟知しています。

時には正規ディーラーのメカニックより詳しく、ディーラーから修理の依頼をうけるようなプロショップもあります。

 

特定車種専門店に買取査定を依頼するメリット

買取店の項目でご説明したように、ホイール交換といったドレスアップや改造した車の査定は査定士泣かせの案件です。

しかし、特定車種専門店は改造を行うのが主業務ですので、施された改造の価値は知り尽くしています。

様々な改造を施した車両でも、価値に見合う査定額を提示してくれる可能性があります。

 

特定車種専門店に買取査定を依頼するデメリット

特定車種専門店は買取が主業務ではないという点です。

査定はスムーズでも振り込まれるタイミングは買取専門店よりは劣り〜1週間くらいの時間は見ておかなければいけません。

特定車種専門店はディーラーのように全国のどこにでもあるお店ではないです。

かなり特殊な形態な自動車販売店の為、隣県まで足をのばさなければいけない事もあるでしょう。

出張買取査定を行っている場合でも、全国でも対応という店舗は珍しいため、気軽に利用できる買取査定の方法ではありません。

 

 

 

ジムニーワイルドウインドってどんな車?

ジムニーはユーザーの好みにカスタマイズされた車両が多く、特別限定車である「ジムニー ワイルドウインド」も例外ではなくカスタマイズベースの車両となっています。

ジムニーの高額査定を目指すためには、ジムニーに詳しい買取店に査定を依頼するのがベストです。

ここからはジムニーワイルドウインドがどういく車なのかについてご説明します。

 

ジムニーワイルドウインドの機能

ジムニーといえば軽RV(recreational vehicle)の代名詞的存在で小さな車体に様々な機能が搭載されています。

「ジムニー ワイルドウインド」は冬期アウトドア向けの専用装備を装着した特別仕様車です。

2008年にリリースされた「ワイルドウインド」のインテリアには専用防水シート、シートヒーターを搭載、冬期アウトドアための機能が強化されています。

専用ステアリングホイールは赤いステッチがアクセントになって本皮巻き仕様、シートにも「WILD WIND」のロゴが刻まれ車内も特別感で溢れています。

エクステリアには専用フロントグリルメッキ、ガンメタリックの専用のアルミホイールを採用し、高級感を感じる佇まいにドレスアップされています。

そして、スペアタイヤハウジングに刻まれた「WILD WIND」のロゴが特別なジムニー」であることを主張しています。

12バルブDOHCターボエンジン、ジムニーの伝統とも言えるラダーフレームには変更点が無いため、豊富なアフターパーツを組み込み自分好みの「ワイルドウインド」を作り上げることが可能です。

 

ジムニーワイルドウインドの特徴

「ジムニー ワイルドウインド」の特徴は「冬期アウトドアライフでの快適性の向上」です。

汚れに強い防水加工が施された専用シートはスキー場・スノーボードを楽しんだ後、汚れたウェアで乗り込むことにためらう必要がありません。

また、シートヒーターで冷えた身体をいち早く温めてくれます。

スタイリッシュなエクステリアと、ハードなアウトドアシーンでも快適に過ごせる装備で、買い物から山遊びまで便利な1台です。

本格的な冬期アウトドア志向が「ワイルドウインド」の特徴です。

ジムニーワイルドウインドの買取相場

ジムニーワイルドウインドの買取相場は、10万円~100万円程度です。2008年以降のモデルであれば、20万円以上の査定額が期待できます。最新のものであるほど高額査定がつきやすく、現在から10年以内のモデルで走行距離3万km程度であれば100万以上の査定も十分に考えられます。以下では事例をもとに買取額別の年式や状態をご紹介します。

20万円台で買い取られたジムニーは、年式2007年、走行距離22.7万km、修復歴なしの白色でした。修復歴がなくとも、走行距離が長いことが査定額に響いています。しかし、走行距離20万kmを超えていても値段が出るジムニーは人気があることの裏返しと言えます。

40万円台で買い取られたジムニーは、年式2008年、走行距離3万km、修復歴ありのシルバー色でナビETCがついていました。修復歴があることで少し値段が落ちていますが、走行距離が少ないことで値段がつく結果となっています。

80万円台で買い取られたジムニーは、年式2008年、走行距離6.2万km、修復歴なしの黒色でした。外装に多少の傷がある点はマイナス査定ですが、内装には目立つ傷もなく、機関も問題ないため、高額査定となりました。

100万円台で買い取られたジムニーは、年式2008年、走行距離5万km、修復歴なしの黒色です。自家用車として大事に乗られていたもので、内外装共に傷がなく美品の状態であったため高額査定となりました。

ご紹介した買取価格は、あくまで一例です。実際の買取額については、年式、内外装の傷、ボディカラー、修復歴、走行距離などが関わってきます。また、売却をする時期や買取店によっても値段が上下しますので、実際の値段は買取店で査定するまで分かりません。
売却をお考えの際は、まず買取店で査定を受けてみることをおすすめします。

 

ジムニーワイルドウインドを売るならハッピーカーズ!

アウトドアレジャー機能を強化した特別仕様車「ワイルドウインド」は二代目ジムニー(JA71、JA11)、三代目ジムニー(JB23、JB4)で限定販売されました。

機能的なオプションを多数装備した「ワイルドウインド」は年式が新しく走行距離が少ない場合は高額での売却が見込めます。

しかし、年式が古い、走行距離が多い、改造車、林道走行でキズが多い、といった場合は一般的な中古車買取店では査定額が0円となることは珍しくありません。

「大事にのってきた「ワイルドウインド」を廃車にはしたくない、ほんの少しでも価値を見出してくれるお店はないだろうか?」

そんな思いをお持ちの方は、関東近郊で買い取り価格No.1を目指し、「年式、走行距離で車を判断せず、車の価値を見出し、価値ある価格を提示してくれる」、買い取り專門店ハッピーカーズでの買取査定をお勧めします。

また、ハッピーカーズは関東のみならず全国に買取店舗がありますので、まずは買取査定の問い合わせをしてみてください。

他店で値段がつかなかった車をハッピーカーズに査定に出すと、独自の視点で車に値段をつけてくれると評判です。

ハッピーカーズの買取は今回ご紹介した買取方法のような面倒な電話対応は必要ありません。

出張査定には車の知識が豊富な査定士がわずか15分ほどでスピーディーな査定で車の価値を見つけ出します。

さらに、出張査定はあらゆる車種に精通した上に、決裁権をもった査定士が行います。

したがって、その場で愛車の即現金化が可能です。

そのため、リフトアップ改造など他店の買取査定士が価値に値段をつけられなくても、ハッピーカーズは即断即決で値段をつけてくれます。

 

ジムニーワイルドウインドの買取事例

ハッピーカーズのジムニー「ワイルドウインド」の買取事例を一部ご紹介します。

買取査定した「ワイルドウインド」は三代目ジムニー、JB23W型、平成21年式の極上車です。

ジムニーは社外のアフターパーツの品揃えが多く、チューニングを施されている事が多い車です。

チューニング内容では高額査定も可能ですが、それはジムニーに詳しくなければただの改造車としての査定しか出ません。

ハッピーカーズ湘南店(https://kaitori.happycars.jp/)が買取査定したジムニー「ワイルドウインド」は、マフラーや足回りを中心に手を入れて仕上げた上品な大人の遊びの為の車といったカスタム内容です。

外観の「ワイルドウインド」専用装備はそのままで「ワイルドウインド」の特別感がより際立っています。

詳しくは下記リンク先での、買取ブログをご覧ください。

ハッピーカーズのジムニー愛が伝わる素敵な内容なので必見です!

【今日の買取車】現行型 (JB23W)平成21年式 スズキ ジムニー ワイルドウインドを高額買取り

 

まとめ

いかがでしたか?新型ジムニーが発表され「ワイルドウインド」からの乗り換えを検討している方などの手助けになっていれば幸いです。

現行ジムニーもいずれ「ワイルドウインド」が販売されるかもしれません。

新型「ワイルドウインド」に乗り換えの際は、ディーラー下取りではなく、ぜひハッピーカーズに買取査定依頼をしてみてください!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント