ジープラングラーの買取なら今!高価買取ができるお店とは

「ジープラングラーと一緒ならどこへでも行ける。もはや相棒のような存在であり、旅の思い出をたくさん積み込むのさ!

車好きなら、一度はジープラングラーで思いっきりどこまでもドライビングしてみたい!と想像したことはありませんか?(私だけ?!)

しかし、長い人生では、そんな相棒のような素晴らしい愛車を手放す場面もあります。

車は数年ごとにマイナーチェンジとフルモデルチェンジを繰り返して、その時代の流行りのデザインや新しい技術を取り入れて進化をくりかえしていきます。

ユーザーの中には新型モデルではなく旧型の車種にこだわりを持って所有するオーナーもいる程です。

ジープラングラーの場合、10年落ち以上の車両では大きく値下がりするものの、状態がよく年式・グレードが人気のものであれば想定外の価格で査定してもらえる場合もあります。

そのため、特にジープラングラーのような輸入車は、正しい査定価値が分かる買取店に依頼することが非常に重要になります。

今回の記事では、そんなジープラングラーを買取に出すポイントについて解説します。

ジープラングラーを大切に乗って来た方は、ぜひこの記事でオススメする車買取店に査定を依頼してみてください。

本当の価値を見抜く査定士にぶっちぎりの高額査定を提示してもらうことで、愛車と最高の結末を迎えられることを願っています!(by ジープラングラー好きな私)

ジープラングラーを今すぐ買取に出すべき理由

ジープラングラーをなぜ、今、買取に出すべきなのでしょうか。

車買取における動向をおさえる前に、まずは、ジープラングラーの車種の特徴を改めてまとめてみましょう

ジープラングラーとは

ジープラングラー (Jeep Wrangler) は、1987年からジープブランドで販売されるクライスラーの本格クロスカントリーカーである。

ジープラングラーのシンボルと言えるオープンボディスタイルは、第二次世界大戦中にミリタリー4WDとして誕生しています。

終戦後、ミリタリージープは戦場ではなく、草原や山道を走るクロスカントリーカーとして、新たに「ジープラングラー」として生まれ変わりました。

 

ジープラングラーの特徴

今では、世界中で愛されるようになった「ジープラングラー」ですが、その頑固たる人気はどこから来ているのでしょうか?

それは、「ジープラングラーにしかないオリジナリティ」から来ていると言われております。

元々は戦時中に活用されていたジープラングラーですが、戦後は一変し、遊び心のある車としてのブランドを確立し、今ではクロスカントリーカーとして世界中に熱狂的なファンを抱えております。

今回は、そんなジープラングラーの特徴を3つご紹介したいと思います。

 

特徴①伝統的な外観

ジープラングラーの最たる特徴と言えるのは、その外観です。

丸目のヘッドライト、太い7本の縦スリットが入ったフロントグリル、大径タイヤに被さる無骨なオーバーフェンダーに、スクエアなボディ。

まさに全身でジープであることを強調しているジープラングラーこそ元祖ジープと言えるでしょう!

 

特徴②機能性

外観だけでなく、機能面でも優れているジープラングラーの特徴をいくつか紹介したいと思います。

走行中でもいつでもレンジ切り替えが可能な「フルタイム4×4システム」、急な下り坂を一定速度で走行できるようにサポートする「ヒルディセントコントロール」、加速性能を高めながら、燃費の低減、重量の抑制を実現する「8速オートマチック トランスミッション」、停車中にエンジンを停止する機能に加え、減速時に燃料フローを低減してエンジンを停止する高度な制御を用いることで、CO₂排出量を低減し、燃費効率を向上「STOP&STARTシステム」

あの外観には、 機能性を追求する多くのシステムが搭載されているのです!

 

特徴③安全性

戦時中も外部からの攻撃を守るために使われていた「強固なボディ」は、現在でもなお人々の命を守る用途として、活躍しております。

セーフティケージに改良を施すことで、きわめて頑丈なボディを獲得したWrangler。

強化された高張力スチールと軽量アルミニウムを組み合わせることで、強度を最大限向上させながら、効率化を図っています。

最新のテクノロジーを活用した事故防止の仕組み作りにも力を入れております。

自車と他車との間隔を監視する「ブラインドスポットモニター」を活用することで、側方や後方の死角に他の車両など物体が入ってきた時、ドアミラー上のアイコンの点灯または警告音で知らせます。

またリアクロスパスディテクションは、「R」に入れると起動。

後方を横切る車両や歩行者などを検知すると、アイコンの点灯およびチャイムでドライバーに警告します。

また、速度を自動調節することで、先方車両との安全な車間距離をキープする「アダプティブ クルーズ コントロール(STOP機能付)」という機能も搭載しております。

それでも「ジープラングラー」を買取に出す理由

外観も良く、機能性にも優れ、安全な車として定評のある「ジープラングラー」は、買取市場においても非常に価値のある車種と言えます。

しかし、「ジープラングラー」のような車は、熱狂的なファンに向けて作られているため、必ずしも全ての人のニーズに即している分けではありません。

特に、人々のライフステージによって、必要な車の車種も変わってくることが想定されます。

例えば、20代の時はキャンプ等行く為に山道を走るため、「ジープラングラー」で毎週末出かけていた人も、子どもが出来たことにより、平日の子どもの送り迎えに車を活用する機会が多くなったとします。

そうすると、「ジープラングラー」のような車高が高い車よりもファミリーカーの方が用途に適す事になるかもしれません。

ライフステージが変化した後も、無理に「ジープラングラー」に乗り続けるのではなく、「ジープラングラー」を手放す事でより家族の幸せに繋がる車を手に入れることを検討してみてはいかがでしょうか?

特に、「ジープラングラー」のように10年以内であれば割と高値がつきやすい車種であれば、早めに手放した方が高値が付きやすいことが想定されます。

車を高価買取できる車買取店の特徴とは

車買取店とは?

そもそも車買取店とは、店舗持ち込みや出張査定などで一般の顧客から中古車を買い取り、自社内の拠点や業者用のオートオークション等で販売することを専門に行っている会社のことを言います。

買い取った車が商品となるサイクルを持つため、大手以外にも特定の客層を対象とした単一車種、メーカーを扱う専門店や、地域ごとに特化した店舗が多いという特徴があります。

競合が非常に多い分野であり、需要の高い車であるほど高額査定が付きやすいという利点があります。

 

買取を依頼する前に

日本で車買取店に車を売る場合、「10年落ち、走行距離10万Km以上」というだけで、買い取り額を低く見積もられてしまう可能性があります。

後程の事例にも出てきますが、例え10万キロ以上走行していたとしても、その他の車種特有の特徴を考慮し、高額で買い取りを行うケースも多数存在します。

そのため、買取依頼する際に最も重要となるのは、徹底的に「情報収集」し、複数の買取業者を比較検討した上で、「ジープラングラー」の市場価値を正確に判断してくれる買取業者に依頼することが重要になります。

状態がよく年式・グレードが人気のものであれば想定外の価格で査定してもらえる場合もあります。

特にジープラングラーのような人気が根強い輸入車は、正しい査定価値が分かる買取店に依頼することが重要になります。

高価買取を実現可能なお店

実際に車買取店に依頼するとなった場合の2つの依頼先候補として、「車買取専門店」と「特定車種の買取専門店」が存在します。

それぞれのメリット・デメリットが存在するため、活用する用途によって使い分ける事をお勧めします。

下記にそれぞれの特徴とメリット・デメリットについて記載したので、ご参考にしてください。

 

車買取専門店を利用

買取専門店では中古車市場で人気のある車種であれば、年式、走行距離が長い場合であっても高く買い取ってもらえるケースがあります。

また、通常はマイナス査定の対象になってしまう社外品もプラス査定対象になる買取専門店もあります。

買取査定の依頼方法のほとんどは、買取専門店のホームページの入力フォームに沿って情報を入力するだけです。

店舗に出向かなくても自宅まで査定に来てくれる買取専門店もある為、手軽で便利に買取を相談することが出来ます。

また、書類など揃っているなど条件が合えば即日即金の対応をとってくれる場合もあり、スピーディーな売却が可能です

メリット

業界大手の店舗は全国の店舗のネットワークを利用して、リアルタイムなクルマの需要の情報を把握しています。

したがって、他社では値段をつけられない車でも、独自の情報を基に値段をつけることができます。

デメリット

メリットとは反対に、在庫とする期間に売却できない、中古車オークションに出す価値がないと判断されれば査定金額は期待した通りにならないでしょう。

基本的に1社の中古車買取専門店に絞って交渉するのは良くありません。

高く売る場合は複数の買取店に査定依頼することが基本です。

ジープラングラーのような年式が古くても人気がある車の価値を見出して、高額な買取額を提示してくれる業者をみつけて買取ってもらいましょう。

 

特定車種の買取専門店を利用

自動車販売店の中でも特定の車種だけを扱った買取り・販売・点検整備を行う専門店が存在します。

特にスポーツカーやクラシックカーの専門店はファンから熱い支持を受けています。

特定車種専門店は取り扱っている車種の知識が豊富な為、車のバージョンやカスタムの価値を見極め、買取価格に反映してくれます。

一方で、お店が得意としている車種を販売する先の市場相場がシビアな場合があり、高値が付かない可能性があります。

また、特定車種専門店は店舗数が多くないため、自宅周辺にお店があるとは限りません。

メリット

特定車車の整備に特化した技術を持っているので、車のコンディションを良い状態に保つ事ができるので、売却の際にプラス査定につながります。

また、スタッフと面識を持てれば、一般人には絶対に教えない今の買取相場を教えてもらえるかもしれません。

買取相場が無理だとしても、専門的な知識から売却についてアドバイスを受ける事は出来るでしょう。

 

デメリット

車の販売、整備・改造についてはプロフェッショナルだとしても、買取に関しては知見がない場合があります。

また、昨今は買取車両を国内の中古車オーディションに出すのではなく、海外に輸出するケースが増えてきています。

そのため、輸出入に関する知識を持った業者に買取を依頼した方が高値で売却できる可能性があります。

特定車種専門に依頼する場合はその点まで見極める必要があります。

ジープラングラーの買取なら圧倒的にハッピーカーズ!

実際にジープラングラーを高値で買取するベストな方法は?という問いに対しては、年式と走行距離と買取相場だけで判断せずに「車の本当価値を見抜いて、価値に見合う値段を提示してくれる店」に査定依頼をすることが重要になります。

でも、車買取店の口コミを見るだけでは、どの買取店が高額査定を出してくれるのか、トラブルの少ない買取店はどこか、迷ってしまう方が多いと思います。

どこに査定に出すのか迷っている方は、地域買取価格No.1を目指す地域密着型の車買取店、ハッピーカーズに依頼してみてください。

ありとあらゆる車の価値を知っているスタッフが直接査定、その場で現金化も可能なスピーディーな買い取りを行っています。

関東だけでなく、日本全国に買取査定を受け付けているそうです。

他の買取店での査定では値段がつかない車を高額買い取りすることで評判です。

普通の買取店では査定士が困ってしまうようなレース用エンジンに載せ替えた車両も価値を見抜き即契約した事例も多数存在します。

【ジープラングラー買取事例】

先日、ハーピーカーズに査定依頼のあった、TJ40型ジープラングラーは、他の専門店での査定から20万近い差をつけた高値(!)で買取を実現しています。

車の状態としては、ホワイトに全塗装(元色はブルー)されており、車検切れ約10万キロ走行という、一見すると決して高値で買取可能な車には見えないものの、CJ型のブラッシュアップされたTJ型というジープのシンボルともいえるモデルであることの希少価値を判断し、専門店での査定から20万近い差をつけて高額買取が行われました。

ハッピーカーズ査定士のジープラングラーへの愛情が伝わって来る、愛車を手放すにはこれ以上ない最高の査定結果ですね!

【今日の買取車】TJ40型ジープ ラングラー 全塗装・車検切れ約10万キロを高額買取

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、世界中に熱狂的なファンを抱えるクロスカントリーカーの代表格とも言われる「ジープラングラー」の高額買取のコツについて紹介しました。

今ではネット一括査定サイトで気軽に車の買取査定が可能ですが、長く人気が続いている車は、その車種の価値を理解して販売できるお店に買取ってもらうことです。

今回、価値ある査定額を提示してくれるお店で有名なハッピーカーズをご紹介させてもらいました。

ジープラングラーを手放す可能性がある方は、ハッピーカーズへの買取査定を依頼されるのを心からオススメします。

査定してもらったけど、「こんなに安かった」と落胆している方も、1度ハッピーカーズで査定を行ってみてください!

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント