”いすゞ エルフ”の高価買取事例があるおすすめ買取店とは?!

この記事を読んでくださっている「いすゞ エルフ」の売却を考えている方は、より高い査定額で売却できる買取先を選びたいと考えているはずです。

いすゞエルフは、日本だけでなく海外現地でも人気が根強く、中古車市場ではお宝の人気車種です。

しかし、車の売買を行ったことが無い方にとって、どこで車を売却したら良いのか分から無いまま、安値で売却してしまう勿体無いケースが数多くあります…。

もし悪徳業者に引っかかってしまえば、それこそトラブルに巻き込まれる、もしくは安い値段で車を買い叩かれてしまう危険性があります。

そこで、今回は車を売りたくなる買取店とはどのような買取店なのか、そしていすゞ エルフの特徴や機能について改めて解説してきます。

>>買取価格に自信あり!地域密着型車買取店『ハッピーカーズ』はコチラ<<

車を売りたくなる買取店の特徴

まず、いすゞ エルフを売却する際に車を売りたくなるような買取店にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

車を売りたくなる買取店の特徴!

実際に車買取店をインターネットで検索していても、どこも魅力的に見せる広告を売っているために、なかなかどこに優良買取店のポイントがあるのか分かりづらいものです。

そこで、3つのポイントを挙げ、車を売りたくなる、そして売るべき買取店の特徴を解説していきます。

 

駆け引きなしの正直な査定を実施している

まず、いざ車買取店で売却を検討しようとするとき、「言ってくる査定額にだまされないようにしよう」「できる限り高い査定学を引き出すためにいくつか買取店を回ろう」と考えている方が多いのではないでしょうか。

実際、多くの買取店では初めて来店した際に売り手がいくつもの買取店を回ることを予期し、実際には高くできる査定額を敢えて低く出す買取店があります。

それにより、売り手が他の買取店でもっと高い査定額を提示されたときに対抗できるようにしているのです。

しかし、考えてみればこれは売り手にとっては労力がかかります。

また、駆け引きが得意で無い方はなかなか査定額が上がらなくなってしまうでしょう。

だからこそ、始めからその後も変動しない査定額を提示してくれる買取店なら車を売りたくなるでしょう。

 

出張査定をしている

続いて、査定の際に出張査定をしてくれる車買取店は非常に便利なため、車を売りやすいです。

出張査定では売り手が指定する場所に査定士が来てくれるため、極端な話、動かない車なども査定することが可能です。

車の売却は時間と労力がかかるイメージがありますが、出張査定なら査定後に車をその場で引き取ってもらうことも可能で、簡単に車の売却が可能なのです。

このとき、査定が無料で行えるかどうかもチェックしておきましょう。

時々査定自体にお金がかかる業者があります。

電話やメールで依頼する際に確認しておけば安心です。

 

車の市場相場を理解している

また、車の市場相場を理解している車買取店を選ぶのは大前提でしょう。

所有者からすれば、大切に乗ってきた愛車を手放すわけですから、市場での価値を知っている買取店にしか売却したくありません。

その点、世界に販路がある車買取店や最新の市場動向を常にチェックできる体制にある車買取店なら、日本の市場にとどまらず、世界的に見た需要や市場価値を冷静に判断して査定額を出してくれるのです。

 

その他の売却方法

車買取店の他にもいくつか車を売却できるサービスが存在します。

それぞれの特徴について解説していきます。

 

ディーラー下取り

ディーラー下取りというのは、ディーラーを通じて新車を購入する際に、既存の所有車を下取りに出すことで、新車の値段を割り引いてもらうという方法です。

メリットとして、購入と売却を同時に行うため、手続きを同時に行えることが挙げられます。

一方で、新車をすることが前提ですので、ディーラーを通じて新車を購入するときを除いては利用することができません。

また、ディーラーというのは新車を販売することにかけてはプロフェッショナルですが、中古車の販売ルートを確保していなかったり、市場動向に詳しくなかったりする可能性があります。

そうした場合には、下取り額が低くなってしまうことがあるため、注意が必要です。

 

個人間取引

昨今のインターネットやスマートフォンの普及により、個人間で物の売買が盛んに行なわれるようになりました。

この流れで車のパーツや車そのものが売買される時代になっています。

個人間取引では、間に業者が入らない分、マージンが低い取引が可能な場合がある半面、トラブルが起こりやすいというデメリットがあります。

自分がキズを修理してキズがあることを忘れたまま報告せずに売り、それが基になって買い手が返金要求する、などは容易に創造がつきます。

初心者の方で自動車売買のノウハウが無い方はこうしたトラブルでの対処法を知らずに損をしてしまうこともありますので、あまり個人間取引はおすすめしません。

 

一括査定サービス

インターネットを通じた一括査定のサービスは同時に多数の店舗に査定を依頼することができるため、より高価な買取りを期待する方には魅力的に映るでしょう。

一方で、一括査定サービスは多数の店舗から問い合わせがあり、結局駆け引きが起こりやすい環境になります。

忙しい毎日の中でこうしたやり取りに労力を使いたくないという方にはおすすめできません。

 

オークション代行会社

車をオークションに出すという売却方法も存在します。

しかし、通常のオークションは一般の方は参加できず、業者に限って参加ができる方式をとっています。

このため、一般の方が参加するにはオークション代行会社を利用するのが一般的です。

オークションのメリットは、人気車種であればオークションによって値段が釣り上がり、予想以上の高値で取引される可能性があるということです。

一方で、売却できるとは限らないというデメリットも存在します。

オークションに出すということは車を預け、オークション会場まで輸送するということを指しているため、当然出品手数料がかかります。

売却できなかったとしてもこの手数料はかかってきますので、出品して損をするということも有りうるのです。

また、出品代行会社の中には悪徳なサービスを行っており、実際に決まった価格より低い価格を申告し、売り手が少しの額しか受け取れない場合もあります。

事前に実績などを調べ、優良な会社を選定する必要があるでしょう。

 

 

いすゞ エルフの特徴

ここからは小型トラックであるいすゞ エルフの特徴について解説していきます。

いすゞエルフは1959年に登場して以来、いすゞの主力製品として現在まで開発が続けられています。

2006年にフルモデルチェンジした、いすゞのエルフはハイキャブ・ワイドキャブにおいて2006年度のグッドデザイン賞を受賞するなど、外観・内装共に洗練されたデザインを特徴としています。

 

・エクステリア

環境性能や経済性能を求め、コーナーやルーフ形状は空力を考えて開発されたデザインとなっています。

また、アウトサイド・ドアハンドルはグリップタイプで、手にグローブをはめている状態でも操作可能です。

さらに、ハイキャブとワイドキャブはフロントピラーとボディサイドが直立化しており、室内空間が大きくなっています。

 

・インテリア

インパネに波のような動きを模したハードウェイブのインストルメントパネルを採用。

開放感を追求するとともに、安全に広々と移動することができる室内空間を醸成しています。

また装備のレイアウトは手の動きに馴染む機能的に整理されたものとなっています。

 

いすゞ エルフの主な機能

いすゞ エルフには多彩な機能が搭載され、優れた居住性と運転性が同居しています。

その中でも代表的な機能を紹介していきましょう。

 

・エンジン

D-COREというこれからの時代のディーゼルエンジンのコアとなる、いすゞ独自の思想や技術を備えたエンジンを搭載。

トラックでは両立しづらかった経済性能と環境性能を両立させ、新たな進化を遂げています。

また、エンジン本体の改良をはじめとした騒音の低減により、車外騒音が軽減されています。

さらに、アイドリングストップ&スタートシステムが標準装備されており、エンジン自動停止機能に自動再始動機能が追加されています。

これにより、意識せずともアイドリングストップを実践することができ、燃費の向上に貢献しています。

 

・トランスミッション

スムーサーExと呼ばれるトランスミッションを搭載することで、AT限定免許でも運転可能なトランスミッションを実現。

また縦型シフトパターン、シーケンシャルマニュアル専用ゲートを採用し、シフトの操作性が上がりました。

さらに、油圧のメカニズム、制御ロジックが改良されているため、変速時にスムースさが増しています。

 

・シャシフレーム

フレームの高さやフランジの幅などの適正化によって、強度を保ちつつも、フレームの軽量化に成功しています。

また、ワイドキャブのっクロスメンバーにウェブ締結を採用しているので、フレーム上面がフラットな形となっています。

 

・安心性能

盗難防止のために「イモビライザー」と呼ばれる電子施錠システムを搭載しています。

 

いすゞ エルフが人気を保つ理由

いすゞ エルフのような国産のトラックは、アフリカ、東南アジア、中東諸国で根強い人気を誇っています。

日本のトラックは丈夫で走行距離も長いため、日本で中古として扱われるトラックでも、現地では高価で取引されることがあるのです。

現地は整備する人件費も安いため、ちょっとの故障やキズ、ヘコミ程度では買取価格にさほど大きな影響を与えません。

少し年次が古いエルフに乗っている方も、これから紹介する車買取店ハッピーカーズで売却すれば、高価買取が期待できるでしょう。

 

 

いすゞ エルフの買取査定はハッピーカーズなら悔いなし

いすゞ エルフの売却を考えているのであれば、優良の買取店「ハッピーカーズ」で売却することをおすすめします。

ハッピーカーズは査定の際に売り手と駆け引きすることは一切なく、現在出せる最大限度の金額を提示することを決めている買取店です。

この方針はハッピーカーズの、「お客様の利益を最優先する」というビジョンに基づいています。

通常査定では査定担当と決裁者が分かれていることも多く、査定から実際の査定額提示まで時間を要することもありますが、ハッピーカーズの場合、その場で査定額を提示することができます。

また、通常の査定では車両を買取店舗まで持っていく必要がありますが、ハッピーカーズは店舗を持たず、店舗運営に係る経費を全てお客様に還元することを明言しています。

このため、出張査定という査定方法をとっており、お客様が指定した場所まで査定担当のスタッフが行き、その場所で査定を行います。

査定時間は最短で15分ほどと、素早く査定を完了します。

これも査定担当が全て厳格な査定研修を経て、査定スキルを徹底的に身に着けており、さらに専用端末で常に最新の市場動向を把握しているからこそ可能なことです。

 

【いすゞ エルフ高額買取事例】

アフリカで特に人気の高いいすゞのエルフですが、実際にハッピーカーズでも買取事例が存在します。

ハッピーカーズはアフリカの仲介業者がいない販路が確保されているため、いすゞ エルフをはじめとした中古トラックを高価買取りできる仕組みが出来上がっています。

写真は、JICAと提携して現地に中古車トラックを輸出した時だそうです。

他にも改造トラックの高額買取事例もあるので、ぜひご覧になってみてください!

海外戦略により実はトラックの査定・買取りも得意分野です

 

まとめ

いかがでしたか? いすゞ エルフを売却する際に売りたくなるような買取店の特徴や、逆に売りたくない買取店の特徴、またエルフの機能や特徴、そしておすすめの買取店について解説してきました。

世の中にはたくさんの買取店が存在し、情報も氾濫しているので、初めて車両を売却するという方はどの買取店にお願いするか、はたまたどのようなサービスで売却するのか迷ってしまいますよね。

それぞれの買取店には特徴や強みがあり、サービスにもメリット・デメリットがあるものです。

これらをきちんと理解したうえで車の売却を行うことによって、高額買取を実現することができるでしょう。

「優良」な買取店がなかなか分からないという方は、まずはハッピーカーズへ出張査定の依頼をするところから始めれば間違いありません。

かんたんWeb査定

車種、年式、走行距離とご連絡先の入力だけで、おおよその査定額がわかります

コメント